奥様は、取り扱い注意2話・1話ネタバレ感想!DV夫役は近藤公園

      2017/10/06

 

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」

の2話と1話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

倉科カナさん演じる知花の

DV夫役は俳優の近藤公園さんです。

 

大人計画所属の

実力派俳優さんですよね^^

 

スポンサードリンク

 

奥様は、取り扱い注意事前情報と関連記事はこちら

 

奥様は、取り扱い注意ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

奥様は、取り扱い注意1話あらすじ

 

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、閑静な高級住宅街に暮らす専業主婦。合コンでひとめ惚れしたIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と穏やかな新婚生活を送っている。目下の悩みは、センスがなさすぎて料理がまったく上達せず、夫が自宅で夕食を食べてくれないこと。

実は、夫にも秘密にしている”ワケありの過去”がある菜美。波瀾万丈の過去を捨て、命がけであたたかい家庭を手に入れたのだが、新婚生活が半年経過する頃には、普通の主婦の普通の家庭生活が物足りなくなってしまい…。

そんなある日、菜美は隣人の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)に誘われて料理教室に通うことに。人生の知識豊富なお姉さん的存在の優里と、好奇心旺盛で人懐っこい妹的存在の京子。料理の味付けの仕方から、夫をその気にさせるムードの作り方など、今まで縁のなかった“主婦の知恵”について2人からアドバイスを受ける中で菜美は、生まれて初めての女友だちとの友情を育んでいく。

そんな中、同じ料理教室に通う知花(倉科カナ)が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、優里と京子に相談。DVを受けている事実をひた隠しにしようとする知花の本音を聞き出すために、3人はまずは知花の“親友”になることを決意する。他愛もない会話を交わす中で少しずつ菜美たちに心を開き始めた知花は、夫の喬史に支配され続けている生活について告白。菜美たちは、知花を救うために喬史に直接話をしようとするのだが、結局知花は喬史と暮らす道を選んでしまう。

知花の人生に“ただの主婦”がこれ以上介入することはできないのか…悩みながら知花のSOSを待ちわびる菜美。一方、菜美との出会いによって勇気づけられた知花は喬史に離婚を申し出るが、逆上した喬史から包丁で刺されてしまう!!喬史が事件を闇に葬ろうとしていることを知った菜美は、過去培ったスキルを駆使して彼と対決。菜美のお陰で夫の支配から解き放たれた知花は、新たな人生を歩みだすのだった。

 

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/okusama/

 

 

キャスト

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)

優里(広末涼子)

京子(本田翼)

勇輝(西島秀俊)

知花(倉科カナ)

中尾明慶

銀粉蝶

石黒賢

受講生・夏希(高岡早紀)

 

奥様は、取り扱い注意1話ネタバレ

 

島田優子(綾瀬はるか)は

特殊工作員として中国で捕まっていた。

 

彼女は半年前

この世界からさよならしようと決意していた。

 

腕に巻かれた結束バンドを

隠し持っていた刀で切り、

敵を倒しその場を後にした。

 

そして島田優子は

死ぬために川へ飛び込んだ。

 

 

片山菜美として日本に戻ると、

派遣社員として受付嬢になった。

 

そして初めて合コンに誘われて向かった。

 

自分に合う人がいないと思い

帰ろうとしたとき、

遅れて入って来た伊佐山勇輝(西島秀俊)に

一目惚れした。

 

伊佐山に誘われ、

合コン会場の外に出ると

朝まで話明かした。

 

 

その日から3ヶ月後、

2人は結婚した。

 

結婚を機に

菜美は会社を辞め専業主婦になった。

 

両隣には

大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)

が住んでいた。

 

料理の苦手な菜美は

半年経っても

キャベツの千切りもまともにできなかった。

 

そこへ優里と京子が

お昼を一緒しないかと訪ねて来た。

 

菜美が出した

自家製のドレッシングのサラダは

個性的な味だった。

 

優里から

料理が下手だと家で食事をする回数が減り

外での出会いが増え浮気に繋がる

と言われた。

 

京子から

駅前にカルチャースクールが出来たので、

3人で習いに行こうと誘われた。

 

その晩、

帰って来た勇輝は

食事を済ませていた。

 

 

そして

背中を向けて寝るようになって

1週間が経っていた。

 

菜美たちは料理教室に通い始めた。

 

講座が終わると受講生に誘われ、

みんなでお茶に行くことになった。

 

菜美は知花(倉科カナ)の様子が気になり

一緒にお茶に誘った。

 

時間を気にしていた知花はトイレに立つと、

菜美は付いて行き

左脇をかばっていたことを指摘し

DVを受けているのではないかと尋ねた。

 

しかし、

そんなことはない

と知花は帰って行った。

 

 

後日スーパーで会った知花は

サングラスを掛けていた。

 

お茶のときに貰いすぎていたお金を返し、

一瞬の隙にサングラスを外すと

目の周りにアザが出来ていた。

 

助けてあげようかと言う菜美に

知花は余計な想像はしてないでくれ

と行ってしまった。

 

菜美は勇輝に知花のことを話し、

助ける方法がわからないと言った。

 

勇輝は

友達に話してみたらどうかと提案した。

 

 

菜美は翌日、

京子と優里に相談した。

 

優里は友達になって手を差し伸べてあげればいいと言い、

友達になるには真心を伝えればいいと言った。

 

知花は買い物から帰りポストを見ると、

菜美からの食事会へのお誘いの手紙が入っていた。

 

 

食事会当日、知花はやってきた。

 

楽しく食事をしていたが、

デザートを食べている途中で

知花はそろそろと言って帰って行った。

 

 

その晩、知花は

シャンプーが切れていた

と旦那に怒鳴られていた。

 

そしてグレープフルーツをタオルで巻くと、

それで知花を殴りつけた。

 

許してくださいと言うが、

君のためだと何度も何度も殴りつけた。

 

 

後日、

腕を吊った知花が

菜美の家にやって来た。

 

優里と京子も合流し、

知花は旦那との馴れ初めを話し始めた。

 

私はこの人がいないと生きていけない

と思い始めてしまったと言った。

 

高校卒業後すぐに結婚し、

3年目頃からDVが始まったと言う。

 

暴力を振るった後すぐに謝る、

腕の手当てをしてくれたのも旦那だと話した。

 

しかし菜美はそれは優しさなんかじゃないと言った。

 

知花は、

私が弱いのは女だからか、

それともただ私が弱いだけですか

と言い上着を脱ぎ始めた。

 

知花の体中にはアザがあり、

助けてくださいと涙ながらに頭を下げた。

 

その晩、

菜美、優里、京子は

知花の家に一緒に行った。

 

DV行為をやめないと警察に行くと話すと、

この怪我は階段から落ちたものだ、

知花には虚言癖があると旦那は言った。

 

旦那に促されるままに

知花は許してくださいと頭を下げた。

 

 

帰り道、

3人はいつか本当のSOSを発してくれた時のために

DVの勉強をしようという話になった。

 

 

後日、

腕を吊りサングラスかけて家から出てきた知花に

菜美はプレゼントだと言い袋を渡した。

 

しばらく平穏な日々が続いたが、

知花が菜美の電話に出ることはなかった。

 

菜美たちが知花の家を訪ねた1ヶ月後、

事件は起きた。

 

知花は帰宅した旦那に

別れてくださいと切り出した。

 

全て自分で決めたことだ、

これ以上心と体を傷付けられるくらいなら

餓死しても構わないと言った。

 

するとキッチンから包丁を持ち出し、

知花のことを刺した。

 

君は僕がいないと生きていけないんだ、

助けてくださいと言えば助けてあげる

と言った。

 

知花は助けてくださいと涙ながらに訴えた。

 

夕飯の支度がひと段落した菜美は、

知花からの留守電を聞くと家を飛び出した。

 

菜美が知花の家に着くと、

知花が救急車で運ばれて行くところだった。

 

 

10日後、

菜美は知花の病室を訪ねていた。

 

医者には包丁を持ったまま転んだと言ったという。

 

そしてあの人から逃げられない、

逃げたら殺されると泣いた。

 

菜美は

あの夜私があげたプレゼント使ったんでしょ

と言うと、

あの男をどうしたいか聞いた。

 

知花は

あの男から離れられるなら充分です

と答えると、菜美は

私がなんとかしてあげる、

みんなには内緒ね

と言い病室を出た。

 

 

夜、

菜美は知花の旦那を訪ねた。

 

菜美は暴力を振るい続けてきたことを認め、

離婚しないかと言ったが、

旦那は帰ってくれと笑い飛ばした。

 

菜美がプレゼントしたぬいぐるみには

HDD内蔵のカメラが入っていた。

 

菜美は手を出してこない知花の旦那に

私から言い、ビンタをし、殴りつけ、結婚指輪を取った。

 

動画をネットに晒されたくなければ離婚しろ、

慰謝料としてこの家を知花に渡せ、

3日以内にこの街から出ていけ、

そして2度と指輪をはめようと思うなと菜美は言った。

 

笑顔で家を出た菜美は、指輪を捨てた。

 

後日、知花は全てうまくいき

引っ越しをすることになった。

 

 

京子は夫から関心を持たれておらず、

義母と同居していた。

 

優里もまた、

夫とは会話が減り上手くいっていない様子だった。

 

菜美は

我が家の問題を片付ければならない

と家の中にロウソクと花で道を作った。

 

それは寝室まで続いており、

菜美は勇輝のネクタイを外し

ベットへ押し倒した。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

奥様は、取り扱い注意1話感想

 

★綾瀬はるかが主演、

脇を固めるのが広末涼子と本田翼という

なんとも綺麗どころの集まったドラマ。

 

楽しく明るく進んで行くのかと思いきや、

1話から題材はDVと少し重め。

 

DVを受けていた友花を
なんとか助けてあげたいと奮闘する3人。

 

しかし

最後は菜美の工作員時代の技で一網打尽に。

 

スカッとDV男を倒してくれた。

 

DVという題材を重たくしすぎず、

最後はありえない!と

少しクスッと笑えるように作られていたので

見ていて気持ちよかった。

 

菜美、優里、京子が

これからどんな風に活躍して行くのか楽しみだ。

 

もずく 30歳

 

奥様は、取り扱い注意2話予想

 

★2話でも綺麗な奥様が登場するようだ。

 

3人は着物教室に通い始めたようで、

そこで1人の女性と出会う。

 

その女性は元旦那か、元彼かから

なにか嫌がらせを受けているようだ。

 

菜美たちはその男を

どのような手段で成敗するのだろうか。

 

菜美が特殊工作員になっていた理由も

少しずつわかってくるのだろうか?

 

なぜ特殊工作員をしていたのかも気になる。

 

もずく 30歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報