ローメン(長野伊那市)作り方・おすすめ店万里がケンミンショーに?

   

2016年11月10日放送の『秘密のケンミンSHOW』では長野県伊那市民のソウルフード・ローメンを紹介するそうです!!

そこで今回は、ケンミンショーに登場しそうなおすすめ店「万里(ばんり)」「うしお」「シャトレ」についてや作り方をご紹介します^^

スポンサードリンク

番組内容

2016.11.10(木)夜9:00~
秘密のケンミンSHOW
ソース焼きそばとは全然違う! 長野・伊那市限定「ローメン」を徹底調査!
沖縄のシンボル「シーサー」の秘密をさぐる! 沖縄ケンミンの守り神になったワケとは?
関東ナンバーワンの美人県・栃木へ! ナチュラル美人が次々登場!
出演
司会みのもんた(東京)、久本雅美(大阪)
レギュラー西川きよし(大阪)
データ担当平松翔馬(読売テレビアナウンサー)
ゲスト
八重樫東(岩手)、黒沢かずこ[森三中](茨城)、佐藤エリ(栃木)、U字工事(栃木)、土田晃之(埼玉)、羽場裕一(長野)、加藤諒(静岡)、田山涼成(愛知)、田中美佐子(島根)、IKKO(福岡)、安座間美優(沖縄)、ガレッジセール(沖縄)

番組HPより引用

ローメンとは?

60年前から長野県の南部、伊那市を中心に食べられているご当地グルメです。

信州といえば蕎麦が支流の中、同じ麺なのにラーメンでも焼きそばでもうどんでもましてや蕎麦でもない不思議なローカルフード、ローメン。異色を放っている一品で、お肉と野菜を蒸した中太麺を炒めた料理です。

汁があるスープ風と無しの焼きそば風があり、お店によってそのスタイルは様々。ソース・ごま・酢・油・ニンニク・七味 などを自分のお好みでかけ半調理していただきます。

このローメンの最大のポイントは使っている肉がマトン(羊肉)という事。最近は豚肉を使うお店もありますが、老舗はマトンで提供しています。

現地で食べられるおすすめ店は?

伊那市内には約60軒のローメンが食べられるお店があり、一軒一軒特色が違うのでそれぞれのお店で味が大分違います。なので、好みが分かれるところですが、有名店を3つご紹介したいと思います。

○万里(ばんり)
ローメン発祥のお店です。
伊那市民で知らない人はいないんじゃないかというお店です。スープタイプの王道ローメンが味わえます。野菜、肉がたっぷり乗っています。姉妹店 万里彩園もあって、こちらは駐車場があります。車で行く方はぜひこちらへ。
タイプ:スープタイプ
肉:豚orマトン選べる
駐車場:無し
定休日:月曜日
長野県伊那市大字伊那坂下入舟町3308
0265-72-3347

○うしお
伊那市駅から近いお店です。「いなっせ」を目印に行けば向かい側にあります。こちらは焼きそばタイプ。唐辛子・カレー粉・ソースで好きな味に味付けしていただけます。個人的にカレーは珍しいのでおすすめですよ。温泉卵やキムチのトッピングも出来ます。
タイプ:焼きそばタイプ
肉:マトン
駐車場:隣のいなっせ駐車場へ
定休日:不定期
長野県伊那市荒井3460
0265-72-4595

○シャトレ
老舗が多い中、珍しいレストランタイプのお店で、タイプも肉の種類もお好みで選べます。インスタント品のローメンの販売にも力を入れていて、お土産物屋さんでここのローメンを目にする事も多いです。
タイプ:スープタイプor焼きそばタイプ 選べる
肉:牛orマトンor猪 選べる
駐車場:有り
定休日:水曜日
長野県伊那市境1075−1
0265-78-6822

作り方

★スープ風
img_0916

<材料>
●蒸し麺:1玉
●肉:60g
●キャベツ:150g
●油:少々
●調味料
ガラスープ:200㏄
醤油:大さじ1杯
砂糖 :少量
おろしニンニク:少量

<作り方>
①フライパンに油を引き、食べやすい大きさに切った肉、キャベツを炒める。
②蒸し麺を入れて炒め、調味料、スープを加えてさっと炒め煮る。
③麺と野菜にしっかり味がついたら皿にスープごと盛り付けて出来上がり。
※蒸し麺を煮過ぎない事がポイントです。
食べる際、お好みで味ソース・ 酢・ゴマ油・唐辛子・おろしニンニクなどを加えて食べましょう。

★焼きそば風
_dsc4845

<材料>
●蒸し麺:1玉
●肉:60g
●キャベツ:150g
●油:大さじ1
●ゴマ油:少々
●ソース
コンソメスー プの素:2g水:50cc
おろしニンニク:少量
ウスターソー ス:大さじ1中濃ソース:大さじ1
みりん:大さじ半分
薄口醤油: 大さじ半分
砂糖:少量
ハイミー:少量

<作り方>
①大きめの鍋で湯をわかす
②ボールにソースの材料を入れて、よく混ぜる。
③①の鍋に麺を入れて、ほぐしながら茹でる。
④約2分茹でたら、ザルにあけて水気を切る。
⑤フライパンに油を引き、食べやすく切った肉とキャベツを炒める。
⑥④の茹でた麺をフライパンに入れ、混ぜ合わせたソースを加えて炒める。
⑦水分が少なくなったら、ゴマ油をからめて出来上がり。
食べる際、お好みで味ソース・ 酢・ゴマ油・唐辛子・おろしニンニクなどを加えて食べましょう。

小ネタ

伊那市では「ローメンズクラブ」を作り
・ローメンマップ作り
・のぼり旗建て
・スタンプラリー開催
・”ローメンの日”制定 (6月4日=ムシ=蒸し麺)
などをしてローメンの普及やPRに努めているそうです。

まとめ

ローメンの事が少しはわかりましたか?
見た目はなんだか不思議な一品ですが、一度食べたら癖になる美味しさです。

お店によっは180度テイストが違うため、あれ?イメージと違うなと思っても諦めず、ぜひ他のお店にもチャレンジしてみて下さい。あなただけのお気に入りの一品に出会えるはずです。
スタンプラリーをしながら楽しんでみるのもいいですね。 ローメンの日にはローメンを食べに長野県へ!!

関連記事はコチラ:

 - グルメ ,