ラストコップ2話1話ネタバレ感想!見どころ予想★藤木直人も出演

      2016/10/17

藤木直人も出演する「THE LAST COP(ラストコップ) 」の1話初回と2話ネタバレ感想!見どころ・予想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ラストコップのロケ地やあらすじネタバレに原作、キャストは?

予想や見どころ

★これまでのスペシャルドラマもすごく面白かったですし、連続ドラマも期待しております。30年もの間寝続けた警察官の活躍、なんていうとんでもない設定が終始生きている作品になるのではないでしょうか。真面目で迫力のあるお話も好きですが、ちょっと不真面目で笑えるところがあるお話も好きなので笑わせてくれる作品を楽しみにしています
(花子/25歳)

★そもそもあり得ないぶっとんだ設定!ですが、義理人情に厚く、豪快な京極さんは誰もが愛してしまうキャラだと思います!窪田くん演じる涼真くんが、京極さんの隣で少しずつ変わっていく姿も見所です。見たらすっきりするドラマです☆
ぶぅ/28歳

★エピソード0がとても面白かったので期待しています!窪田くんと佐々木希ちゃんが付き合っているということで終わったのでそちらの続きも気になります(^^)
あき 32歳

あらすじ

ラストコップ0の1話ネタバレ感想はこちら
ラストコップ0の2話ネタバレ感想はこちら
ラストコップ0の3話ネタバレ感想はこちら

31年前、横浜中央署の熱血刑事・京極浩介(唐沢寿明)は、捜査中に爆発に巻き込まれ、昏睡状態に陥った。そのまま眠り続けて30年後、彼は目を覚ました。仕事に復帰した京極は、若手刑事の望月亮太(窪田正孝)とコンビを組むことに。30年眠っていたため、京極の感覚は80年代のままだった。亮太は、そんな京極に振り回されてばかり。言い争いの絶えない二人だったが、破天荒な方法で事件を解決していく名コンビでもあった。

そんな中、横浜中央署管内で銀行強盗事件が発生。神奈川県警本部の参事官・松浦聡(藤木直人)が特殊部隊を率いて強盗制圧作戦の指揮を執っていた。一方、京極と亮太は、松浦の指揮を離れて勝手に銀行内部に潜入。すったもんだの末、強盗制圧には成功したものの、京極と亮太に自分の作戦をめちゃくちゃにされて激怒する松浦。彼は神奈川県警本部長・神野晴彦(小日向文世)に、二人の処罰を訴える。

京極が30年眠っている間、妻の加奈子(和久井映見)は後輩刑事の鈴木(宮川一朗太)と再婚していた。京極と加奈子の間に生まれた娘・結衣(佐々木希)は、京極と鈴木を二人とも父親として慕うように。京極、加奈子、鈴木は気まずい関係ながら、結衣と亮太を交えてたびたび食事会を開いていた。

結衣は、京極と鈴木の影響で警察官になっていた。ある日、彼女が違法駐車のチェックをしていると、コワモテの男に因縁を付けられる。心配のあまり、結衣の行動を見張っていた京極は、男を取り押さえる。その男は、京極の旧友・相良虎徹(吉田鋼太郎)だった。京極と虎徹は、久々の再会を喜び合う。

京極と虎徹は、思い出を語り合いながら夜の街を歩いていた。そこへ無数のドローンが飛来し、小型爆弾を投下。爆弾は次々と爆発し、街はパニック状態に。

ドローンを使った爆弾犯は、さらなる爆破予告をしてくる。神奈川県警本部と横浜中央署は、合同捜査本部を設置。京極と亮太も、張り切って捜査に臨もうとするが…。

番組HPより引用

キャスト
京極 浩介 – 唐沢寿明
望月 亮太 – 窪田正孝
鈴木 誠 – 宮川一朗太
鯨井 雅高 – 田山涼成
柏木 サオリ – 黒川智花
安田 慎平 – 松尾諭
水嶋 茉莉花 – 久慈暁子
鈴木 結衣 – 佐々木希
鈴木 加奈子 – 和久井映見
遠藤 勇二 – 佐野史郎
ムーンライト清美 – マギー
安藤光輝 – 山崎育三郎
五十嵐圭吾 – 鈴之助
島岡和夫 – 柄本時生
三島 菜々子:桜井日奈子
小山内美咲:武田玲奈
山瀬栞:伊藤沙莉
松浦聡:藤木直人
若山省吾:竹内涼真
神野晴彦:小日向文世

ネタバレあらすじ

目覚めてから1年ほど経ったある日銀行で強盗事件が発生し、犯人は人質をとって立てこもる。

京極浩介(唐沢寿明)は望月亮太(窪田正孝)と共に、排気口から突入を試みるも誤って落ちてしまう。

犯人に見つかるが強行突破し、やっつける。

…というように相変わらずの問題児。だが、検挙率はトップだった。

そして京極は相変わらず亮太の部屋に住んでいる。

 

鈴木結衣(佐々木希)と亮太が付き合い始めて1年。結衣は警察官に転職していた。

ある日、結衣が違法駐車の取り締まりをしていると、コワモテの男(吉田鋼太郎)に絡まれる。

結衣が心配なあまり行動を見張っていた京極が男を取り押さえると、かつて加奈子を奪い合った高校時代の友人で、現在は会社社長となった相良虎徹だった。

 

京極と相良は久々の再会を喜び合い、その夜バーのムーンライトで盛り上がり、夜の街を歩いていた。

すると、たくさんのドローンが、小型爆弾を落としていく。

そして京極に元にHPのURLの書かれた箱を落としていく。

HPをみてみると爆弾の予告が表示されていた。

 

神奈川県警本部と横浜中央署は、合同捜査本部を立ち上げ捜査を開始。

京極と亮太も、張り切って捜査に臨もうとするが、捜査名簿に名前がない。

松浦(藤木直人)は捜査に混乱をきたすからと、二人には振込詐欺撲滅キャンペーンにあたってもらうよう指示するが、必ず捕まえてみせると言い切り京極は聞き込みを、亮太は防犯カメラなどを調べ始める。

それぞれの情報を元に向かった先は一緒だった。

しかし、松浦と若山は先に来て既に容疑者を捕まえていた。

容疑者に問いただしても仲間の居場所はわらなかった。

 

京極と亮太が逃げた容疑者の仲間を探しているうちも横浜の様々な場所で爆発が起こっていた。

京極と亮太は容疑者を連れ出し、パトカーで犯人が潜伏している倉庫へ向かった。

一方、結衣は爆弾犯の仲間を割り出し後を追う。

京極と亮太は容疑者に囲まれてしまった。

するとそこに、なんと相良が現れた。

相良は経営が破綻し、腐った世界をリセットし、再生して天下取るため爆破を繰り返していたのだった。

爆弾が観覧車に仕掛けられているのを結衣が見つける。

京極は観覧車に登り、設置されていた爆弾を抱えて海に飛び込む。

同時に爆発したが、京極は無事だった。

いつか大きな事件に発展すると松浦はいうのだった。

感想

★最初から最後まで昭和な雰囲気が漂うドラマでした。ストーリーの展開もとてもわかりやすくて、私は正直物足りない感じがありましたが、一緒にドラマを見た小学生の息子は、最初から最後まで、大爆笑したり、ハラハラしたり、すごく楽しんでいました。
(こもも40歳)

★まず、冒頭のコント?のようなやりとりにやられました。主役の二人の掛け合いは最高!切れのあるアクションは本当にかっこよく魅了されました。笑えて、ちょっとほろりとするシーンもあり。土曜の夜にぴったりのドラマだと思います。
さまさま 34歳

 

放送開始をお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,