コピーフェイスのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて

      2016/12/27

11月からNHKで始まるドラマ「コピーフェイス~消された私~」は、
栗山千明さん、佐藤隆太さんが出演され、ドラマの題名からも内容がとても気になります。
 

NHKドラマ10は、最近ちょっと気になる大人のドラマが続いていますね!
 

そんな気になるドラマの、原作はあるのかなどの基本情報・見どころ・キャスト・ロケ地や
最終話(結末)までの視聴率やあらすじネタバレなどご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク


 

前後のドラマ関連記事はこちら
 

※追記します。
 

前に放送していたドラマ
運命に似た恋ロケ地やキャストに原作あらすじネタバレ・視聴率は?
 

次に放送のドラマ
お母さん、娘をやめていいですか?ロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャスト
 

基本情報や原作について

11月18日から毎週金曜日夜10時、全6回の放送です。原作はアメリカの人気作家サンドラ・ブラウンさんの「コピーフェイス~消された私~」ですね。

サンドラ・ブラウンさんは、ロマンティック・サスペンスの女王とも呼ばれ、ベストセラーを連発し世界30か国に翻訳された小説は7000万人の読者に愛されているんです。

朝ドラ「まれ」や「いま会いにゆきます」などを手掛けた篠﨑絵里子さんの脚本なのも楽しみですね。

主題歌は、加藤ミリヤさんのドラマの為に書き下ろした「最高なしあわせ」で、ドラマではスリリングアレンジされたバージョンが使われるそうです。

歌は、純粋に愛を信じている1人の女性の物語、ドラマも運命に翻弄されながらも一人の男性を愛する女性、その切なさと歌とがリンクして盛り上がる事になりそうです。

主人公演じる栗山さんは、「不機嫌な果実」でも今までと違った演技を見せてくれましたので、今回も愛と正義に中で揺れる女心をどんな風に表現するのかも楽しみな所ですね。

キャスト

広沢和花・・・栗山千明/西原亜希
image
野心かなフリーランスの雑誌記者。母親の育児放棄で児童養護施設で育つ。飛行機事故をキッカケに別人の人生を歩むことになる。

朝倉柊二・・・佐藤隆太
大手の美容外科『朝倉クリニック』の理事長。男としての魅力を備えた優秀な経営者。

朝倉芙有子・・・栗山千明   

柊二の妻。我儘で高慢、奔放な悪女。飛行機事故で死亡するが、和花と間違われ和花として死亡する。

朝倉由麻・・・中川江奈   
柊二の娘。素直でかわいらしい性格。

朝倉洋人・・・玉置玲央
柊二の弟で朝倉クリニックの院長。独身でカリスマ美容外科医。

朝倉弘明・・・寺田農
柊二と洋人の父親で朝倉クリニックの元理事長・医院長。昔気質で厳格な人間。

朝倉佐枝子・・・田島令子
柊二と洋人の母親。夫の言うことには決して逆らわない。

三島奈那子・・・芦名星
朝倉クリニックの看護師長。柊二に好意を寄せているが振られている。

橘慎一・・・鶴見辰吾
月刊誌『リアル・トゥデイ』の編集長。和花の秘密を知ることになる唯一の存在。

ロケ地

兵庫県西宮市にある産婦人科「レディース&マタニティクリニック サンタクルス ザ シュクガワ」で栗山千明さんと佐藤隆太さんが撮影をしていたと目撃情報があります。

洋館の様なお洒落な外観の建物で、朝倉美容整形クリニックの看板が出ていたそうなので、クリニックとして使われるのは間違いないですね。

また、大阪の美容外科こまちクリニックでも撮影が行われたとの情報があり、外観は兵庫、医院内は大阪で撮影といったところでしょうか。

今回は殆どが関西で撮影が行われそうですね。

あらすじ

広沢和花は、美容外科朝倉クリニックの不正を暴いてスクープをにしようと、理事長夫人芙有子に接近し潜入捜査しようと企む。

ある日、芙有子が乗った飛行機に和花も乗り込むが、なんと飛行機が墜落事故を起こしてしまう。

芙有子は和花と間違われて死亡とされ、和花は助かるが芙有子そっくりに完全整形されていた。

事故のショックで記憶を無くしていた和花だったが、芙有子として生活しながらやがて自分の記憶を取り戻す。

本来朝倉クリニックの不正を暴こうとしていたのだが、既にクリニックの理事長である柊二を愛してしまった和花は、愛と正義の間で自分がどう生きてゆくのか揺れ動くことになる。

最終話までの視聴率

※放送後に追記します。

1話 視聴率4.6%
コピーフェイス1話ネタバレ感想!
 

2話 視聴率4.6%
コピーフェイス2話ネタバレ感想!
 

3話 視聴率3.2%
コピーフェイス3話ネタバレ感想!
 

4話 視聴率3.6%
コピーフェイス4話ネタバレ感想!
 

5話 視聴率2.5%
コピーフェイス5話ネタバレ感想!
 

6話 視聴率%
コピーフェイス6話ネタバレ感想!
 

まとめ

本来の自分を消されてしまった理不尽さと、そんな理不尽なことをした人を愛してしまった。
正義と愛のどちらを取るのか、これは女性として悩んじゃいますね。
これは見逃せないドラマになりそうです。

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報