地味にスゴイ9話8話ネタバレ感想!森尾(本田翼)の衣装もかわいい

      2016/11/24

森尾(本田翼)の衣装もかわいい!
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の9話と8話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

地味にスゴイロケ地・あらすじネタバレとキャスト!校閲ガール河野悦子

青木崇高の演技力に彼女・結婚や子供は?かっこいい性格や絵についても
江口のりこが地味スゴ・藤岩りおん役!性格や家族構成・彼氏の噂は?
和田正人が地味スゴの米岡光男役!彼女・吉木りさとの結婚はいつ?
足立梨花の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服や演技力は?経歴情報も

予想・見どころ

★次週は、部長の元カノであり恋愛小説家の人が現れるようなので一波乱あるのだろうか?その一波乱にコーエツがどうやって絡んでいくのかも見所な気がします。7話でコーエツと幸人がいい雰囲気だったのでこのまま付き合っちゃえ!と視聴者ながら期待しています。幸人は森尾の家を出たことだしなにか進展があるかなと期待しています。
もず 29歳

★ちょっぴり謎で仕事のできそうな部長の恋愛事情。
元カノと予告では表記でした。
恋愛小説家が元カノ、茸原は編集部一熱血編集者だった。
でも今の校閲部の部長をしているのには訳がありそう。
恋愛小説家と編集者の恋なんてとても大変そう。
過去の恋愛に何があったのかそして病気との闘いながら小説を仕上げる場合どこまで向き合うのか、河野悦子のまっすぐさが病気の場合どのように立ち向かうことになるのか気になります。
そして、折原幸人とデートをしたり、父親に恋人宣言したりと動きはあるがなかなかしっかり彼女と言う感じにもなっていない河野悦子、今後の進展は自然消滅になるのか上手く進むのか気になるところです。
そして貝塚と森尾にも進展の兆しが見えてきた。
第8話も元気な河野悦子を見れるのが楽しみです。
ニックネーム:ふわり

あらすじ

7話ネタバレと感想はこちら

悦子(石原さとみ)は、恋愛小説家・桜川葵(伊藤かずえ)の小説の校閲を任される。茸原(岸谷五朗)は悦子に、葵は中途半端な仕事を嫌う厳しい人なので、いつも以上に全力で仕事をしてほしいと言う。

そんな中、校閲部に葵が訪ねてくる。茸原の姿を見つけ、いきなり彼に抱きつく葵。茸原と葵には、意外な過去があった。

仕事にも恋愛にも情熱的な葵に負けじと、悦子は全力で葵の小説を校閲する。一方、葵は悦子に指摘されたことを取り入れ、再校で大幅に内容を変える。

悦子は、また最初から校閲し直さなければならなくなるものの、めげずに取り組む。お互いの立場で激論を交わしながら、作品を作り上げていく悦子と葵。次第に、二人は意気投合するが…。

※番組HPより引用

キャスト

河野悦子(石原さとみ)
折原幸人(菅田将暉)
Lassy編集部所属・森尾(本田翼)
貝塚(青木崇高)
校閲部部長・茸原(岸谷五朗)
藤岩(江口のりこ)

本郷大作(鹿賀丈史)
人気ブロガー・亜季(ともさかりえ)

和田正人
松川尚瑠輝
足立梨花
曽田茉莉江
伊勢佳世
芳本美代子
田口浩正
杉野遥亮

ネタバレ

部長の元カノである桜川の校閲を頼まれたコーエツ。
仕事に全力の人なので全力で校閲に挑んでほしいという部長の要望に応えるべく、全力で校閲に挑む。後輩や校閲部の仲間と食事をしながら事実確認なども行った。
全力で校閲した指示出しに全力で応えてきた桜川の要望もあり、再校もコーエツが行うことになる。
内容を見てビックリ、コーエツの指示出しのおかげもあってか内容が変わっている部分も多く再校なのに校閲をする気分であった。

過去、編集にいた部長は桜川の担当であり恋人であったが、桜川の愛の証として刺されたことがあり、校閲の部長になった過去を知る。
コーエツは実際に桜川と会い、事実確認を行うことになる。
足跡のない雪景色の中にカップルの亡骸があるのはおかしいと話になり、ヘリコプターでその場所まで行ったことにしてみたり、陸上部だった2人らしく走り幅跳びでその場まで行ったことにしたりといろいろな案が飛び出した。実際に登場する場所にタコと3人で足を運び事実確認もした。

桜川の自宅で校閲をしているとき、桜川がふらつき朝から何も食べていないと聞きコーエツはごはんを作ることになる。
コーエツの作ったごはんを食べ、今までこんなに暖かいものから離れていたのかと涙する桜川。

一方、幸人はタコから書きたいものを書けば必ずおもしろくなると言われ、いろいろな職人のもとへ足を運び取材をしていた。
この期間、コーエツと幸人は何日も会えずコーエツはとても幸人に会いたくなっていた。再校されたものになにもペンが入っていない形でタコはコーエツのもとにゲラを持ってくる。聞くと、昨夜桜川が倒れたという。
全身病気に侵されている人に無理はさせられないとのタコに納得がいかないから病院に連れて行ってほしいと頼む。この頼みに部長も頭を下げてくれた。
3人で桜川のもとを訪ねるとコーエツに半端なものは嫌だから最後まで付き合ってほしいと願い出る桜川。無事本も出来上がり、桜川も退院することができた。

森尾とタコが2人で飲んでいるとタコは森尾に告白するも振られてしまう。近くにいた人がいなくなってから好きだったと気づいたと言う森尾であった。
その頃コーエツと幸人は久しぶりに2人でおでんを食べながら仲良くしていた。

感想

★今回は部長の元カノさんの校閲を任されたコーエツが全力でぶつかっていく様子がよく見て取れました。元カノさんと部長の恋愛話には驚愕でした。また、作品の内容も走り幅跳びが出てきたりヘリコプターがでてきたりありえないような話で笑えました。また、数日間幸人に会えないもどかしさはまさに恋する乙女で可愛かったです。
もず 29歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報