レンタル救世主6話5話ネタバレ感想!依頼人・近藤は新婚の賀来賢人

      2016/11/07

依頼人・近藤は新婚の賀来賢人!

「レンタル救世主」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

レンタル救世主ロケ地や原作あらすじネタバレにキャスト・視聴率は?

藤井流星がレンタル救世主の葵伝二郎役!彼女や好きなタイプは?

予想・見どころ

★次回はなんと24時間以内に猫舌にしてくれというなんとも難解な以来が!どのようにして猫舌になれるように救世主たちは立ち向かっていくのか気になるところです。珍しく4話での話が次にも続いていきそうなのでそちらにも注目して見ていきたい。地蔵ちゃんのお兄ちゃんが出てきて波乱があるのか・・
もず 29歳

★どうやら葵くんも零子の兄の仲間のようですし、兄の会社とボスとの因縁も明らかになりました。
レンタル救世主チームと零子の兄がどうやって関わっていくのかが気になります。
みみりん 26歳

あらすじ

4話ネタバレと感想はこちら

これは24時間で起きるある一つの小さな奇跡のお話。
1億円の借金を背負い、会社を辞めてレンタル救世主をしていることを紫乃(稲森いずみ)に理解してもらい、ひと安心の明辺(沢村一樹)。彼は、彩芽(莉帝)の授業参観を翌日に控えていた。

そんな中、「24時間以内に猫舌にしてほしい」という奇妙な依頼人・近藤(賀来賢人)がやってきた。彼は、レタス太郎(泉谷しげる)という芸人の弟子。レタス太郎は、相方のおでん次郎(森下能幸)とコンビを組んでいた。彼らの鉄板ネタは、アツアツのおでんを食べるというものだった。しかし、おでん次郎が亡くなり、レタス太郎はピン芸人に。近藤はずっとレタス太郎に従ってきたのだが、レタス太郎が引退を決意。レタス太郎は最後の舞台にアツアツおでん芸をやると言い、近藤を二代目おでん次郎に指名した。しかし、近藤は、どんなに熱いものでも平気で食べられる体質のため、熱がって笑わせるリアクションができなくて困っているという。試しに煮えたぎったおでんを近藤に食べてもらうと、彼は平然と食べてしまう。誰にも分からないが、彼は真剣に悩んでいた…。
レタス太郎の最後の舞台まで、あと1日。師匠の花道を飾りたいと真剣に悩む近藤に、明辺は同情する。葵(藤井流星)は、師匠のいいなりになっているだけの近藤が気に入らないと言って仕事を拒否。この依頼は、明辺と零子(志田未来)の二人で引き受けることに。

葵は、零子の兄・千太郎(小出恵介)に呼び出される。IT企業の社長を務める千太郎は、零子がレンタル救世主として働いているのを心配していた。葵は千太郎から、零子を自分の会社に連れてきてほしいと頼まれる。報酬を提示された葵は、千太郎の依頼を喜んで引き受ける。
一方、明辺と零子は、猫舌になれる方法がないかと医者を訪ね歩くものの、手がかりが見つからない。レタス太郎最後の舞台の幕が開くまでのタイムリミットが刻一刻と迫る。師匠と弟子の間にはあるウソが隠されていて…。
※番組HPより引用

キャスト
葵伝二郎(藤井流星)
明辺悠五(沢村一樹)
寛太(大杉漣)
百地零子(志田未来)
薫(稲葉友)
ラジオDJのヒロコ(森カンナ)
プロデューサー・神保(遠藤章造・ココリコ)
紫乃(稲森いずみ)
秦野(中村アン)
今泉(武田真治)
福原遥

ネタバレ

レタス太郎は実は裏カジノでの借金がかさみアフリカに出稼ぎに行かなくてはならなくなっていた。

明辺が貧血で倒れ運ばれた病院で猫舌にする奇跡の治療を受けた近藤は、無事に師匠との舞台をやりとげる。

一方レタス太郎の代わりに借金取りにボコボコにされてしまった明辺を葵が救い、明辺は家族の元に向かうことができた。

しかし明辺の妻はなぜか離婚を決意していた。

感想

★今回は『キャラ』が大きなテーマの話でした。葵くんが近藤に謝ったり、明辺さんの娘さんが素敵な作文を披露したり、近藤と師匠の結末だったり、レンタル救世主の本領発揮という感じのヒューマンドラマ満載でした。
個人的にゲストの加来賢人さんの芸人コスプレが貴重な感じがして、得した気分になりました。
みみりん 26歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報