レンタル救世主最終話10話9話ネタバレ感想!明辺は病気を打ち明ける

      2016/12/05

明辺は病気を打ち明けるか?レンタル救世主の存在はいかに?
「レンタル救世主」の最終話10話と9話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

レンタル救世主ロケ地や原作あらすじネタバレにキャスト・視聴率は?

藤井流星がレンタル救世主の葵伝二郎役!彼女や好きなタイプは?

予想・見どころ

★8話は離婚危機があったり、病気が判明したり、娘が人質に取られたりバタバタの展開でまさかの最後に社長が地蔵ちゃんの義理のお父さんだということまでわかって・・そこに追い打ちをかけるかのように9話では大根詐欺の男が現れるみたいで・・どうなっちゃうのレンタル救世主!明辺さんはホントに離婚しちゃうのだろうか・・地蔵ちゃんのその後もレンタル救世主のその後も・・気になることだらけです。
もず29歳

★零子の兄と社長が本格的に動き出したことで次回も話が大きく展開していきそうです。レンタル救世主の存続のためにメンバーが奮闘していくのではないかと予想します。また、明辺さんの病気が明らかになったので、きちんと治療を受けるのか、そのことを家族には知らせないのか、などみどころがたくさんありそうで楽しみです。
みみりん26歳

あらすじ

8話ネタバレと感想はこちら

署名した離婚届を紫乃(稲森いずみ)に預け、家を出た明辺(沢村一樹)。彼は、金城(堀部圭亮)の病院で手術を受けることに。
レンタル救世主を潰そうとする千太郎(小出恵介)と手を組んだ黒宇(大杉漣)の裏切りにより、葵(藤井流星)、ロイ(勝地涼)、いろは(中村アン)が冤罪で逮捕されてしまった。世間でのレンタル救世主のイメージは失墜。零子(志田未来)は葵たちの無実を訴えるが、孤立無援だった。

零子一人になったレンタル救世主のオフィスに、明辺を訪ねて柿本(梶原善)がやってくる。柿本は、明辺に1億円の借金を背負わせた張本人。しかし医者から余命を宣告されたという柿本は、死ぬ前にやりたい5つのことをレンタル救世主に手伝ってほしいと零子に依頼する。
一方、千太郎が開発したレンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」は、大ヒット。ヘルプールを使って、人々に思いやりの精神を広めるという野望を抱く千太郎。彼は会社を零子に譲った後、市長になる計画を着々と進めていた。零子は会社を引き継ぐ条件として、葵たちの釈放と、黒宇がなぜレンタル救世主たちを騙していたのかを説明することを千太郎に要求する。

数日後、葵たちが釈放される。零子が警察まで迎えに行くが、葵たちは零子を裏切り者とみなして冷たい態度を取る。零子は、レンタル救世主のメンバーと黒宇を引き合わせようと考えていた。零子から連絡を受けた明辺もオフィスに駆け付け、レンタル救世主のメンバーが久々に集結する。そこに、黒宇が現れる。黒宇は明辺たちに、レンタル救世主を設立した経緯を明かし、レンタル救世主の役目は終わったと告げるが…。
※番組HPより引用

キャスト
葵伝二郎(藤井流星)
明辺悠五(沢村一樹)
寛太(大杉漣)
百地零子(志田未来)
薫(稲葉友)
ラジオDJのヒロコ(森カンナ)
プロデューサー・神保(遠藤章造・ココリコ)
紫乃(稲森いずみ)
秦野(中村アン)
今泉(武田真治)
福原遥

ネタバレ

柿本のやりたいことを叶えるメンバーたち。

最後の依頼を終えて、誕生日の零子にプレゼントを贈りレンタル救世主は解散する。

一方、黒宇は珍しい血液型をもつ実の娘に輸血をするため、ヘルプールを使い助けを求めるも病院に救世主になろうとする人が殺到してしまいうまくいかなかった。

病院に呼び出された明辺は、新たなガンが発覚し、余命3ヶ月と宣告されてしまうのだった。

感想

★ようやく零子の兄と黒宇社長の本当の目的が判明して、明辺さんは余命宣告されてしまうし、レンタル救世主は解散してしまうしと、ものすごく色々なことが起こった回でした。
最初の人情話コメディドラマといった印象から、最終回に向けてシリアスな展開に変わってしまって、レンタル救世主の良さが薄れてるように感じますが、最終回はしっかり良さを出して欲しいです。
みみりん 26歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報