キャリア6話ネタバレ感想!打ち切りはいつ?低視聴率が続くフジ

      2016/12/26

打ち切りはいつ?と噂されていますね。低視聴率が続くフジテレビですが、打開策はあるのでしょうか?

「キャリア~掟破りの警察署長~」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

キャリア(ドラマ)ロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて

予想・見どころ

★5話の最後で南の恩人?と金さんのお父さんが同一人物だとわかったのでそこからなにか展開していくのか気になります。せっかく少し近づいてきたような気がしたのに・・次回は金さんがお見合いをするということが話の軸のようですがそこからどのような事件に発展していくのか気になるところです。
もず 29歳

あらすじ

5話ネタバレと感想はこちら

2016.11.7.MON. Updateストーリー #6 STORY
金志郎(玉木宏)にお見合い話が持ち上がった。相手は、警察庁長官官房長の愛娘だ。副署長の半田(柳沢慎吾)から、北町署の将来だけでなく自分の首もかかっている、と懇願された金志郎は、そのお見合いを承諾した。
実里(瀧本美織)は、半田から、金志郎がお見合いに着ていくスーツのコーディネートを頼まれる。が、楽しそうにネクタイを選ぶ金志郎の姿に、何故かモヤモヤした気持ちになり…。

お見合い当日、半田に急かされて北町署を出ようとしていた金志郎は、紙袋を持った男性・吉野(松尾諭)とぶつかってしまう。吉野は、署長につないでほしい、と言いかけたものの、そこに金志郎のお見合い話を聞きつけた主婦たちが押し寄せたため、その場を立ち去る。
金志郎は、官房長の娘・佳奈子(山崎静代)と対面する。が、ふたりきりになった途端、「どうせ断るんでしょう?」と言って泣き出す佳奈子。これまでに、99回も断られてきたのだという。佳奈子が、警察キャリアと結婚させたいという父親の期待に苦しんでいることを知った金志郎は、肩に力が入り過ぎて素敵な部分が伝わらなかっただけ、と慰める。

同じころ、北町署では、金志郎に会いたいという市民が殺到し、署員たちが対応に追われていた。その中には吉野の姿もあった。
一方、実里は、刑事だった金志郎の父親が殉職した事件のファイルをこっそり調べる。そこにやってきた南(髙嶋政宏)は、実里からファイルを奪い取り…。

※番組HPより引用

キャスト
遠山金志郎(玉木宏)
南洋三(髙嶋政宏)
相川実里(瀧本美織)
半田順二(柳沢慎吾)
田中美奈子
知花くらら
平井祐介
半海一晃
近藤正臣

ネタバレ

今回は金さんのお見合いと立てこもり事件が同時に進んでいきます。

官房長の娘さんとお見合いすることになった金さんは、乗り気でこそないものの任せられたことはしっかりとの精神でお見合いに臨む。

そのころ北町署には金さんに会いたい市民たちが殺到し、対応に追われる。

その中に人を探してほしいという男性が。
生活署のほうで失踪届を出してくれと対応するものの、相手にされなかった男は刑事課に再び人を探してほしいと戻ってくる。

なかなか話を聞いてくれない所轄のメンバーに腹を立て、一人の刑事を人質に立てこもってしまう。

署長と話をさせてほしいというものの金さんはお見合い中。
結婚詐欺にあい、その女性を探してほしいという男の要求に頭を悩ませている面々のもとに官房長がやってくる。

人質になっていた刑事の代わりに人質にされてしまう官房長。
そのことがお見合い相手であり、官房長の娘へと連絡が入る。

携帯を忘れていた金さんは、携帯を借り相川へ電話をし朝受付でぶつかった男が立てこもり犯だと知る。
男の持っていた荷物から職場へ足を運び、男の母親から話を聞いて北町署へと戻る。

あと少しで官房長が刺されてしまうというところに金さんが滑り込みで現れる。
母親のためになんとしても結婚式を挙げたいのだとわかった金さんは男を諭すことに成功し、無事官房長は解放される。
そこからは、結婚詐欺を働いた女探しが始まる。

数少ない写真からあるネコを見つけその飼い主の元へと向かう金さん。女はナンバー1ホステスだった。
すべての事情を話し、女の態度に腹が立った金さんは警察だと名乗りを上げ成敗する。

最後に南と金さんが対面するシーンでは、金さんの父親である桜井の最期を看取ったのが南だとわかる。

感想

★今回は、お見合いのシーンで金さんの優しさが全面に出ていました。お見合い相手に真摯に向き合い、逃げないことを諭していました。自分が苦手なオクラを食べながら言うシーンも印象的でした。立てこもり犯にも自分の考えを押し付けるわけではなく、優しく説得するシーンは素敵な人柄が現れていました。
もず 29歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報