キャリア最終話10話ネタバレ感想!中村俊介(桐島真司)が真犯人か?

      2016/12/26

中村俊介(桐島真司)が真犯人か?

「キャリア~掟破りの警察署長~」の最終話10話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

キャリア(ドラマ)ロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて

予想・見どころ

★いよいよ最終回。金さんの父親を撃った犯人がわかったのに南が再び撃たれてしまい取り逃がしてしまうところで9話が終わってしまったので、犯人を捕まえることができるのか気になります。最終回の成敗であり、父親の敵討ちになるであろうこの事案を気持ちよく金さんに始末してもらいたいです。長下部さんも関わっていたので気になるところです・・
もず29歳

あらすじ

9話ネタバレと感想はこちら

2016.12.4.SUN. Updateストーリー #10 STORY
25年前、金志郎(玉木宏)の父・桜井周平(宇梶剛士)を射殺した真犯人を追っていた南(髙嶋政宏)が拳銃で撃たれ、意識不明のまま病院に収容される。南を撃ったのは、元副総監の息子・桐島真司(中村俊介)だった。
一方、真相を確かめるべく長下部(近藤正臣)に会いに行った金志郎は、上層部から呼び出される。そこで金志郎は、時効が成立している事件の捜査をさせた上、捜査員が撃たれた今回の事件の責任を問われ、謹慎処分と北町署署長の解任を言い渡される。
金志郎の処分を受け、北町署の署長代理となった秋嶋(東根作寿英)は、半田副署長(柳沢慎吾)や実里(瀧本美織)ら署員たちに、署長官舎から姿を消し、桐島の行方を追っていると思われる金志郎の身柄を拘束するよう命じる。さらに秋嶋は、南を撃った犯人として、拳銃密売でマークされていた柴田という男をすでに逮捕したと皆に告げた。

金志郎は、本庁の刑事たちに追われながらも、単身聞き込み捜査を続けていた。そんな金志郎の前に現れた北町署刑事課のメンバー――松本(白洲迅)、元山(半海一晃)、水口(平山祐介)、花岡(勝矢)は、桐島が犯人であることを証明すべきだと申し出る。しかし金志郎は、父の事件は個人の問題だとして、この件に関わらないよう命じ…。
※番組HPより引用

キャスト
遠山金志郎(玉木宏)
南洋三(髙嶋政宏)
相川実里(瀧本美織)
半田順二(柳沢慎吾)
田中美奈子
知花くらら
平井祐介
半海一晃
近藤正臣

ネタバレ

金さんは1人25年前の事件を追い始める。

隠蔽のことは隠し通したい警察幹部は金さんを署長から降ろすことを決定する。

ほかの署から来たキャリアが署長になると言い出し、金さんを捕まえるように指示を出す。

所轄のメンバーは反対するが、キャリアが連れてきた刑事たちは金さん探しを始める。

その頃金さんは刑事たちから逃げ1人、25年前の犯人である桐島に接触することになる。

そこにはいつもの温厚な金さんの姿はなく、父親を殺された憎しみだけであった。

相川は金さんを見つけ出し、刑事から逃げるよう手を貸し南の家へと避難する。

いつもと様子の違う金さんに目を覚ましてほしくてビンタをする。

やがて南の家にも警察はやって来るが金さんはその場から逃げるように姿を消す。

その足で南の病室を訪れた金さんは南から桜井の最期の言葉を聞く。

その言葉に目を覚ました金さんは、正気を取り戻し再び捜査へと向かう。

相川は25年前銃を奪われた坂本というタクシー運転手の元を訪れていた。

金さんは奥さんの元を訪れ、子供が海外で手術を受けていたことを聞いていた。

坂本にその話をし、隠蔽の片棒を担がされていたことを明かす。

再び捜査に向かおうとする金さんと相川のもとに所轄のメンバーが現れ、南の家で捜査会議をすることになった。

その足で北町署へ向かい、時効が切れていなかったことを訴え逮捕状と銃の所持を申し出る。

金さんはダメだったが副所長がOKすることで事件を追うことが出来るようになった。

桐島のもとへ向かった金さんと相川は桐島に逃走されてしまうが青木の手柄によりマフラーを奪うことに成功し市民からの目撃情報が多数寄せられることとなる。

金さんの指示のもと、北町署は桐島確保に動き出したとき桐島から電話が入る。

その頃長下部は南の見舞いに訪れていた。

子供を人質に取り、桜井の撃たれた場所で金さんを桐島の最後の決着が付こうとしていた。

そこへ所轄のメンバーが駆けつけ桐島に銃を向けたが、金さんは父親の言葉を思い出しみんなに銃を下すように指示する。

その姿を見た桐島は自害しようとするが、病院から駆けつけた南の発砲により銃は撃ち落とされ無事確保となった。

警察の上層部に呼ばれた金さんであったが、長下部が隠蔽の事実を公表したことにより丸く収まった。

金さんは再び北町署の署長として新しく赴任することになった。

感想

★25年前の犯人を追う金さんの普段とは違う鬼気迫る演技と相川にビンタされ南の話を聞きいつもの金さんに戻る両方の演技を見ることが出来た。これは玉木宏の演技力だと思った。南は先週に負傷してしまったが、無事負傷者も出ずに事件が解決しまた25年前の隠蔽も明らかになってよかった。最後はみんなでヨガをしているシーンでほっこりした。
もず 29歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報