砂の塔の4話3話ネタバレ感想!がんちゃんがかっこいいしかわいい!

      2016/11/11

がんちゃんがかっこいいしかわいい!

「砂の塔〜知りすぎた隣人」の4話と3話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

砂の塔のロケ地やあらすじネタバレ原作・視聴率にキャストについて
かっこいい若手イケメン俳優・佐野勇斗(砂の塔・高野和樹)の彼女や学歴についてはこちら

予想・見どころ

★今度のメインはハロウィンイベント。生方コーチ【航一くん)のことで嫉妬している寛子の亜紀への嫌がらせはますますエスカレートするだろう。ほぼ全てを監視している弓子の本当の目的は何なのか。弓子の背景がそろそろ少しずつ明らかになってくるのか?いや、なってほしい。亜紀の夫・健一は転勤を免れるため、自分の身を守るために阿相社長の件で残金を消費者金融から借りて払ってしまいそうで怖い。そして、空が体操教室に通うことによって、航一くんと亜紀がさらに接近してしまいそう。若い航一君は想いを抑えきれず暴走しないか心配。亜紀の実母にはできればもう現れないでいただきたいところ。寛子のターゲットはまだ亜紀だけに留まるのか。さらに他へも手が伸びるのか。ハーメルン事件の犠牲者が増えないことを祈りたい。
ミモザ 39歳

あらすじ

2話ネタバレと感想はこちら

亜紀(菅野美穂)と生方(岩田剛典)が幼馴染であり、亜紀は彼の初恋の人であるという事を、寛子(横山めぐみ)に密告していたのは弓子(松嶋菜々子)だった――。お気に入りの生方を取られた気分の寛子は、嫉妬の炎をメラメラと燃やし『簀巻きにして東京湾に沈めてやりたいわ』と巻き寿司を握り潰す。
寛子は腹いせに、亜紀にハロウィンイベントを手伝わせた上で失敗させ、赤っ恥をかかせるべく悪巧み。女同士のイザコザにウンザリする亜紀だが、その背後で優しい隣人の弓子が糸を引いている事など知るよしもない。
ハロウィンの準備で悪戦苦闘する亜紀を見かねた生方は、亜紀を手伝うようになる。いつしか打ち解けていく二人の姿を、妖しく見つめる弓子。
ひそかに亜紀の娘のそら(稲垣来泉)と和樹(佐野勇斗)に近づいていく――
一方、警察は湾岸エリアで『愚かな母親に罰を!』というハーメルン誘拐犯の声明ともとれる落書きを発見。刑事の荒又(光石研)は、大群衆が仮装して参加する湾岸エリアのハロウィン仮装パレードにまぎれ、同じように仮装をした犯人が現れたら、誘拐を防ぐことは可能なのか…と戦慄する。

厳戒態勢の中パレードが始まり、街を仮装した人々が埋め尽くす。そんな折、生方が窮地に陥ったことを知った亜紀は、止むにやまれずそらを友人にまかせ、パレードを離れる。それを狙いすました様に現れる不審な影――不気味な“仮面の男”が亜紀の幼い娘・そらを連れ去る!必死に探す亜紀だが、仮装した群衆にまぎれ全く手がかりは見つからない!
その頃――そらを連れさった男が向かった先に現れた弓子!その微笑の奥に秘められた恐るべき計算とは…
誘拐犯の黒い牙!明かされる謎の真相!怒涛の第3話は早くも第一章クライマックス!

※番組HPより引用

キャスト

高野亜紀・ 菅野美穂
生方航平・岩田剛典
阿相寛子・横山めぐみ
橋口梨乃・堀内敬子
尾野綾香・ホラン千秋
高野和樹・佐野勇斗
橋口成美・川津明日香
津久井琢己・上杉柊平
荒又秀美・光石研
高野健一・田中直樹
佐々木弓子・松嶋菜々子

ネタバレ

ハロウィンのイベントの幹事を任されてしまった亜紀は準備に奮闘する。

ハロウィン仮装パレード当日、仮装した空と共に亜紀は張り切って会場入りするが、あきの携帯に居酒屋からの連絡が…。生方が酔っ払い手がつけられなくなり店員に呼び出されてしまった亜紀は、近くの任されてママ友にそらを預ける。

しかし、会場には仮装で紛れた誘拐犯がそらを狙っていた。

そらが行方不明になり必死に探す亜紀と、なぜ目を離しどこかへ行ったのかと不信感を露わにする和樹。やがてそらは弓子に助けられる。

安心したのもつかの間、ハロウィンイベントの幹事・亜紀が用意したビデオレターの最後には「なぜハーバード大卒などと嘘をつくんだ?」というママ友と旦那との秘密の会話の盗撮映像がはいっており、亜紀の仕業だと誤解されてしまうのだった。

感想

★今回はハロウィンイベントが舞台。寛子はまだ亜紀を徹底的に苛めるが、寛子に振り回されているママは多いはず。クーデターを起こせばいいのにと思ってしまう。弓子の策略により、アドバイスをしてくれていた梨乃を敵に回してしまったのは痛い。航一くんは若いだけに年上の亜紀が気をつけなければいけない。弓子が徐々にそらに近づいているのが怖い。和樹が亜紀に不信感を持ち始めたのも気になる。
ミモザ 39

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報