砂の塔の6話5話ネタバレ感想!弓子(松嶋菜々子)が過去に殺人?前科持ち

      2016/11/13

弓子(松嶋菜々子)が過去に殺人?前科持ちか?

「砂の塔〜知りすぎた隣人」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

砂の塔のロケ地やあらすじネタバレ原作・視聴率にキャストについて
かっこいい若手イケメン俳優・佐野勇斗(砂の塔・高野和樹)の彼女や学歴についてはこちら

予想・見どころ

★弓子からの連絡で、亜紀が航一といっしょにいるところを目撃してしまった和樹はもう亜紀には不信感しかなく話を聞こうともしない。そして弓子が今度は和樹を貶めるべく、和樹がダメ母を盗撮していたことが知れ渡り、ハーメルン事件の犯人疑惑が広まる。息子・和樹の無実を証明しようと奔走する亜紀。亜紀の役に立とうと独自に弓子について調べる航一。警察に弓子が怪しいと知らせたのは航一か?弓子に対して疑いを持ち始めている亜紀は、とうとう直接弓子に問いただす。弓子は前科者?亜紀の夫・健一はタワマンのボス・阿相の言いなりでまた新たなトラブルに巻き込まれそうで不安。そろそろタワマンのママ友の誰かが亜紀の味方についてはくれないのか?そらの笑顔だけが救い。和樹は弓子に操られていただけであってほしい。和樹と亜紀の親子関係が戻るのはまだまだ先になりそうな予感。
(ミモザ 40歳)

あらすじ

4話ネタバレと感想はこちら

亜紀は、橋で生方に会っているところを息子・和樹に目撃され、生方との不倫を疑われてしまう。何とか疑いを晴らしたいが、和樹は聞く耳を持たない。困った亜紀は、生方に相談。生方は、亜紀に「もう会わないでおこう」と告げる。一抹の寂しさを覚える亜紀。
一方、落ち込む和樹に声をかけたのは隣人・弓子。弓子のたくらみにより、今まで隠されていた和樹の『裏の顔』が明るみに…。実は和樹は“ダメな母親たち”を大量に盗撮していたのだ!その写真の存在が公になり、タワマン主婦は、和樹こそがダメな母親に罰を与える連続誘拐=ハーメルン事件の犯人ではないかと騒ぎ始める。ついには荒又たち刑事も動きだし…。
思わぬ事態に和樹と話し合おうとする亜紀だったが、和樹は拒絶。そのまま家から飛び出し、警察に追われる身となってしまう。ショックを受けた亜紀は、夫・健一に連絡するが、健一は取引先の阿相に怪しい副業の手助けを頼まれ、それどころではない。家族を襲うかつてない危機!息子の無実を晴らすため、亜紀は成美たち同級生や、以前の高校にまで足を延ばし、和樹のアリバイを見つけようとする。しかし、和樹の無実を証明する情報は出てこない。何とかしなければ…必死に奔走する亜紀の前に、立ちはだかる影。それは弓子だった――。

一方、亜紀の話で弓子に不信感を持った生方は独自に弓子のことを調べ始める。そこで明らかになったのは、弓子の嘘で塗り固められた生活だった。果たして佐々木弓子は何者なのか。刑事の津久井の「何したんですか?その女」という問いかけに、荒又はつぶやく。
「殺人だ……」
我が子の無実を証明する為、家族を崩壊から守る為、立ち上がる母!
裏で操る隣人との“直接対決”…ついに明らかになる隣人の正体! 全ての謎が明らかに!
※番組HPより引用

キャスト

高野亜紀・ 菅野美穂
生方航平・岩田剛典
阿相寛子・横山めぐみ
橋口梨乃・堀内敬子
尾野綾香・ホラン千秋
高野和樹・佐野勇斗
橋口成美・川津明日香
津久井琢己・上杉柊平
荒又秀美・光石研
高野健一・田中直樹
佐々木弓子・松嶋菜々子

ネタバレ

息子の和樹くんが亜紀と生方コーチの不倫を疑い、反抗的な態度を取りだす。

そこに和樹の高校の無断欠席に加え、マンションでの盗撮疑惑が発覚し、警察ざたになってしまう。

ハーメルン事件に関わっているのではとの疑いもかかり、亜紀は和樹から話を聞こうとするが、逆効果で親子関係は冷え切ってしまう。

一方で亜紀の話から弓子へ不信感をもった生方コーチは、弓子に接触を試みるがストーカー扱いされて警察に事情を聞かれることになり、そこで弓子があやしいと警察に訴える。

弓子の名前に引っかかった刑事は過去の事件を思い出す。弓子は過去に殺人事件を犯していたのだった。

最後のシーンでは弓子と亜紀の旦那、健一とマンションの玄関ではちあわせる。

「お久しぶりね」と声をかける弓子に健一は驚きで顔をこわばらせていた。

感想

★まさか、弓子と健一に関係があったとは…! 誰も想定してなかったのではないか。
今回は生方に弓子のことをペラペラ喋ってくれた阿相夫人が一瞬、良い人にさえ見えてきた。健一と阿相との関係はますます怪しい感じ。大事件に発展しなければいいが。
それにしても和樹の様子が気がかり。疑いは晴れたものの亜紀への態度の変わりようが尋常じゃない。一人で何を抱えているのか。亜紀はイイ子だった和樹のことは安心しきっていた。環境が変わってトラブル続きの自分のことで精一杯。そんな亜紀を近くで見ているからこそ和樹もイイ子だったのだろう。それでもせめて、そらには態度を変えないでほしかった。和樹が埋めていた数々の物はいったいどこで手に入れたんだろう。
とにかく弓子の狙いは何なのだろう? ハーメルン事件の犯人は? やっぱり弓子?
(みもざ 40歳)

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報