砂の塔の8話7話ネタバレ感想!ココリコ田中直樹・健一も過去に殺人?

      2016/11/27

ココリコ田中直樹・健一も過去に殺人?
「砂の塔〜知りすぎた隣人」の8話と7話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

砂の塔のロケ地やあらすじネタバレ原作・視聴率にキャストについて
かっこいい若手イケメン俳優・佐野勇斗(砂の塔・高野和樹)の彼女や学歴についてはこちら

予想・見どころ

★弓子が航平に渡した封筒には写真が。もしや、健一が弓子との子を殺めている映像が!? 弓子と健一の間に子供ができていて、弓子の代わりに健一がその子に手をかけた!? 和樹の写真が入賞した写真にはそらと亜紀の仲睦まじい親子写真が写っているのでは!? でも、荒又刑事の「母親に見えているのが、本当の息子の姿とは限らない」という言葉を聞くと和樹への不安が拭えない。毎回毎回、後味の悪い終わり方。一週間が長く感じて仕方がない。早く弓子の目的が知りたい。
(みもざ 40歳)

あらすじ

6話ネタバレと感想はこちら

亜紀は、面談の席で和樹が相変わらず授業をサボりがちで改善の兆しがないと聞く。担任から父親は来ないのかと聞かれるが、もう二度と会わないと言っていた弓子に健一が会っていたところを目撃した亜紀は、健一を拒絶。息子は自分ひとりで守ると虚勢を張る。
そんな中、亜紀は和樹の同級生・成美から和樹が撮った写真が入選し、次の日曜日に表彰式があることを知る。久しぶりの明るいニュースに心躍る亜紀は、表彰式に来ていくためのスーツを買ってやるが、和樹は部屋に引きこもったまま。亜紀は気持ちを奮い立たせて、表彰式に出席して欲しいと声をかけ続ける。
亜紀の必死の説得に、和樹はようやく明るい表情を見せ、表彰式に出席すると約束したのだが…その先には、思いがけない展開が待っていた!

一方、弓子から「あの夫婦の秘密」だと1通の封筒を渡された生方は、葛藤の末、思わず封筒を開けてしまう。そこに入っていたのは、ある一枚の写真。その後その写真を見た亜紀は、これまで積み上げてきた全てを完全に覆すほどの衝撃を受ける!
その頃、ハーメルン事件では5人目の被害者が発見される!失踪した子供達の秘められた共通点に気付いたのか、荒又刑事は意味深につぶやくのだった…「母親に見えているのが、本当の息子の姿とは限らない」。
いよいよ明らかになる隣人・弓子の真の目的と、壮絶な過去…
そして、それらはハーメルン事件と不気味な符合を見せていく!
物語はついに最終局面へ!
第7話、全ての謎が明らかになる!

※番組HPより引用

キャスト

高野亜紀・ 菅野美穂
生方航平・岩田剛典
阿相寛子・横山めぐみ
橋口梨乃・堀内敬子
尾野綾香・ホラン千秋
高野和樹・佐野勇斗
橋口成美・川津明日香
津久井琢己・上杉柊平
荒又秀美・光石研
高野健一・田中直樹
佐々木弓子・松嶋菜々子

ネタバレ

元恋人だったはずの弓子と旦那は元夫婦だった。しかも、連れ子の息子和樹は弓子の子供だった。

家庭を破壊し、かずきを取り戻そうとしていると感じ、子供たちを全力で守ると誓う亜紀。

一方、その和樹が学校を休み、不良とつるんでいたのは、いじめられて脅されていたからだった。

亜紀の熱意に和樹も答え、不良たちと縁を切るというが、要求されていた金が用意できなかったことから不良たちに暴行される。

もう殺されてしまうかというところでかずきを助ける弓子。

救急車で搬送される和樹の付き添いに弓子は母親を名乗り、宣戦布告をする。

感想

★弓子と健一は元夫婦だった! そして、和樹は弓子が生んだ子だったとは! 母・久美子が亜紀に言っていた「あんな大嘘」というのは、亜紀が和樹の本当の母ではないことを指すのだろうか?それともまだ隠された事実があるのか? 和樹が亜紀に事実の一部を打ち明けたものの、本当の苦しみまで打ち明けることはできなかった。そして窮地に最初に現れたのが弓子となってしまい残念。それにしても、弓子のあまりに毅然とした態度に悪い仲間たちは圧倒されるばかり。そして当然のように「母は私」だと言い切り、救急車に乗り込んでいく弓子。さすがに度胸が据わっている。和樹には亜紀を選んでほしい。
(みもざ 40歳)

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報