家政夫のミタゾノ2話1話ネタバレ感想!まさかの女装でパロディか

      2016/10/24

まさかの女装でパロディか?

「家政夫のミタゾノ」の2話と1話初回の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

家政夫のミタゾノのロケ地・あらすじネタバレ原作にキャストは?

予想・見どころ

★タイトルを見た時は何かの冗談かと思い、思わず公式サイトを見てしまいました。サイトのトップページも女装をしたTOKIOの松岡くんが… 逆にこんなことをされると何のドラマかが気になりはじめてあらすじや登場人物などを詳しくチェックしてしまいました。役とは言え、松岡くんが何で女装しているのか気になるのでとりあえず初回は絶対に見なければと思いました。 
ニックネーム→はな 年齢→31

★まずタイトルが衝撃的でちょっと笑えますよね。さらに主演がTOKIOの松岡さんということで興味を引かれています。一体どんなストーリー展開が待っているのかが楽しみです。ちょっと笑える設定ではありますがストーリー自体は凄くきちんとしたものだと聞いたので、そこも期待しています。
ぴーこ 32歳

あらすじ

 とある住宅街にある豪奢な一軒家――そこは現職都知事・小津鮫洋一郎(板尾創路)が家族とともに暮らす自宅。ある日そこに新しい家政婦がふたりやってくる。
 花田えみり(清水富美加)、そして思わず凝視してしまうほど大柄な女、三田園薫(松岡昌宏)。実は、三田園にはある秘密があった――そう、彼女は家政婦ではなく“家政夫”…。男性なのだ。
 小津鮫には妻の清美(赤間麻里子)、息子の直太朗(柾木玲弥)、娘の美帆(畑芽育)という家族が。彼らは一様にプライドが高く、そして三田園たちをバカにするような態度をとっていた。
 しかし三田園たちがまさに家事を開始しようとしたそのとき、小津鮫の運転手が誤って小津鮫のシャツにコーヒーをこぼしてしまう!「今日はどうしてもこのシャツでなくてはいけない」と怒り狂う小津鮫を横目に、三田園は救急箱と食器用洗剤であっと言う間にコーヒーのシミを消してしまう!それが結果的に、三田園の評価を上昇させることに…。
 その直前、実は小津鮫の元に「都知事選出馬を取り止めろ」という内容が書かれた脅迫状が届いていた。しかもどうやらこれが初めてではない様子。それを知った三田園はゴミ置き場に置かれたゴミ袋を漁り、小津鮫家の内情を探り始める…。
 ある日、清美から小津鮫への届け物を頼まれた三田園は、その中身をこっそり覗き見。すると、そこには30億円を超える不正献金と思しき裏帳簿が記されていた…。さらに、清美の衝撃的な秘密も知る三田園。次々明らかになる小津鮫家の闇を知り、三田園はある罠を仕掛け…。

※番組HPより引用

キャスト
三田園 薫(松岡昌宏)
花田えみり(清水富美加)
藤川 蘭(柴本 幸)
有沢春希(堀田 茜)
阿部真理亜(平田敦子)
結 頼子(余 貴美子)

ネタバレ

現職都知事・小津鮫洋一郎(板尾創路)が家族とともに暮らす豪奢な一軒家に新しい家政婦が二人やってくる。

 花田えみり(清水富美加)、そして女装をした大柄な女?三田園薫(松岡昌宏)。

今までも小津鮫家には何人もの家政婦がやってきたが、妻の清美(赤間麻里子)、息子の直太朗(柾木玲弥)、娘の美帆(畑芽育)の嫌がらせなどが原因ですぐに辞めては別の家政婦がやってきていた。

ミタゾノの初出勤日、運転手が誤って小津鮫のシャツにコーヒーをこぼしてしまう。

身につけるものにこだわりがある小津鮫は、「今日はどうしてもこのシャツでなくてはいけない」と怒り狂うが、ミタゾノはすぐに救急箱と食器用洗剤と掃除機で見事コーヒーのシミを消してしまった。

「痛み入ります。」というミタゾノの姿勢に小津鮫は上機嫌になり、ミタゾノの株も上がる。

 

実は小津鮫に「都知事選出馬を取り止めろ」という切り抜きで作られた脅迫状が何度も届いていた。

それを知ったミタゾノは小津鮫家のゴミ袋を漁り、内情を探り始めると、なんと美帆の捨てたゴミの中に脅迫状が入っていた。

美帆から嫌がらせを受けながらも立ち向かっているとミタゾノのカツラがずれ、男だとバレてしまうが、その脅迫状を理由に仲良くしましょうと迫るミタゾノ。
美帆は黙るしかなかった。

 

そんななか、清美から小津鮫への届け物を頼まれたミタゾノ。

封筒の封をハンディーアイロンの蒸気を使ってきれいに開けて中身を見てみると、中には鍵のかかった手帳が…。

うまく鍵も開け、中を見ると30億円を超える裏帳簿らしきものが記されていた。

さらに清美の万引き現場を発見したミタゾノ。
清美は何を言われるのかと思いきや小津鮫から家族で食事をしようとの誘いの言伝だった。

家族でレストランでの食事と喜ぶ清美だが、小津鮫の家族サービスで世間のイメージアップを図ろうとしていただけだった。

さらに美帆から小津鮫の定期的な箱根での不倫の事実を聞き、運転手を頼まれたミタゾノは不倫の証拠写真を取ろうと風呂場を覗くと、女とバスタブに札束を敷き詰めていたのだった。

 

ある日、都内の複数の大学で裏口入学の名簿が流出する。

こんなことしないと大学に入れないようなバカは惨めだという直太朗だが、小津鮫の表情が固くなる。

すぐに秘書に自分の名前が出ないように根回ししろと電話しているところを直太朗に聞かれてしまう。

自分も裏口入学だったことを知った直太朗は暴れ始める。

そんな時に小津鮫の携帯に清美の万引き現場の動画が添付されたメールが送られてきた。

怒り狂う小津鮫、清美が送信元をみて美帆のアドレスだと気付いた清美だが、携帯は部屋にあると言い両親を自室へ案内。

すると、美帆の机の上には携帯と小津鮫に送ろうとしていた脅迫状が…。

さらに週刊誌に愛人との密会現場の写真が載ったことを秘書から聞いた小津鮫は、リークしたのが美帆だと疑う。

美帆は「家が狭くてもみんな笑ってた頃の方がよかった」と言い、美帆の教育を責められた清美は「あんたの妻なんかなるんじゃなかった」と家を出て行く。

世間や上から叩かれ、知事の座を追われ何もかも失った小津鮫。
そこへミタゾノが「お風呂のカビは上層の汚れを落とさないと足元もきれいにならない」とアドバイス。

その言葉からヒントを得た小津鮫は、会見で幹事長と建設会社の裏金への関与を話した。

全て失い古く狭いアパートからリスタートすることになった小津鮫だが、その側には笑顔の家族がいるのだった。

感想

★とにかく松岡の女装が見事にハマっていて面白かった。松岡演じるミタゾノさんのプロ感と清水富美加ちゃん演じる純粋な家政婦との対比が面白く、これからこの二人がどのようになっていくのかも楽しみ。
ぷー 27歳

★まずはなぜ主人公が女装しているのかがこれから分かってくるとは思いますが、気になります。都知事一家ですが、最初はどうなるかと思いましたが、最後はハッピーエンドでよかったのではないかと思います。シミの取り方とか役に立ちそうなことも紹介されていたので、自分も試してみたくなりました。これがこれからの見どころの一つになってくると思うので楽しみです。
ニックネーム・tmm年齢28歳
 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報