家政夫のミタゾノ3話2話ネタバレ感想!痛み入りますがおもしろい

      2016/11/04

松岡昌宏の女装姿に痛み入ります。が不気味でおもしろい

「家政夫のミタゾノ」の3話と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

家政夫のミタゾノのロケ地・あらすじネタバレ原作にキャストは?

予想・見どころ

★来週からはまた新しいおうちへ行くミタゾノさんですが、またミタゾノさんの探偵ぶりが発揮されそうで楽しみです。そして、次回はミタゾノさんの女装は家政を依頼した女子アナに今度こそバレるかなーと予想しています。
ぷー 27歳

あらすじ

1話ネタバレと感想はこちら

『むすび家政婦紹介所』に依頼が舞い込み、三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣されることになる。その派遣先とは、なんと“キスパン”の愛称で人気を博している女性アナウンサーの木杉舞(小林涼子)の家だった!
 人気アナウンサーの家で働けることで浮かれるえみりだったが、世間のイメージからはだいぶかけ離れた舞の態度の悪さを目の当たりにすることに…。さらに独身だと思われていた彼女がふたりの子持ちだったことを知る!
 実は家政婦紹介所に仕事を依頼したのは同居する舞の母・登代子(山口智恵)。持病のヘルニアが悪化し、入院を余儀なくされた登代子が子どもたちの面倒を見られなくなることを懸念して家政婦を雇ったのだった。「そんな必要はない」と三田園たちを追い返そうとする舞。だが衣装にべっとりと付いてしまったガムを綺麗に取り去る、という三田園の鮮やかな家事テクニックに救われた舞は、「子どもたちのことは絶対に秘密にすること」を条件にふたりを雇い始める。
 さっそく仕事を開始するも、いつものごとく依頼主の家庭の秘密が気になる三田園。子どもの父親はいったい誰なのか――業務の傍ら秘密を探り始めると、徐々に木杉母子の闇が見え始める。そして舞の周囲に現れるストーカーらしき男の影が見え始め、さらには不気味なプレゼントまで届き…?
※番組HPより引用

キャスト
三田園 薫(松岡昌宏)
花田えみり(清水富美加)
藤川 蘭(柴本 幸)
有沢春希(堀田 茜)
阿部真理亜(平田敦子)
結 頼子(余 貴美子)

ネタバレ

『むすび家政婦紹介所』に木杉と名乗る女性から依頼が来た。

またもや三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が伝えられたアパートに向かうと子供達と、朝の情報番組に出演しお嫁さんにしたい女子アナNo.1の“キスパン”こと木杉舞(小林涼子)が現れる。

人気アナウンサーを前にはしゃぐえみりだが、キスパンは世間のイメージからはだいぶかけ離れた態度の悪さだったのだ。

さらに独身だと思われていた彼女は実はふたりの子持ちだった。

依頼した覚えはないと話すキスパン。
実は持病のヘルニアが悪化し、入院を余儀なくされた同居する舞の母・登代子(山口智恵)が子どもたちの面倒を見られなくなることを懸念して家政婦を雇ったのだった。

子持ちだとバレたら終わるというキスパンはミタゾノたちを追い返そうとする。

しかし、このあとすぐ使用する衣装にべっとりと付いたガムをミタゾノが油と食器用洗剤で綺麗に取り去ったことで、子どもたちのことは絶対に秘密にするという条件でミタゾノたちを雇うことに。

 

依頼主の家庭の秘密が気になるミタゾノ。
子供たちに外では他人のふりをさせ、授業参観には一切参加しない。さらに子供たちよりも広い衣装部屋をも散策する。

そんなころ、夢だった冠番組を持つ話が来たキスパンは邪魔になった子どもをイギリスへ留学させようとする。

なんとかやめさせたいミタゾノたちは子供たちの父親を探ることに。

すると、キスパンのストーカーらしき男が子供たちの誕生日に玄関にケーキを置いていったことにより、父親だということが発覚。

キスパンは、子供たちの父親である売れない俳優にストーカーのふりをさせ自分の株をあげていたのだ。

ミタゾノはキスパンの生放送に子供たちと彼らの父親を生放送に連れてきたことによってキスパンに子供がいることが世間にバレてしまう。

キスパンは仕事を失ってしまったが、子供たちと過ごす時間が増え、大切なものに気づくことができたのだった。

感想

★2話はミタゾノさんの探偵能力と家事テクがまたまた炸裂でした。特に、洋服についたガムを取る方法は私自身も聞いたことがなかったので、驚きました。主人公の女子アナは子供がいることがバレて仕事を失いましたが、他の大切な事に気付けて最後の冠のシーンは感動しました。

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報