スニッファー3話2話ネタバレ感想!ウルフルズトータス松本の演技は?

      2016/10/30

ウルフルズトータス松本の演技は?

「スニッファー 嗅覚捜査官」の3話と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

スニッファー嗅覚捜査官ロケ地・あらすじネタバレ原作・キャストは?

予想・見どころ

★キャストがやっぱり豪華!主演の二人(阿部さん、香川さん)もですけど、なにげに犯人役も。だれが出るのか今後の一つの楽しみでもあります。1話目の最後におそらく花岡の元妻と思われる人物が少し衝撃的な登場をしていてそちらも気になりますね。   
仁々 33歳

あらすじ

1話ネタバレと感想はこちら

第2回

総合:2016年10月29日(土)よる10時

(再放送)総合:2016年11月3日(木)午前1時25分【水曜深夜】

白昼オフィス街で起きた連続狙撃事件。遠く離れたビルの屋上から、ライフル銃で狙ったプロのスナイパーによる犯行だった。特殊嗅覚を持つ華岡信一郎(阿部寛)は、射撃現場の匂いから犯人は日本人と推定した。そしてわずかに残された花と土の香りから、事件の真相を探る。一方、小向刑事(香川照之)は聞き込みを続ける中、競技射撃の選手時代にチームメイトだった仙崎(トータス松本)が、渡米したまま行方不明であることを知る…。
※番組HPより引用

キャスト
華岡信一郎(阿部寛)
小向達郎(香川照之)
末永由紀(井川遥)
片山恵美(板谷由夏)
上辺一郎(野間口徹)
小向昌子(吉行和子)
第1回ゲスト:劇団ひとり(沼田秀夫役)

ネタバレ

会社社長、銀行頭取と財界の大物が相次いで殺された連続狙撃事件がおこる。

スニッファー・華岡(阿部寛)は現場に残る匂いから犯人は40代・男性の日本人と推測。

それらの情報から小向(香川照之)は、かつてオリンピックの強化合宿で同部屋であったライフルの名手・仙崎(トータス松本)の存在を思い出す。

その後の捜索で小向は、仙崎が不可解な事故でひとり娘を亡くしたことを知るが、事故が仙崎が殺した被害者の起こした人災で、その事実が隠蔽されていたことが分かる。

娘の事故に関わった最後の1人、大倉を狙う仙崎。

しかし小向と華岡は間一髪で大倉の殺害を阻止する。

追い詰められた仙崎はかつて自分の娘が殺された日と同じ濃い霧の中、華岡と小向の説得を受け入れ復讐を諦める。

感想

★第1話に比べて華岡と小向のコンビネーションがさえてきた印象。1話は小向が足を引っ張ってるんじゃ・・・なんて気もしなくもないですが、今回は大活躍です。ただ1話2話とも虐げられた弱者が強者に復讐する、実は犯人はいい人っていう設定が続いたので、今後はただの愉快犯であったり、さらに複雑な背景をもった事件を華岡と小向が力を合わせて解決していくところも見てみたいです。
仁 33

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報