IQ246の3話ネタバレ感想!観月ありさの衣装もきれい!

      2016/12/27

観月ありさの衣装もきれい!

「IQ246~華麗なる事件簿〜」の4話と3話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

IQ246ロケ地やあらすじネタバレ原作に中谷美紀等キャスト情報
矢野聖人がIQ246の足利尊氏!彼女やジャニーズを辞めた理由はこちら

予想・見どころ

★賢正を中心としたストーリー。沙羅駆の妹・瞳と奏子を迎えに行った先のマッサージサロンで賢正の高校の同級生・美晴と再会。賢正は当時、美晴に好意を寄せていたのだろう。そのため、美晴の夫と夫と金銭上のトラブルがあった下村が殺害された件に出くわしても賢正は冷静な判断ができない。そのため、美晴に疑念を持つ沙羅駆と初めて衝突してしまう。今回は美晴が「13」からメールを受信している模様。すると夫の保険金や資産目的で美晴が下村をそそのかして下村に夫を殺害させ、メールに応じて美晴が下村を殺害したのか。そして「13」の正体はまた少し明らかになるかも。
ミモザ 39歳

あらすじ

2話ネタバレと感想はこちら

沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店で女磨きに励む瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行った先で、賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会する。
美晴は近頃カリスマ主婦モデルとして活躍しており、しかも夫は不動産会社を経営するやり手の社長・滝乃川隆文(高木渉)ということで、世間の女性たちがうらやむセレブ生活を送っていた。

久々の再会に、お互い感慨深げに喜ぶ賢正と美晴。二人は近いうちにまた会おうと連絡先を交わして互いにその場を後にする。

ところが、数日経ったある夜。美晴の夫・隆文が自宅の書斎で刺殺される事件が起こる。犯人は隆文との間で金銭トラブルを起こしていた工場の経営者・下村辰也(岡田浩暉)で、なんと下村も隆文の傍らで頭から血を流して絶命していた。第一発見者である美晴の証言と現場の状況証拠から、事件は隆文を逆恨みした下村が滝乃川家に侵入し、隆文に襲い掛かって刺殺。その際もみ合った拍子に下村も花瓶で頭を殴られて死亡したと判断される。

自宅で巻き起こった突然の悲劇により幸せなセレブ生活が一変する美晴の身を案じる賢正。しかし、沙羅駆は美晴の不可解な言動に疑念を抱き始める……。
そんな沙羅駆に対し賢正は美晴を擁護。美晴を巡り、沙羅駆と賢正との間に亀裂が生まれてしまう。
※番組HPより引用

キャスト
法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田裕二)
和藤奏子(土屋太鳳)
賢正(ディーン・フジオカ)
森本朋美(中谷美紀)
宮尾俊太郎
真飛 聖
矢野聖人
篠井英介
寺島 進

ネタバレ

【IQ246 第三話ネタバレ】
沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)が瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行くと、カリスマ主婦モデルで賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と偶然再会する。

美晴の夫は不動産会社を経営するやり手の社長・滝乃川隆文(高木渉)で、セレブ生活を送る中、実は夫と秘書との浮気に気づいていた美晴。

仕掛けていた盗聴器に耳を傾けていると美晴と離婚するとまで言い出したのだ。

そこで夫殺しを計画した美晴は、隆文との間で金銭トラブルを起こしていた工場の経営者・下村辰也(岡田浩暉)に夫を刺殺するよう仕向ける。

作戦実行の日、夫を刺した下村を近くのツボで殴り殺した美晴は、目撃者を装い賢正に連絡する。

しかし、現場を見た沙羅駆は美晴の不可解な言動に疑念を抱き始める。

そんな沙羅駆に対し賢正は美晴を擁護。美晴を巡り、沙羅駆と賢正との間に亀裂が生まれてしまう。

が、これは全て真相を明らかにするための沙羅駆と賢正の芝居だった。
奏子ですらすっかり騙されてしまう始末。

賢正は出会ったばかりの頃の美晴に戻ってほしいと願いつつ美晴の味方になった振りをする。

しかしお金しか信じられなくなった美晴は自己の利益のために更に犯行を重ね、その場で沙羅駆に真相を明らかにされてしまう。

最後まで美晴を信じたかった賢正の哀しみを感じ、沙羅駆は賢正を思いやる。

感想

今回はセレブ生活を送るカリスマ主婦モデルで賢正の高校の同級生・美晴の事件。何より驚いたのは美晴に殺人をけしかけられた下村役の岡田浩暉の白熱の演技とメイクだ。最初誰だか分からなかった。時に甘い言葉をささやくような役もやっているのに、今回はどう見ても生活に疲れ果てた下請けのおじさんにしか見えない。事件自体はよくある話で手口もありきたり。賢正の沙羅駆を裏切るこ芝居に単純な奏子は簡単にすっかり騙されてしまう。奏子のまっすぐで一生懸命な様子は演じる土屋太鳳ちゃんのキャラクターとリンクする。それにしても、美晴が賢正に対する言葉や態度は女なら誰でもやれることだと思うが、男はみんながみんな鵜呑みにしてしまうのだろうか。男性のみなさん、くれぐれも気を付けてほしい。
ミモザ 39歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報