レディダヴィンチの診断7話6話ネタバレ感想!高杉は俳優・小林且弥!

      2016/11/19

高杉役の俳優は小林且弥でかっこいい!

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

レディダヴィンチの診断ロケ地・あらすじネタバレ原作にキャストは?

予想・見どころ

★志帆の身の周りを嗅ぎ回る雪野ですが、次回はそんな雪野を志帆が救う。
雪野と因縁がある患者を志帆のアドバイスで救い、雪野は汚名返上する。
そろそろ志帆の不可解な行動の真相がわかってくるのでは?
あき 32歳

あらすじ

レディダヴィンチの診断5話ネタバレ感想!

志帆(吉田 羊)が姿の見えない相手に話しかけている様子を目撃した雪野(相武紗季)は、その理由を考えるが答えは見つからない。そんななか、北畠(高橋克典)から「誰でもあるでしょ。触れられたくない過去の一つや二つ」と、それとなくくぎをさされた雪野は、一年前、自身に起きた出来事を思い返していた。

そこへ、地元選出の国会議員・北村英一郎(飯田基祐)の妻・詩織(高橋かおり)が急性心不全で運ばれてくる。
詩織は、一年前に雪野が心臓血管外科を追い出されるきっかけとなった患者で、当時、雪野と高杉(小林且弥)がそれぞれ手術を行うも症状は改善せず、夫の北村は、その原因を雪野の手術が失敗したせいだと考えていた。執刀医の雪野は完璧な手術だったと主張するが、結局、病院側は失敗とみなし、雪野は責任を取る形で解析診断部へ異動させられていた――。

やがて、一命を取りとめた詩織を診察することになった解析診断部。ところが、雪野はこの機会に自身の汚名を返上しようと必死で、志帆たちの言葉が耳に入らない。一方の志帆は、詩織がお湯の入ったカップに触れた途端にビクッと反応したことが気になっていたが、その矢先、雪野の処置が原因で詩織が急性呼吸不全を発症。怒りに震える北村から、「こんなのは殺人と同じだ!」と怒鳴られた雪野はショックを受ける。

さらにこの一件で、葉子(伊藤 蘭)も今後の治療から雪野を外すことを決めるが、志帆はそれに反対。一緒に診断をやり直すべきだという志帆の言葉に勇気づけられた雪野は、「患者さんを救うためなら何でもします」と決意を新たにして……。

※番組HPより引用

キャスト

橘志帆(吉田 羊)
新田雪野(相武紗季)
田丸綾香(吉岡里帆)
里見藍(白鳥久美子(たんぽぽ))
美希(堀内敬子)
植松結衣(滝沢沙織)
村上夏海(笛木優子)
宮部航平(庄野崎謙)
高杉祐樹(小林且弥)
藤本修二(池岡亮介)
渡辺弘(五十嵐健人)
増山宏太(五十嵐陽向)
岩倉葉子(伊藤 蘭)
佐々木進也(戸次重幸)
北畠昌幸(高橋克典)

ネタバレ

追記します

感想

★過去に医療ミスで訴えられた患者が治療にきます。治療は完璧でしかも同じ手術を2回もしているのによくありません。このドラマを見ていると医者でも原因不明の病がいろいろとあるのだと痛感します。あの手この手で解決していくのも大変ですね。  
まっつー25歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報