逃げるは恥だが役に立つ6話ネタバレ感想!元カレは小柳友(カヲル)

      2016/12/26

みくりの元カレは小柳友(カヲル)

みくりの料理レシピは全てクックパッドか?

逃げ恥こと「逃げるは恥だが役に立つ」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

逃げるは恥だが役に立つロケ地・あらすじネタバレ原作に出演者は?

予想・見どころ

★百合の計らいで、2人は新婚旅行に行くことになりました。百合はもちろん同じベッドで寝るプランを予約しています。2人は仕方なく同じ布団に入りますが、緊張して一睡もできないのではないでしょうか。しかし2人の関係は徐々に近づいて行くと思います。 
haru 25

あらすじ

逃げるは恥だが役に立つ5話ネタバレ感想はこちら

「ハグの日」の制定により、恋人っぽい空気をかもし出すことに慣れてきたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。スキンシップのおかげもあり、2人の日常には平和なムードが漂っていた。

ある日、社内でのセクハラ&パワハラ疑惑が噂され、怒り心頭の百合(石田ゆり子)が津崎家に襲来。愚痴大会になるかと思いきや、みくりと津崎の関係を心配するあまり、2人のためにペアの宿泊旅行券を手に入れたという。“旅行”という言葉に当初戸惑っていた2人だったが、姪っ子想いの百合の優しさを無駄に出来ず、“新婚旅行”と言う名の“社員旅行”へ出かけることに。

家から出て開放的な気分で旅館に訪れた2人だったが、訪れた温泉旅館で用意されていたのは、なんと夫婦やカップルで寝るのに最良なダブルベッド…。ひとつ屋根の下に暮らしているとはいえ、別々の部屋で寝てきたみくりと津崎は大慌て!そんな突然のアクシデントにも温厚に対応する真面目な津崎の姿に、みくりは昔交際していた元カレ・カヲル(小柳 友)を思い出していた。津崎とは正反対のタイプで、価値観が合わずに振られた思い出が脳裏をよぎる。すると、みくりの目線の先に見覚えのある男の姿が…。

みくりと長い時間一緒に過ごし、恋人疑似体験を味わうことが心地よくなってきた津崎。一方で、結婚の提案も恋人になる提案も、いつも自分からばかり発信しているみくりは、2人の関係に対し疲れと諦めを感じ始めていた…

※番組HPより引用

キャスト

新垣結衣
星野源
大谷亮平
藤井隆
真野恵里菜
成田凌
山賀琴子
宇梶剛士
富田靖子
古田新太
石田ゆり子

ネタバレ

【慰安旅行という名の新婚旅行】 

 みくりは平匡がパジャマ姿でリビングに出てくるようになったことに、喜びを感じていました。そしてソファに二人並んで座れるようになり、平穏な気持ちになりました。会社でパワハラ発言をしたと訴えられた百合は、みくりの家を訪れます。そしてナツキに「イケメンよね」と発言したことについて、柚が訴えたと文句を言います。しかし百合の用事はそれだけではありませんでした。百合は貯めたポイントを使って、平匡とみくりにペア旅行をプレゼントしたのです。2人は仕方なく旅行に行くことにしました。

 次の日、そのことを安恵に話したみくりは、新しい下着を買うよう助言されます。同じ頃、秀司に旅行のことを話していた平匡は、夜眠れるか心配だと打ち明けます。秀司は良いものをあげると声をかけました。その会話を頼綱がこっそり聞いていました。

 京都旅行を楽しんだ2人は、宿に来て驚きます。ツインを頼んだはずが、宿泊する部屋はダブルベッドだったのです。どうやら百合が気を利かせていたようです。ホテルの従業員にかけ合ってみますが、あいにくツインの部屋は埋まっています。すぐに引き下がる平匡を見て、みくりは「元カレなら文句を言っていたな」と思いに更けます。その時、従業員に文句を言っている男性の声がしました。ふと見ると、それはそのみくりの元カレでした。みくりは絶句します。

 みくりが居ない間に秀司からもらったものを見た平匡は、驚きます。それは精力剤だったのです。慌てた平匡はベッドの下に隠しますが、怪しんだみくりはベッドの下を覗こうとします。とっさに平匡は虫だと嘘をつきました。動揺したみくりは足を滑らせて後ろに倒れます。それを支えようとした平匡も足を滑らせ、平匡はみくりを覆うように倒れ、焦ります。

 空調の調子が悪くなり、2人は客室露天風呂付の部屋に泊まることになりました。そこへ仲居が「先ほどの部屋に忘れ物がありました」と精力剤を包んで持ってきました。平匡は動揺を隠しきれません。みくりは「せっかくの客室露天風呂に入りたい」と言いますが、平匡は受け入れられません。落ち込んだみくりは、百合のお土産を買いに売店に来ました。遠くで元カレカップルがイチャイチャしています。みくりはその姿に、少し嫉妬しました。

 百合はナツキからアドバイスを求められていました。ナツキは「セクハラはないと言っておきました」と付箋を貼って行きます。百合は胸を撫で下ろしました。夕食の際、みくりは平匡から「みくりさんの作る料理が大好き」と言われ、先ほどのショックが吹き飛んで行きました。一方、百合は頼綱とバーで飲んでいました。そこへ涼太がやって来ます。百合は2人が新婚旅行へ行っていると言って、涼太に証拠の写真を見せました。

 その頃、みくりはうっかり平匡の鞄を蹴飛ばし、精力剤を見つけてしまいました。みくりは動揺しながらも意を決します。みくりは安恵の助言通り、下着を新調していたのでした。みくりがお風呂から上がると、平匡はすでにベッドに入っていました。みくりも隣へ入ります。背中を向ける平匡をみくりがそっと触ろうとすると、平匡が寝返りを打ちました。みくりは慌てて目を瞑ります。寝付けない平匡は耳栓とアイマスクを着用して、みくりの気配を絶ちました。

 次の日、無事寝付けた平匡は、静かに喜んでいました。反対にみくりは、いつも自分が一方的に要求していることに疲れを感じていました。朝食中、みくりは元カレに気づかれます。元カレはみくりの過去を掘り下げ文句を言い始めました。平匡は部屋へと戻って行ってしまいました。その頃、出社中の百合は涼太に昨日のことを謝りました。涼太は百合に「何を求めているのだろう」と呟きました。

帰りの電車で、みくりは「平匡さんに何を求めているんだろう」と分からなくなっていました。みくりは元カレに文句を言われたとき、平匡が言い返してくれると思っていた分、ショックを受けていたのです。しかし平匡は、文句を言う元カレよりもみくりのことを知っていると確信し、誇らしくなっていました。2人は心の中で「このまま着かなければいいのに」と思っていました。電車が着き、降りようとしたみくりの手を取った平匡は、みくりにキスをしました。

感想

★新婚旅行と言ういつもと違う環境なので、何か進展があるのかと思いきや、それぞれが自分の想いと向き合った旅行となりました。しかしそれは、2人にとって必要な時間だったのだと思います。最後にキスをしたのは、平匡が男を見せた瞬間でした。百合は涼太と恋に発展するのかと思っていましたが、案外話の合う頼綱もお似合いなのではと期待してしまいました。
haru 25

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,