コピーフェイス2話ネタバレ感想!和花(のどか)の整形前は西原亜希

      2016/12/27

和花(のどか)の整形前は西原亜希!

「コピーフェイス〜消された私〜」の3話と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

コピーフェイスのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて

予想・見どころ

★記憶を取り戻し、衝撃を受けた和花。しかしこれはチャンスかもしれないと編集長と話し合い芙有子として潜入捜査を開始する。
しかし、あまりの人格の変わり様に不信に思う夫は、お前は誰だ?と和花につめ寄る。
あき 32

あらすじ

1話ネタバレと感想はこちら

第2回「私を捨てた日」

総合:2016年11月25日(金)よる10時

(再放送)総合:2016年11月29日(火)午後3時10分

衝撃の事実を思い出した和花(栗山千明)だが、そのまま芙有子のふりをして朝倉家に潜入する決意をする。まず雑誌編集者の橘(鶴見辰吾)に会い、ことの経緯を告げ協力を仰ぐ。一方、朝倉医院では和花の復活を宣伝材料にする動きが持ち上がり、和花も取材のためその企てに乗る。夫の柊二(佐藤隆太)は妻の変化に愛情を取り戻してゆくかにみえた。二人の心が通いかけた時、和花のもとに医院の被害者を名乗る電話がかかってきて…。
※番組HPより引用

キャスト
栗山千明
佐藤隆太
西原亜希
中川江奈
玉置玲央
寺田農
田島令子
芦名星
鶴見辰吾

ネタバレ

和花は全てを思い出すが、全く身に覚えのないことで責められたことなど色々と許せない気持ちだった。

編集長に会いに行くが、最初は全く信じてもらえない。しかし、自分のパソコンのパスワードを見事解いたことからやっと信用して貰えた和花は、このまま芙有子として朝倉家に残り潜入捜査すると言い出した。

一方、あの事故から飛行機を見るとパニックを起こすようになった娘を優しく抱きしめる和花。それを見ていた祖母は、芙有子は本当に変わったと柊二に話す。

また、お腹が空いたという娘の為におやつとして一緒にたこ焼きを作っている様子をたまたま帰宅した柊二が見て衝撃を受ける。
その後団欒しながらたこ焼きを食べると幸せな気持ちになる柊二だった。

潜入捜査を続ける和花は柊二がかつて建築家だったことを知る。かつてはお金にならない仕事だと芙有子にバカにされ続けたが、和花はお金にならなくたって夢だったならいいじゃないと正反対のことを言い出す。
そんな和花に柊二は少しずつ惹かれ始める。

一方、朝倉クリニックの医療ミスの被害者・山本明日香と連絡が取れた和花。
事情をきくと、芙有子に二度と会いたくないから取材は受けたくないと言われ衝撃を受けるのだった。

感想

★和花の優しさや家庭的な姿に惹かれ始めている柊二をみていると、背中を押したくなりました。
たこ焼きを一緒に食べるところなんかはとてもほっこりして、これならきっとやり直せるよ!と思いました。
あき 32

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報