コピーフェイス4話ネタバレ感想!医師島本の医療ミスで患者死亡?

      2016/12/30

画像引用元: https://www.google.co.jp/amp/music-book.jp/amp/news/128879
 

オペをしなくなった医師島本の医療ミスで患者死亡か?
 

「コピーフェイス〜消された私〜」の5話と4話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

コピーフェイスのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて
 

予想・見どころ

 

★医療ミスで死んだ患者のことについてが気になります。不倫相手も明らかになりそうですが、弟との不倫だったのではないでしょうか?
あき 32
 

あらすじ

 

3話ネタバレと感想はこちら
 

第4回「許されぬ裏切り」

総合:2016年12月9日(金)よる10時

(再放送)総合:2016年12月13日(火)午後3時10分

芙有子のパソコンから、朝倉医院で医療過誤による死者が出ていることを突き止めた和花(栗山千明)。更に、柊二(佐藤隆太)が事件に関与していないことを確信する。一方、柊二は弟・洋人(玉置玲央)のために新しい治療法を成功させようとしているが、その問題点に気づき始める。和花は死亡事故の調査を進めるが、その中で、洋人に関する重大な事実を知る…。

※番組HPより引用

 

キャスト
 

栗山千明

佐藤隆太

西原亜希

中川江奈

玉置玲央

寺田農

田島令子

芦名星

鶴見辰吾
 

ネタバレ

 

芙有子のパソコンには不倫相手とのチャットのやりとりが残っていた。
 

相手からのメッセージに死亡事故が起こってしまったことが残っていたことから、
芙有子の相手は病院関係者だと確信した和花は島本ではないかと近づくが、なんと相手は柊二の弟の洋人だった。
 

また、柊二は柊二で洋人が日本未承認薬を使っていたことを突き止め、洋人を問いただす。
 

柊二の言動から病院の悪事に柊二が一切関わっていないことを知った和花は柊二を守りたいと愛してしまったことを編集長に告げる。
 

記憶が蘇ったと偽り、洋人を呼び出した和花だが、どうも以前と違う芙有子に違和感を感じた洋人の罠にかかる。
 

芙有子は別人だと確信した洋人は、顧問弁護士に飛行機事故の被害者リストの調査依頼をする。

 

感想

 

★やはり芙有子の相手は弟でした。和花が柊二に惹かれていく様子が良いです。どうか柊二と由麻と幸せになってほしいと思います。
あき 32

 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報