コピーフェイス3話ネタバレ感想!被害者・山本明日香は安藤玉恵

      2016/12/27

被害者・山本明日香は安藤玉恵!

「コピーフェイス〜消された私〜」の4話と3話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

コピーフェイスのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて

予想・見どころ

★相変わらず潜入捜査を続ける和花ですが、まるで正反対のように性格が変わった妻を柊二はだんだん愛おしく感じ始める。
予告では朝倉クリニックで死亡者が出ていたようなので、そのあたりを調べて行くと思います。
あき 32

あらすじ

2話ネタバレと感想はこちら

第3回「二人の距離」

総合:2016年12月2日(金)よる10時

(再放送)総合:2016年12月6日(火)午後3時10分

潜入取材を続ける和花(栗山千明)は、芙有子の遺品のパソコンを発見し、橘(鶴見辰吾)にパスワードの解除を依頼。一方、柊二(佐藤隆太)はそんな和花の行動をいぶかしく思いながらも、性格の変わった彼女に引かれ始めている。和花は朝倉医院に忍び込み、患者の同意書を手に入れる。更に被害者とされる明日香(安藤玉恵)への取材約束を取り付けた。そんな中、娘の由麻が熱を出す。夜通しで看病する和花と柊二の距離は縮まり…。
※番組HPより引用

キャスト
栗山千明
佐藤隆太
西原亜希
中川江奈
玉置玲央
寺田農
田島令子
芦名星
鶴見辰吾

ネタバレ

潜入取材を続ける和花(栗山千明)は、朝倉医院で色々と探っていた。

そんななか、以前は大きなオペも担当していたという医師・島本がオペをしなくなったことを知った和花はそのことがひっかかり編集長の橘に調査と遺品から見つかった芙有子のパソコンのパスワードの解除を依頼する。

病院を探る和花の行動に違和感を感じつつも性格が変わった妻に柊二(佐藤隆太)は惹かれ始めていた。

デルカミドという日本未承認薬が使用されていたことを突き止めた和花は、整形手術による医療ミスの被害者・山本明日香(安藤玉恵)との取材を取り付ける。

一方、母親に育児放棄され養護施設で育った和花は娘の由麻への接し方が不安だと柊二に話す。

「ずっとそう思ってたなら言ってくれたらよかったのに…」柊二が和花に話しかけると由麻が熱を出したと知らせが入る。

夜通しで看病する和花と柊二の距離は縮まり、柊二は和花にキスをする。

芙有子のパソコンのパスワードを解除した橘からの連絡で朝倉医院で人が死んでいることが発覚。

山本からは、やはり取材は受けられないと連絡が入る。

感想

★潜入捜査は見ていてとにかくハラハラドキドキします。医療ミスが暴かれて行くところも面白いですが、由麻と向き合うことで和花や柊二の芙有子への心も変わって行くところがおもしろいです。
あき 32

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報