逃げるは恥だが役に立つ8話ネタバレ感想!石田ゆり子・百合が綺麗

      2016/12/26

石田ゆり子・百合ちゃんが綺麗!

逃げ恥こと「逃げるは恥だが役に立つ」の9話と8話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

逃げるは恥だが役に立つロケ地・あらすじネタバレ原作に出演者は?
大谷亮平の経歴や彼女・結婚の噂は?髪型・服もかっこいいと韓国で人気
真野恵里菜が逃げ恥やっさんで彼氏・性格は?元ハロプロ女優が可愛い
成田凌が逃げ恥・梅原ナツキ役で彼女の噂は?かっこいい若手注目俳優

予想・見どころ

★平匡と一緒にいることに恥ずかしさを感じたみくりは、両親の暮らす田舎へと向かうことを決めました。しかしきっちりとしたみくりなので、数日分のご飯を作り置きしたり、たくさんのシャツにアイロンをあてておいたりと、用意周到で出て行くと思います。平匡がどんな行動に出るのか、楽しみです。 
haru 25

あらすじ

逃げるは恥だが役に立つ7話ネタバレ感想はこちら

みくり(新垣結衣)が突然、家からいなくなった。みくりに対して拒絶をするような態度をとってしまったことが原因だと考え、困惑する津崎(星野源)。会社では、勘の鋭い沼田(古田新太)に2人の関係について核心をつかれそうになり、悩ましい一人の日々が続く。

また、みくりに家事代行に来てもらっている風見(大谷亮平)も、仲の良い百合(石田ゆり子)もみくりの行方を知らない様子だった。

ある日津崎は、日野(藤井隆)に飲み会に誘われ、ひょんなことから風見とみくりのことについて言い合いになり、珍しく感情的になってしまう…。

※番組HPより引用

キャスト

新垣結衣
星野源
大谷亮平
藤井隆
真野恵里菜
成田凌
山賀琴子
宇梶剛士
富田靖子
古田新太
石田ゆり子

ネタバレ

【距離を置いて気づいた思い】

平匡がここ数日、弁当を持って出社しないことに、頼綱と秀司は不信感を抱きます。

みくりは数日前、突然姿を消したのです。百合はみくりに電話をかけます。みくりは両親のもとへ身を寄せていました。

自分の言動を恥じたみくりは、数日間、平匡と一定の距離を保ち、慎重に働くことを心に決め、過ごしていました。

そんな時、みくりの母・桜が足を骨折したと電話が入り、みくりは両親の暮らす田舎へと向かうことを決めたのです。

逃げる口実になったと、みくりは心の片隅で喜んでいました。
 

動けない桜の代わりに、父・栃男が家事をします。

慣れない家事に手こずる栃男に、桜はダメ出しの連続です。

一方、百合の会社では、同僚の産休が決まりました。

百合は「私の分まで産んでくれてありがとう」と嫉妬どころか感謝の言葉を述べました。

百合は福利厚生があるということは、会社が安泰な証拠だと言い聞かせます。

その頃、頼綱は、社長に会社の現状を尋ねます。

得意先が買収されると、平匡や頼綱の会社は売り上げが4割も減ってしまうのです。

社長は「ヤバかったら、リストラぐらいはすると思う」と言い、頼綱に内密にするよう伝えます。
 

昼休み、平匡は母から孫の催促メールが届きました。

しかしスタートラインにすら立てていない平匡は、心の中で母に謝りました。

その頃、みくりは田舎で仕事を探し始めました。目にしたのは選挙のポスターでした。

みくりは「この手があったか」と閃きます。

みくりの家には、兄夫婦もやって来ました。

栃男は「平匡さんも呼ぼう」と言いますが、みくりは大反対です。

自己肯定感の高い、栃男や兄を見て、みくりは自尊感情の低い平匡と過ごすことに、改めて疲れを感じました。

みくりは、市議会議員を目指したいと宣言します。それを聞いた女性陣は、働く女性の育児について討論会を始めました。

最終的に討論会は「男も子どもを産めるようになればいい」という無茶な結論に至りました。

 
退社後、涼太と頼綱と秀司は飲みに来ていました。

秀司は、残業する平匡を電話で誘います。

平匡が合流すると、話は涼太の家事代行が休みを取ったことに変わりました。

涼太は「彼女は自分の言動に責任を持つ人。詳しくは知らないけれど、よっぽどの理由があるのでは」と平匡を見ます。

平匡は「知らないなら何も言わないで」と返します。

「津崎さんより僕の方が、彼女のことを知っているかもしれない」と言う涼太に、平匡は「僕とあなたは根本的に違う」と言い放ちました。

泥酔した平匡を迎えに、百合がやって来ました。涼太も助手席に乗り込みます。
 

みくりは桜に「父に厳しすぎない?」と声をかけます。

桜は、自分が先に死んでも父が困らないようにと、あえて厳しくしていたのです。

桜は「意思がないと続かないのは、仕事も家庭も同じ」と言いました。

百合の車の中で、涼太は過去にも女性に「私と風見君は全然違う」と言われたことを話します。

涼太が「自分ばかり見ている彼女に、何を言えばよかったんだろう」と呟くのを、目を覚ました平匡が聞いていました。

帰宅した平匡は、みくりが作り置きした晩ごはんを食べ始めました。

みくりがどんな思いでこれらを作ったのか、どんな思いでここを出て行ったのか…平匡はこれまで、自分の思いでいっぱいでみくりの料理に手を付けていなかったことを後悔しました。

 
次の日、桜はみくりに「ずっといても良いのよ」と声をかけました。

その後みくりのもとに、平匡から連絡が入りました。

平匡は、拒絶されたみくりの気持ちを考えていなかったことを謝りました。

みくりは「もう一度会って話がしたい」と話しました。

平匡は「会います!すぐ近くにいます!会って火曜の分もハグを!」と言い、駆けだしました。

しかしみくりは今マンションの前に、平匡はみくりの実家に到着していました。

平匡の「明日には帰ります」というメールに、みくりは「待っています」と返し、笑顔を浮かべました。

感想

★みくりが職場放棄してしまうことから、どうなっていくのだろう…もしかして涼太がみくりを略奪するのかな…と嫌な想像ばかりしていましたが、2人の絆は想像以上にしっかりとしていたようです。最後の「会って火曜の分もハグを!」にはキュンとしてしまいました。
haru 25

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,