IQ246の8話ネタバレ感想!稲垣吾郎(牛田)の衣装もかっこいい

      2016/12/27

稲垣吾郎(牛田)の衣装もかっこいい「IQ246~華麗なる事件簿〜」の9話と8話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

IQ246ロケ地やあらすじネタバレ原作に中谷美紀等キャスト情報
矢野聖人がIQ246の足利尊氏!彼女やジャニーズを辞めた理由はこちら
宮尾俊太郎がIQ246刑事・山田次郎!彼女・結婚や年収(ギャラ)は?

予想・見どころ

★次回はなんと沙羅駆が殺人の疑いを容疑をかけられ逮捕されてしまうらしい。そして沙羅駆を取り調べるのが稲垣吾郎演じる警視庁捜査一課管理官・牛田。二人の間には過去に因縁があるらしい。牛田の取り調べはネチネチと厳しそう。まあ、沙羅駆にはなんてこともないだろうが。ここは奏子と賢正の出番。上から事件への関与を禁じられようが、凸凹コンビながら二人で協力して沙羅駆の無罪を証明してほしい。いや、証明するはず。
(みもざ 40歳)

あらすじ

7話ネタバレと感想はこちら

沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。“マリアT”が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまう。

そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発が起こり爆発跡からその家の住人でフリーライターの九鬼(小島康志)という男が刺殺体で発見される。現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、そのうえ周辺の目撃情報からも沙羅駆を見たとの証言が多数あがり、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。茫然とする奏子や賢正(ディーン・フジオカ)をよそに、警察に拘留されても一人落ち着き払い飄々とした態度の沙羅駆。殺された九鬼はスキャンダルをネタに金を要求するいわゆる“ブラックジャーナリスト”で、実は沙羅駆についても告発記事を執筆し週刊誌に発表する予定だったことが判明。それにより二人の繋がりも見つかり、警察では益々沙羅駆への容疑が深まっていく。

そんな中、奏子は沙羅駆の無実を主張し、真犯人を見つけ出そうとするが、捜査本部からは事件への関与を禁じられてしまう。

一方、捜査本部では捜査を指揮する警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、沙羅駆に対し九鬼殺しの容疑者としてだけではなく、これまでのマリアTが黒幕だった一連の殺人事件の真の首謀者ではないかという疑惑を向けていた。実は牛田と沙羅駆は8年前、牛田が指揮を執っていたある事件から続く因縁があったのだ。その事件で沙羅駆に苦い経験を味合わされた牛田は、沙羅駆の人並み外れた頭脳に関して身をもって知るがゆえに、沙羅駆であればその叡智を駆使して犯罪を操ることは可能だと考え、沙羅駆が犯罪者だと固執。沙羅駆は牛田から取調べを受けることになり、二人は運命の再会を果たす。

その頃、捜査への関与を禁じられていた奏子は独自に捜査を始めるが……。
※番組HPより引用

キャスト
法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田裕二)
和藤奏子(土屋太鳳)
賢正(ディーン・フジオカ)
森本朋美(中谷美紀)
宮尾俊太郎
真飛 聖
矢野聖人
篠井英介
寺島 進

ネタバレ

沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。

“マリアT”が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまう。
 

そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発が起こり爆発跡からその家の住人でフリーライターの九鬼(小島康志)という男が刺殺体で発見される。

現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、そのうえ周辺の目撃情報からも沙羅駆を見たとの証言が多数あがり、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。

茫然とする奏子や賢正(ディーン・フジオカ)をよそに、警察に拘留されても一人落ち着き払い飄々とした態度の沙羅駆。

殺された九鬼はスキャンダルをネタに金を要求するいわゆる“ブラックジャーナリスト”で、実は沙羅駆についても告発記事を執筆し週刊誌に発表する予定だったことが判明。

それにより二人の繋がりも見つかり、警察では益々沙羅駆への容疑が深まっていく。

 
そんな中、奏子は沙羅駆の無実を主張し、真犯人を見つけ出そうとするが、捜査本部からは事件への関与を禁じられてしまう。
 

一方、捜査本部では捜査を指揮する警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、沙羅駆に対し九鬼殺しの容疑者としてだけではなく、これまでのマリアTが黒幕だった一連の殺人事件の真の首謀者ではないかという疑惑を向けていた。

実は牛田と沙羅駆は8年前、牛田が指揮を執っていたある事件から続く因縁があったのだ。

その事件で沙羅駆に苦い経験を味合わされた牛田は、沙羅駆の人並み外れた頭脳に関して身をもって知るがゆえに、沙羅駆であればその叡智を駆使して犯罪を操ることは可能だと考え、沙羅駆が犯罪者だと固執。

沙羅駆は牛田から取調べを受けることになり、二人は運命の再会を果たす。

 
その頃、捜査への関与を禁じられていた奏子は独自に捜査を始めるが、行き詰まり沙羅駆に頼りに行く始末。

それでも沙羅駆から「考えろ、頭を使え」「見るのと監察するのは大違い」などの言葉をもらい、現場百篇とせっせと現場に向かい、推し量ろうとする。

そんな中、奏子は一人のスリを逮捕したことにより沙羅駆が犯人ではない証拠を見つける。

そして、被害者が書いていた記事とネットを通じて集めた事件当時の写真などから犯人はキッチンカーの主人であることを突き止める。

キッチンカーの主人はフリーライターの九鬼に人生をめちゃくちゃにされ復習したのだった。

それもマリアTからのメールで。マリアTは収監されているはずなのに。
 

沙羅駆の容疑は晴れ釈放される。

そしてとうとう、護衛係としての在任期間を更新した奏子に解りにくい謝辞を述べ「和藤奏子」と名前まで呼ぶ沙羅駆。賢正と喜ぶ奏子。

しかしその頃、マリアTは薬を飲んで自殺を図るのだった。

感想

★沙羅駆がやっと「和藤奏子」と名前で呼んでくれた! なんだかとっても嬉しくなってしまった。奏子を信頼し、認めてくれた証。今回は沙羅駆が殺人の容疑をかけられ逮捕されてしまったことで、奏子と賢正は最初は個々に、暫くしてからは一緒に協力して沙羅駆の無実を証明しようと奔走する。沙羅駆を敵視していた警視庁捜査一課管理官・牛田(稲垣吾郎)と沙羅駆の対決は思いのほかあっさりしていた。今回の犯人役だった河相我聞、しばらく見ない間におじさんっぽくなってしまってちょっとショック。マリアTが服毒自殺を試みたが、あれは死なないのではないか。死んだと見せかけて…何かしそうな気がする。
(みもざ 40歳)

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報