レンタル救世主最終回10話ネタバレ感想!3億の保険金はおりるのか?

      2016/12/12

3億の保険金はおりるのか?

 
「レンタル救世主」の最終回10話との予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

事前情報と関連記事はこちら

 

レンタル救世主ロケ地や原作あらすじネタバレにキャスト・視聴率は?

 
藤井流星がレンタル救世主の葵伝二郎役!彼女や好きなタイプは?
 

予想・見どころ

 

★明辺さんが余命3ヵ月の宣告を受けるとろで終わったしまい最終回へ・・明辺さんは本当に死んでしまうのか?奥さんのもとに戻れるのか?レンタル救世主は復活するのか?気になることが盛りだくさんの最終回になりそうです。ヘルプールの普及がいい影響を及ぼしているとは思えないので、新社長になった地蔵ちゃんがなんとかしてレンタル救世主を復活させてくれないか期待します。
もず29歳

★いよいよ最終回なので、明辺さんの病気や離婚問題、レンタル救世主の存続の問題など、一気に全部解決して明るく終わってくれるのではないかと予想します。
最近はシリアスな感じが強くなってしまっているので、最終回はコメディ色もしっかり出して欲しいなと思います。
みみりん 26歳

あらすじ

9話ネタバレと感想はこちら

胃に腫瘍が見つかり、3ヵ月の余命宣告をされた明辺(沢村一樹)。彼は、いろは(中村アン)を呼び出して、紫乃(稲森いずみ)の様子を尋ねる。いろはによると、紫乃は明辺の借金返済のため、彩芽(莉帝)を連れて古いアパートに引っ越したという。自分が死んだら紫乃と彩芽はどうなってしまうのか、明辺は心配でならない。いろはは、明辺がレンタル救世主になった時に入った生命保険のことを思い出す。

いろはによると、その保険は明辺が死んだ場合、紫乃に3億円がおりるようになっているという。ただし、保険金がおりるのは、明辺がレンタル救世主の業務中に死んだ場合だけであり、それ以外の原因の死亡では適用されない。
明辺がこのままガンで死んだとしたら、紫乃に何も残すことができない。明辺は自分の死を無駄にしないよう、レンタル救世主の仕事を再開しようと決意する。しかし、レンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」が普及し、レンタル救世主への依頼は皆無になっていた。
千太郎(小出恵介)は、市長選に立候補。“プチテロリスト”と名乗る犯罪グループが次々とテロ予告を行い、この街には危機が迫っていた。そんな中、千太郎と黒宇(大杉漣)が乗った車の前に、プチテロリストが現れる。彼らは千太郎に向かって「これ以上目立つようなら、出る杭は打つ」と脅迫して去っていく。

プチテロリストの暗殺予告を受けて、千太郎には100人態勢の警備が付けられることに。明辺は黒宇から、千太郎の警備に加わってほしいと頼まれる。レンタル救世主の仕事ができる絶好のチャンスと考えた明辺は、命を落とす覚悟で千太郎の警備を引き受ける。
一方、葵(藤井流星)、零子(志田未来)、ロイ(勝地涼)、いろはは、レンタル救世主のオフィスに集合する。明辺を心配する彼らは、明辺の最後覚悟に気付き…。
※番組HPより引用

キャスト
葵伝二郎(藤井流星)
明辺悠五(沢村一樹)
寛太(大杉漣)
百地零子(志田未来)
薫(稲葉友)
ラジオDJのヒロコ(森カンナ)
プロデューサー・神保(遠藤章造・ココリコ)
紫乃(稲森いずみ)
秦野(中村アン)
今泉(武田真治)
福原遥

ネタバレ

明辺が通っていた病院に行き、事情を聞いた葵たち。

そこで明辺のガンは、明辺が飲み込んだ爆弾の影が写りこんでいただけの勘違いであることが発覚する。

間一髪のところで、明辺を助け真実を告げ、葵と黒宇の活躍で犯人を確保。

明辺は無事に家族のもとに帰ることができた。

千太郎は妻の看病に専念することを決め、黒宇がイカソリッシュの社長に就任。

レンタル救世主は紫乃を新たな社長に迎え、ロイ、いろは、零子、葵、明辺、さらに2人の仲間も増え、みんなで会社を続けることとなった。

感想

★レンタル救世主らしくコミカルにハッピーに終わったのが素敵でした。
明辺さんの病気が、飲み込んだ爆弾のせいでの勘違いというのがこのドラマらしい展開でしたし、最後はみんなでレンタル救世主を続けられることになり、新たな仲間も増えそうで、きっとみんなで楽しく活動してくんだろうなと想像できる終わりかたでよかったです。
みみりん 27歳

 

松坂桃李さん主演、2017年1月からスタートの次のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』もお楽しみに!

視覚探偵日暮旅人のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストはこちら

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報