山中慎介の嫁は恐妻?“神の左”でボクシングのチャンピオンに!年収は?

      2016/02/22

2月18日放送の『ダウンタウンDX』にボクシングの山中慎介選手が出演するそうです!

“神の左”と言われるパンチでWBC世界バンタム級のチャンピオンになった山中慎介選手!

その強さの秘密は何なんでしょうね?

気になる年収や嫁は恐妻家と噂されている件について調べてみました!!

スポンサードリンク

山中慎介プロフィール

本名:山中 慎介
通称:ゴッドレフト(神の左)
階級:バンタム級
身長:171cm
リーチ:173cm
誕生日:1982年10月11日(33歳)
出身地:滋賀県湖南市
スタイル:左ボクサーファイター

プロボクサーの山中慎介選手ですが、小中学校時代は野球をしていたんだそうです!

意外ですね!この頃から腕の筋肉や瞬発力が鍛えられていたんでしょうか?

では、いつボクシングを始めたのかというと、南京都高校入学後に辰吉丈一郎に憧れたのがきっかけなんだそうです^^

高校時代に同学年だった李冽理(後のWBA世界スーパーバンタム級王者)と公式戦での対戦、2000年とやま国体では、決勝で当時習志野高1年生の粟生隆寛(後のWBC世界スーパーフェザー級王者、同フェザー級王者)を降しての少年フェザー級での優勝経験があるんだそうです。

専修大学進学後はボクシング部の主将を務め、卒業と同時にグローブを吊るして競技を辞めるつもりでしたが、大学4年生時の国体で不本意な成績に終わったことからプロ入りを決意し、帝拳ボクシングジムへ入門!

当初はオーソドックスだったそうですが、顧問の指導によりサウスポーになったんだそう!

ここから”神の左”が生まれたんですね(*´▽`*)

2010年6月20日、大阪府大阪市住吉区の住吉区民センターにて、初防衛戦となる日本バンタム級王者安田幹男(六島)に挑戦し、7回TKOで安田を下し第65代日本バンタム級王者に。

2011年11月6日、WBCバンタム級王座決定戦で2位のクリスチャン・エスキベル(25=メキシコ)に11回1分28秒、TKO勝ちし、第29代WBC世界バンタム級王者に。

なんと世界初挑戦で初戴冠を果たしたんだそうです!

すごいですよね!

また、お子さんが二人。

長男「豪祐君」と長女のお名前が「梨理乃ちゃん」だそうです!

image

いつの日か二世ボクサーとして出てくるかもしれませんねヽ(´∀`)/

奥さんがこわい?

山中慎介選手はご結婚されてるんですが、『恐妻家』というキーワードが出てくるんです!

こうなると相手が気になりますよね?

そこで調べると、沖縄出身の一般人で名前は菊池沙也乃さんという方らしいです^^

2007年には「ミス桜」にも選ばれた美人で愛想がいいんだそうですよ‼︎

image

ではなぜ恐妻家と言われているかというと『行列のできる法律相談所』に出演した際のエピソードがきっかけだそうです(>_<) 山中慎介選手が冷蔵庫を閉め忘れて「ピーピー」鳴っていると、「また?」と睨みつけ、山中慎介選手が「すいません」と言って閉めに行くと「チッ」と舌打ちされたんだそうw 鬼嫁Σ(-∀-ノ)ノ チャンピオンに舌打ちなんて、奥さんやりますね〜w

年収は?

やっぱり気になるのがどれぐらい稼いでるの?ってことw

山中慎介選手が1試合でもらえるファイトマネーは2014年時点で「2000万超」と言われていました。

現在はそれよりも上がっていると思いますが(>_<) 年に3回試合をするのが一般的だそうなので、年収は「7000万前後」ぐらいでしょうか? やっぱりすごい稼いでますね(>_<)‼︎ 今後も活躍が楽しみです!どんどん勝ってほしいですね(^ω^)

関連記事はコチラ:

 - スポーツ ,