大貧乏3話ネタバレ感想!浅岡・滝藤賢一の表情が不気味すぎて怖い

      2017/02/19

画像引用元: http://www.fujitv.co.jp/daibinbo/
 

浅岡・滝藤賢一の表情が不気味すぎて怖い

 

「大貧乏」の4話と3話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

大貧乏のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!
 

成田凌が大貧乏・加瀬春木役で彼女の噂は?かっこいい若手注目俳優!

 
ジャニーズWEST神山智洋の身長や学歴・経歴などプロフィールや彼女の情報に演技力について

見どころ・予想

 

★次回は加瀬とカッキーがバチバチしそう。予告でゆず子が病院に運ばれていましたが、浅岡絡みなのかも気になります。
 

あらすじ

 

2話ネタバレと感想はこちら
 

 柿原法律事務所で、七草ゆず子(小雪)と柿原新一(伊藤淳史)が珍しく口論。ゆず子が1人で浅岡礼司(滝藤賢一)に30億円の裏金を取り返すと宣言した無謀な行動を、彼女の身を案じた柿原が諌めようとしたことから始まった。いつの間にか、高校時代のことに話がずれる2人を加瀬春木(成田凌)が冷静にさばく。この日、ゆず子が来たのは、柿原を正式な代理人として契約し、DOHの不正を追及するためだった。
 痕跡を残さず30億もの大金を消すためには、現金のまま国外に出す方法しか考えられない、と柿原。「30億が国外に出てしまった時点でゲームオーバーだ」タイムリミットは迫っていた。

 大人たちが真剣に話し合う中、暇を持て余す、ゆず子の子供たち。翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)がぐずりだす。すると加瀬が、子供たちは、いつもゆず子について来るのか? と、冷たい言葉を投げる。一方、柿原は自分がどれだけ子供たちのことを想っているか、むしろ家族になりたいという想いをアピール。だが、柿原は友人で、今は友人以上の存在を作るつもりはないと、ゆず子にハッキリ言われてしまうのだった。
 柿原は加瀬とともに、天満利章(奥田瑛二)のもとへ。裏金の事実、そしてDOHに損害賠償請求すると告げる柿原に、天満は信頼していた浅岡の隠れた行動に耳を疑いながらも、他の社員が救われるならと真摯な態度で受け止める。
 そんな折、ゆず子が倒れ緊急入院! 柿原は病院へ急ぐ。一方で心細くゆず子の帰りを待つ子供たちの前に現れたのは加瀬で…。
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/daibinbo/

 

キャスト
 

小雪

伊藤淳史

成田凌

神山智洋(ジャニーズWEST)

滝藤賢一

奥田瑛二

今井暖大

野澤しおり

内田理央

仲里依紗

 

ネタバレ

 

浅岡礼司(滝藤賢一)に裏金の30億円を取り返すと宣戦布告をした七草ゆず子(小雪)だが、カッキーこと柿原新一(伊藤淳史)は無謀過ぎると責めるところから話は始まる。
 

一人で行くなんて、何かあったらどうする?そんなにバカだとは思わなかったというカッキーにそもそも高校時代に話したことなかったんだから知ってるわけないとゆず子。
 

話がズレていると、その場にいた加瀬春木(成田凌)は冷静につっこむ。
 

話はなんとかまとまり、DOHの不正を暴くため、柿原をゆず子の正式な代理人とすると契約書を交わした。
 

とはいえ、痕跡を残さず30億円なんて大金を消すことは不可能だから、現金のまま国外に出そうとしているだろうと考えたカッキー。
 

「30億が国外に出てしまったら負け。その前に止められれば勝ち」だと時間がないことを話す。
 

 カッキーの事務所で作戦会議を進める中、翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)は飽きてぐずりだしてしまう。
 

すると加瀬は、迷惑そうに冷たい言葉を投げかける。
 

そこへ、カッキーは2人の子供たちを家族になりたいほど大事に想っているとアピールするものの、ゆず子には「今は友達以上の人を作るつもりはない」と言われてしまうのだった。

 
 

 カッキーは、元DOH社長の天満利章(奥田瑛二)に会いに行き、裏金の存在とDOHに損害賠償を請求すると告げる。
 

片腕として信頼していた浅岡の行動を信じられない天満だったが、他の社員が少しでも救われるならと快諾する。

 
 

 そんななか、ゆず子は過労のため倒れてしまう。
 

緊急入院することになったゆず子に一晩中付き添う柿原。
 

一方、ゆず子の帰りを待つ子供たちの元に加瀬が訪れる。
 

しかし、お腹が空いている子供たちに「腹が減ってるなら自分たちでなんとかしろ」と相変わらず加瀬の態度は冷たい。
 

「2人で作ろう」とカレーを作る子供たち。
 

加瀬は火の強さを調整したりとバックアップする。
 

そうして作られたカレーだが、どう見ても失敗作。
 

子供たちもまずいというなか「うまいよ」と食べる加瀬を見て、子供たちの笑顔が戻る。
 

後片付けやお風呂も2人で入り、加瀬はその姿を見守っていた。
 

一夜明けて退院したゆず子は子供たちの成長ぶりに驚きつつも、親離れに少し寂しさを感じる。

 
 

一方、田淵のビルから廃棄として持っていかれたお金の入った段ボールの行方を防犯カメラの映像で調べるカッキーたちは途中で段ボールをワンボックスカーに積み替えているところを見つける。
 

車のナンバーから、北九州から海外へ出る船に車の登録を見つける。
 

しかし、あまりにも簡単すぎることに疑問を持ったカッキーはミスリードされていたことに気づく。
 

車のナンバーはダミーだったのだ。
 

車に書かれていた文字を頼りに千葉から出る船に車が積まれることを突き止めたカッキーだったが、悪天候のため少し前に出航してしまっていた。
 

負けたと落ち込むカッキー。
 

ゆず子との契約解除の書類も交わし、全て終わったかにみえた事件。

だが、カッキーはDOH関連の資料をシュレッダーにかけている途中で、裏金30億どころではなく、そもそも会社が250億の賠償金を払ったという致命的なミスに裏があるのではないかと疑念を抱く。
 

黒幕は濱中電子工業で、DOHの派遣スタッフによる情報漏えいが仕組まれたものだったことに気づくのだった。
 

感想

 

★子供たちの留守番をしている時の、健気な行動に感動した。特に女の子が、お母さんの代わりをやろうと必死になって料理をしていたところが何とも言えない心温まるシーンだったと思います。また、物語のメインである30億円の行方と奪還については見事に裏をかかれたようですが次回が楽しみです。
isiatama 68才
 

★脱税を国税にリークし、ゆず子達のお金を取り戻すため懸命に動く柿原がかっこいい。また、そんな姿とは対照的に、過労で倒れたゆず子に一晩中付き添い自分の理性と闘いながら防犯カメラの前で一芝居している姿が印象的でとてもかわいかった。そして、今回の二人の子供たちの成長とそれを見守るの春木の優しさに感動できた回だった。
(cannon 26歳)
 

予想

 

★30億円が500億円へと変わる内容と、それを取り戻すための彼らの奮闘に期待が広がる。また弁護士の恋が片思いから、だんだん相手に通じるまでのストリーの展開も気になります。この物語のポイントは彼女の子供たちの行動と存在が大きなウエイトを持っていると思いますので注意して視聴したいと思います。
isiatama 68才
 

★柿原のまっすぐな想いと優しさを知ったゆず子がこれから柿原とどんな関係を築いていくのか、一番の友達以上の関係になるのか気になるところです。
また、終わってしまったと思っていた30億問題がまったく新たな問題を追うことになっていく。賠償金を取り返すための柿原達の動きに期待しています。
(cannon 26歳)

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報