下剋上受験2話1話ネタバレ感想!杉山役は川村陽介で衣装もかわいい

      2017/02/10

画像引用元: http://dorama9.com/2016/12/24/post-2925/
 

杉山役の俳優さんは川村陽介さんです。
 

深田恭子さん出演ドラマは衣装がかわいいと話題になりますが、このドラマも話題になるのでしょうか?
 

「下剋上受験」の2話と1話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

下剋上受験のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!

阿部サダヲの結婚相手の嫁(奥さん・妻)・子供やバンドの今現在は?

山田美紅羽が下剋上受験の娘子役・桜井佳織!学校や今現在の年収は?

小芝風花が下剋上受験の小山みどり!彼氏の噂や学校・演技力について

要潤の結婚相手の嫁・松藤あつ子の年商や実家が凄い!子供についても
 

予想・見どころ

 

★とにかく阿部サダヲさんの出演するものは必ず面白いと思っています。だから今回ドラマの主演なのでとても嬉しいです。しかも深田恭子さんがとても可愛くて好きなのでとても豪華なキャスティングだと思いました。原作は知りませんが父親が娘のために朝から晩まで頑張る話みたいなので、そこが見どころかなと感じています。明るい気持ちで応援しながら見れたらいいなと思っています。
29歳 ひおりん
 

★金曜22時のドラマはシリアスなイメージがありますがビリギャルのようなバカな親子が塾にも通わず子供と共に勉強して難関学校に挑戦する実話を基にしたドラマでとても面白そうだなと感じています。
深田恭子さんも年齢を増すごとに美しくてドラマの内容と同じくらい深田恭子さんのことを楽しみにしています。
(ルフィ 21歳)
 

あらすじ

 

下町の古い集合住宅に暮らす桜井家は、大黒柱の信一(阿部サダヲ)、妻の香夏子(深田恭子)、小学5年生の一人娘・佳織(山田美紅羽)の三人家族。桜井家は代々中卒で、信一も同じ道を辿った。そして、同じく中卒の香夏子と結婚し、現在は不動産業の熱血営業マンだ。そんな学歴とは無縁な桜井家に、佳織が受験した「全日本統一小学生テスト」の結果が届く。“トンビが鷹を生む”ことを願っていた信一だったが、その結果は散々なものだった。

翌朝。出勤した信一は上司から新入社員の楢崎哲也(風間俊介)を紹介される。楢崎は物腰柔らかな男だ。そんな楢崎に対して先輩風を吹かせながら教育係を担当する信一だったが、いきなり楢崎に高級物件の担当客を奪われてしまう。楢崎が名門大学出身だったことが一因らしい。学歴が与える将来への影響を感じた信一は、佳織に入塾テストを受けさせようと考えるが、妻の香夏子は大反対する。

数日後、テストの結果を心待ちにしていた桜井家に緊急の連絡が入る。それは、信一の父・一夫(小林薫)が入院する病院からだった。一夫は、病院ロビーのテレビ画面に映るトクガワ開発社長・徳川直康(要潤)を見た途端、突然暴れ出し、テレビを壊したのだという。一夫はその他にも数々のトラブルを起こしており、見かねた病院から強制退院させられてしまう。そんな不甲斐ない父を見て信一は頭を抱える。佳織の入塾テストの結果は最悪で、勧められたのは一番下のクラス。さらに、信一の思い描く高学歴な大学を目指すには佳織の学年や学力ではもう手遅れだと言われてしまう。その帰り道、落胆する佳織の姿を見た信一は、自分と佳織の二人三脚で中学受験を目指すことを決意。ここから中卒の父が奇跡を起こしていく・・・。

※番組HPより引用
http://www.tbs.co.jp/gekokujo_juken/

 

キャスト
 

桜井信一・・・阿部サダヲ   

桜井香夏子・・・深田恭子

桜井佳織・・・山田美紅羽

小山みどり・・・小芝風花
  
徳川直康・・・要潤

楢崎哲也・・・風間俊介  

桜井一夫・・・小林薫   

若旦那

皆川猿時

岡田浩暉

川村陽介

 

ネタバレ

 

中卒の父・信一(阿部サダヲ)、同じく中卒の母・香夏子(深田恭子)、小学生の娘・佳織(山田美紅羽)はとても仲良しな3人家族である。
 

そんなある日、娘が受けた全国小学生テストの成績通知が家に送られてきた。
 

結果は下から数えた方が早いという残念な結果だった。

 
 

信一は不動産の営業の仕事をしている。
 

ある日そこに大卒の新人、楢崎(風間俊介)が入ってきて共に仕事をすることになる。
 

駅前のタワーマンションを見学にきた夫婦を接客している際に、楢崎と夫婦が同じ大学出身であることが判明し一気統合する。
 

そんな時、夫婦が信一にあなたは大学どちら?と聞かれ中卒大学ですと返したが、信一は違和感を感じた。

 
 

後日、その夫婦から部長に担当は同じ大学出身で話も合うので楢崎のみにして欲しい、信一はふざけてばかりで話が合わないと直々に言われてしまった。
 

学歴で判断されてしまったことにショックを受ける信一は、娘には今から勉強すれば可能性があるのではと考え、塾の入塾テストを受けさせることにした。
 

テストを終えた娘は簡単だったから全部解けたと明るくいったので期待していたが、結果は半分も正解がないという散々な結果だった。

 
 

一方、楢崎は無事に駅前のタワーマンションを売ることができた。
 

信一は仕事でも楢崎に負けているような気がして、やはり学歴は大切なのだと娘の将来について考える。
 

佳織に大人になってからは変えられないが、佳織にはまだまだ可能性がある。
偏差値72の中学校を一緒に勉強して目指してみようと佳織に訴える。
 

このままでは自分も中卒になってしまうのではと考えていた佳織は悩む。
 

ある時、佳織は何かを決意して学校帰りに信一の元に走っていく。
 

そこで私は勉強する、受験する。と信一に言ったのだった。

 

感想

 

★中卒は気にしていないと口ではいいながら、自分が1番気にしているというところはかなり人間らしい部分であると思った。自分よりできる後輩や学歴で判断されてしまったことなど本来ならば落ち込む所だが、娘にはこうなって欲しくないというプラスの方向に転換できるところが前向きでいいと思った。
わん 25歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報