アライフ6話ネタバレ感想!深冬の手術の手立ては見つかるか?

      2017/03/14

画像引用元: http://entamelabo.com/alife-dorama
 

深冬の手術の手立ては見つかるか?
 

「A LIFE(アライフ)~愛しき人~」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

アライフA LIFE(ドラマ)ロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストは?

浅野忠信はハーフ?経歴プロフィールや彼女・結婚・子供の情報、髪型やハゲの噂、今現在の活動について

木村文乃の結婚相手(旦那・夫)は千葉大樹!頬えくぼや演技力について
 

予想・見どころ

 

★深冬先生の脳腫瘍の手術の仕方がなかなか見つからず浅野忠信もキムタクもかなり取り乱していました。浅野忠信は深冬先生の家族だから手術できなくてキムタクが担当医になっているが、キムタクはまだ深冬先生のことが好きだと思います。それなのに執刀医になって大丈夫か心配です。
羽村先生の恩師の山本先生のミスを指摘しなければならなくなった羽村先生ですが、恩師にありがとうと言われ泣き崩れていた羽村先生の演技がとてもよかったです。
(ゆー32歳)
 

あらすじ

 

5話ネタバレと感想はこちら
 

深冬(竹内結子)が病状を知ってしまったのに、まだ有効な手術の手立てを見出せない沖田(木村拓哉)。深冬を気遣う壮大(浅野忠信)だったが、夫婦の間にもぎこちない空気が漂っていた。
そんなとき、早急に手術をしなければならない男性患者が救急で運び込まれ、沖田が執刀、井川(松山ケンイチ)が助手として入ることに。手術には家族の同意が必要だが、現れたのは壇上記念病院の顧問弁護士・実梨(菜々緒)。患者は実梨の父親だったのだ。
ところが、実梨は父親の手術には同意できないと繰り返す。説得しようとする医師たち。羽村(及川光博)から難しい手術だと聞いた実梨は、今度は井川が執刀するという条件付でオペに同意すると言い出す…。

※番組HPより引用
http://www.tbs.co.jp/ALIFE/

 

キャスト
 

沖田一光役:木村拓哉

壇上深冬役:竹内結子

井上颯太役:松山ケンイチ

柴田由紀役:木村文乃

榊原実梨役:菜々緒

壇上虎之介役:柄本明

沖田一心役:田中泯

真田孝行役:小林隆

羽村圭吾役:及川光博

壇上壮大役:浅野忠信

 

ネタバレ

 

沖田先生が深冬に病気を告知する前に深冬は自分で病気のことを知ってしまった。

 
 

病院に突然顧問弁護士である榊原先生の実の父が運ばれてきた。
 

榊原先生は子どものころに出ていき、父と認めていない。
 

すぐに難しい手術が必要だか榊原先生は手術に同意できないという。
 

手術に同意してもいいが、とてもこの手術ができそうにないいがわ先生でないと認めないと言い、もし他の人が手を出したら直ちに病院を訴えると言ってくる。
 

いがわ先生は自分でオペをシミュレーションし、手術にのぞむ。
 

いがわ先生は無事にオペをやりとげる。
 

榊原先生は父に今後一切私を頼らないことを約束させる。
 

いがわ先生が手術を成功させたおかげで今度は榊原先生が父を捨てることができた。
 

父に意地を張れるのもいがわ先生のおかげだと沖田先生が言う。
 

深冬は家で病気のことで情緒不安定になり、沖田先生のもとへ向かい、手術ができなければ自分はあとどれくらいか沖田先生にたずねる。
 

返答に困る沖田先生だがなんとかすると言う。
 

深冬は泣きくずれ、沖田先生が抱きしめる。
 

その場面を副医院長が見てしまう。
 

感想

 

★今までダメダメだったいがわ先生、6話ではすごくかっこよかったです。柴田さんにオペのシミュレーションを手伝ってほしいとお願いしているところも真剣でかっこよかったです。顧問弁護士の榊原先生に苦労過去があったとはびっくりしました。
(ゆー32歳)

 

予想

 

★院長に怒られて落ち込んでいた副医院長、そんなときに沖田先生と深冬が抱き合っているところを目撃してしまい、副医院長の心はズタボロになります。次週予告でもあったように深冬は14歳の乳がんの患者さんをオペをして助けます。そして沖田先生も深冬のオペ法を見つけだすことができます。
(ゆー32歳)

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報