大貧乏7話ネタバレ感想!黒幕は加瀬春木(成田凌)でなく天満社長?

      2017/03/12

画像引用元: http://芸能news.top/大貧乏/大貧乏ドラマ神山智洋がヤバい?!/
 

加瀬春木(成田凌)は濱中のスパイではなく、黒幕は天満社長(奥田瑛二)?
 

「大貧乏」の8話と7話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

大貧乏のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!
 

成田凌が大貧乏・加瀬春木役で彼女の噂は?かっこいい若手注目俳優!

 
野澤しおりの幼稚園・演技力や今現在の活動は?プロフィールについて
 

ジャニーズWEST神山智洋の身長や学歴・経歴などプロフィールや彼女の情報に演技力について

見どころ・予想

 

★ゆず子達は、元DOH社員を募った被害者の会の結成に成功した。
ゆず子と柿原の関係を見るに見かねていた天満と浅岡が、説明会には2人で行けば
いいと提案する。初めは断ろうとするゆず子だが、自分の立場も考え、子供達も連れていける事から参加する事を決める。
子供達も大喜びで出発。2人の距離も縮める事ができるだろうか。
天満社長と浅岡は怪しいです。裏で濱中と繋がっているのでしょうか?
さっこ 51歳
 

あらすじ

 

6話ネタバレと感想はこちら
 

 七草ゆず子(小雪)、柿原新一(伊藤淳史)たちは、元DOH社員を募った被害者の会の結成に成功する。そこには、加瀬春木 (成田凌)のほかに、天満利章(奥田瑛二)、浅岡礼司(滝藤賢一)らもいた。
 その説明会で、ゆず子たちは濱中電子工業から元社員たちの金を取り返すことと、リチウムイオンバッテリー“アウセル”の開発失敗の隠蔽と意図的な情報漏洩を追求することを掲げる。

 一方、バレンタイン以降、ゆず子との距離をさらに縮めたく思っている柿原だが、いつも通り空回り。そんな2人の関係を見るに見かねた天満と浅岡が元DOHの地方営業所社員たちに向けた説明会には、ゆず子と柿原の2人で行けば良いと提案。その誘いを断ろうとするゆず子だが、被害者の会の象徴ともなっているゆず子が参加することの意義、さらに日帰りで行ける場所であること、翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)も連れて行けるという周囲からの後押しを受け、説明会に参加することを決める。
出発の当日、柿原が車で迎えに来ると、翔太と実結は大喜び。目的地の途中で立ち寄ったサービスエリアで、柿原はゆず子と2人きりになるチャンスが…!ここぞとばかりに“ゆず子さん”と名前で呼んでみようと試みるも、上手くはいかない。それでも、大満足の柿原。説明会も滞りなく終了し、順風満帆な旅路。しかし、帰途につこうとした時、木暮祐人(神山智洋)から柿原に加瀬に関する意外な情報が入る。さらに柿原本人にも異変が生じ…
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/daibinbo/

 

キャスト
 

小雪

伊藤淳史

成田凌

神山智洋(ジャニーズWEST)

滝藤賢一

奥田瑛二

今井暖大

野澤しおり

内田理央

仲里依紗

 

ネタバレ

 

ゆず子達は、元DOH社員を募った被害者の会を結成する。
 

そこには加瀬、天満、浅岡らもいた。

 
 

一方、ゆず子との距離を縮めたいと思っている柿原だが、なかなか思うようにはいかず、見かねた天満と浅岡が、被害者の会の説明会に2人で行けばいいと提案する。
 

初め断ろうとするゆず子だが、参加する事の意義や、日帰りで行けること、子供達をつれて行ける事を考え、参加することにする。

 
 

柿原は近いメンバーの誰かが濱中と通じているのではないかと考えていた。
 

和解交渉で濱中から提示された金額が40億と、社員達の社内預金や未払いの給与と金額が似かよっていたためだ。

 
 

ある朝、柿原のパソコンを調べる加瀬を目撃し、濱中と内通しているのではないかと問い詰めるが、天満社長の事を信用している柿原に「何もわかってないな。」と言い残し
加瀬は原告団をやめてしまう。

 
 

説明会の為、柿原達は宇都宮に向かう。
 

滞りなく説明会を終えて帰ろうとしている時に、加瀬の事を調べていた小暮から連絡が入り、元々DOHを創業したのは加瀬の父親らしいという事がわかる。
 

父親の最後の居住地はこの近くだというので向かってみるが父親の家はなかった。
 

手がかりがないかと近くの民宿を訪れるが情報は得られず、柿原は体調を崩してしまい、そのまま泊まる事になる。

 
 

そして帰り際、民宿の主人に加瀬の父親についての情報を聞く。
 

加瀬の父親が起こした事業を天満が乗っ取った形で、会社を追放されたというのだ。
 

その頃、加瀬の母親も亡くなり、天満のことを恨んでいた。

 
 

柿原達が留守の間に天満は濱中との和解交渉を勝手に進めていた。
 

和解内容に納得のいかない柿原は和解合意書を破り捨てた。
 

そのことで天満は柿原を代理人から解任する。

 
 

ゆず子も原告団に残らない選択をした。
 

柿原は加瀬に会います。
 

加瀬はUSBを取り出して「いくらで買います?俺、潰したいんですよ。天満」と言いました。
 

柿原も天満達と戦う覚悟を決めました。
 

感想

 

★柿原さんは、まだ七草さんの事をゆず子さんとはなかなか呼べず・・・
恋愛偏差値が低いとはいっても、もうちょっと頑張れと応援したい気持ちです。
小暮くんの協力もあるのでめげずに頑張れって思っていたら、いきなり呼べてるし、拍子抜けです。

春木くん、とても怪しかったのですが、DOHの創業者の息子だとわかりひと安心です。
決定的に味方ですね。
黒幕は、天満社長と浅岡部長。悪そうな顔していました。
かっきー、ゆず子、春木くんとで、どうやって潰してくれるのか見物です。

さっこ 51歳
 

予想

 

★ゆず子達は、天満、浅岡らに裏切られ、被害者の会を外される。
柿原を弁護人に訴訟を続ける事を決意する。
加瀬も戻ってきてくれた。
加瀬の過去も知り、天満を倒す事で意見が一致する。

今後の作戦について話し合っていると、木暮が飛び込んできて「正義の検事、ジャスティス・ゴトー」の製作会社が事務所での撮影依頼をしてきたというのだ。
柿原は彼のような法律家に憧れて弁護士になったので、大喜びで浮かれている。
ゆず子は余計なことをしている暇などないというが、彼への熱い思いを語る柿原にダメとも言えず、撮影は行われることになる。

なぜ柿原の事務所に撮影の依頼がきたのか?
撮影されるストーリーが、なぜ加瀬の境遇に似ているのか?
これも天満の差し金か?
柿原が浮かれている間に本当の悪が牙をむくのだろうか。

さっこ 51歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報