カルテット3話ネタバレ感想!すずめの複雑な家庭環境が明らかに

      2017/02/20

画像引用元: http://doramacafe.xyz/2016/12/03/『カルテット』-松たか子キャスト/
 

すずめの複雑な家庭環境が明らかになった「カルテット」の4話と3話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

カルテットのネタバレ最終回結末・ロケ地・原作あらすじ・キャストは?

高橋一生の大学や実家がすごい?経歴プロフィールや彼女・結婚などの噂や今現在の活動について

吉岡里帆の彼氏・結婚やかわいい髪型・服は?ゼクシィCMがキレイ
 

予想・見どころ

 

★すずめは、突然現れた男の子に「あなたのお父さんが、もうすぐ亡くなります」と告げられます。実はすずめは複雑な家庭環境で育った上、すずめの幼少期を良く知る鏡子は、すずめを惑わすのではないでしょうか。温志の車に乗せられた輸高が、どこに連れて行かれたのかも気になります。 
haru 25
 

あらすじ

 

2話ネタバレと感想はこちら

すずめ(満島ひかり)が、いつものように別荘で気ままに過ごしていると、有朱(吉岡里帆)がやってくる。「休みなのにデートしないのか。なぜ彼氏を作らないのか」とたずねる有朱にすずめは「告白が苦手だ」と答える。すると有朱は「大人は誘惑するものだ」と語り、その方法をレクチャーする。

その後、ノクターンに向かう準備をしていた4人。いざ出発のタイミングで、真紀(松たか子)と司(松田龍平)が同じボーダー柄の服を着ていることに気づいた諭高(高橋一生)は、「特別な関係に見えてもいいのか」と指摘、司は急いで着替えにいく。真紀がボーダーを着るときの条件を聞くと、「昨日ボーダーを着てた人と会うとき」と諭高はお決まりの持論を展開する。

そんなやり取りを経てようやくノクターンに到着すると、そこにはボーダーを着た見知らぬ少年(前田旺志郎)が。その少年から「あなたのお父さん、もうすぐ亡くなります」と突然告げられ、動揺するすずめだったが…。

※番組HPより引用
http://www.tbs.co.jp/quartet2017/

 

キャスト
巻真紀 松たか子

世吹すずめ 満島ひかり

家森諭高 高橋一生

別府司 松田龍平

来杉有朱 吉岡里帆

谷村 大二郎 – 富澤たけし(サンドウィッチマン)

谷村 多可見 – 八木亜希子

半田 温志 – Mummy-D

巻 鏡子 – もたいまさこ
 

ネタバレ

 

【明かされる、すずめの過去】
 

 すずめの父は、千葉の病院で、入院していました。
 

親戚の少年は、すずめに会えないかFacebookを探します。
 

すずめの母が亡くなった後、父はすずめを超能力少女と偽ってメディアに出ていました。
 

しかしそれが嘘だとばれてしまい、すずめは親戚の家々に預けられる生活を続けたのです。

 
 

 すずめが家でいると、有朱がやって来ました。
 

有朱は「人間を捨て、猫か虎か雨に濡れた犬になることが大切」と言い、誘惑の仕方を伝授します。
 

ノクターンに向かっていたすずめは、少年に「あなたのお父さん、もうすぐ亡くなります」と声をかけられます。
 

娘に会いたがっていると聞いても、すずめは動じません。
 

すずめは司に明日の予定を尋ねますが、司は「父の受賞祝いで帰省する」と話します。
 

そこへ、有朱の家へ行った輸高が、呆然と帰って来ました。
 

有朱に呼ばれた家は実家で、両親と祖母が寝ていたのです。

 
 

 次の日、真紀は在宅ワークとして、テープレコーダーの文字起こしを始めました。
 

すずめは机の下に隠していたテープレコーダーを、ポケットにしまいました。
 

鏡子と会ったすずめは、給料を手渡されます。
 

「辞めたい」と話すすずめに、鏡子は「あの人たちに、あなたの過去を暴露しようか」と脅しました。

 
 

 ノクターンの多可美に「皆の中に犯罪者はいる?」と聞かれ、すずめは顔を曇らせます。
 

その後、カルテットのホームページのメッセージに、すずめが偽超能力少女だった時の映像が貼られていました。
 

すずめは動揺して、弦を切ってしまいました。
 

その夜、すずめは司のベッドに潜り込みました。突然のことに驚く司に、すずめは謝ります。

 
 

 朝、すずめはチェロを片手に、千葉へと向かいました。
 

すずめはお花を買い、ロッカーのカギを開けました。
 

そこには遺骨が置かれています。
 

すずめは遺骨に向かって手を振りました。
 

千葉の病院から電話を受けた真紀は、すずめの父の病室を訪れました。
 

真紀は、すずめの父が亡くなる瞬間を見届けました。
 

そこへ少年がやって来て、すずめの偽超能力少女の動画を見せ、元同僚が書いたブログを見せました。

 
 

 不動産屋で務めていたつばめは、同僚が偶然偽超能力少女の動画を見つけたことで、周囲から不審な目で見られるようになりました。
 

「出ていけ!」というメモを毎日貼られるようになったすずめは、そのメモが100枚に達した頃、仕事を辞めたと言うのです。

 
 

 すずめを見つけた真紀は、すずめを飲食店に誘います。
 

真紀は病院に戻ろうと促しますが、すずめは話をはぐらかします。
 

父が亡くなったことを話しますが、すずめは聞く耳を持ちません。
 

すずめは、父の悪口を連発し、「病院…行かなきゃダメかな」と呟きます。
 

真紀は「病院行かなくていいよ、軽井沢に帰ろう」と手を握ります。
 

「知られたらカルテット辞めなきゃいけないのかな」と言うすずめに、真紀は力強く首を振り、優しく諭します。

 
 

 家が近づいたとき、すずめは「まだ真紀さんに隠していることが…」と言いますが、真紀の驚いた声で遮られました。
 

戻って来たすずめのために、司と輸高がイルミネーションを用意していたのです。
 

すずめは司にキスをしました。
 

ノクターンでの演奏を終えた輸高は、スマホを確認し、3人に先に帰るよう声をかけます。
 

温志と会った輸高は、写真の女性がどこにいるのか白状するよう促されます。
 

しかし輸高は、知らないと一点張りです。

 

感想

 

★すずめが病院に行くのを渋った際、真紀が無理強いするのではなく、軽井沢に戻ろうと誘ったのは、なかなかできない行動だと思いました。それだけつばめの事を、親身になって考えてあげたのだと思います。すずめの真紀への思いは、どんどん良い方向へと向いて行くのではないでしょうか。
haru 25
 

予想

 

★輸高は、温志から「この女性はどこにいる」と写真を見せられます。その女性は、輸高が以前愛した女性でしたが、現在の居場所は知りません。そんな時、その女性が軽井沢の家に、現れるのではないでしょうか。なぜその女性を温志が追っているのか、気になります。
haru 25

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報