カルテット6話ネタバレ感想!水嶋玲音役で大森靖子(歌手)が出演

      2017/03/23

画像引用元:http://nekonekonoheya.com/archives/2724
 

水嶋玲音役に歌手でシンガーソングライターの大森靖子さんが出演です!
 

「カルテット」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

カルテットのネタバレ最終回結末・ロケ地・原作あらすじ・キャストは?

高橋一生の大学や実家がすごい?経歴プロフィールや彼女・結婚などの噂や今現在の活動について

吉岡里帆の彼氏・結婚やかわいい髪型・服は?ゼクシィCMがキレイ

予想・見どころ

 

★ついに、すずめと有朱が鏡子に雇われていたことが、真紀に知られました。思わず外へ出たすずめは、ぶつかった男性が真紀の夫なのでは…と直感的に感じます。すずめは無理矢理、その男性を真紀の元へ連れて行くのではないでしょうか。次回は夫婦が崩壊した理由が明かされそうです。 
haru 25
 

あらすじ

 

5話ネタバレと感想はこちら
 

ひょんなことから、すずめ(満島ひかり)は幹生(宮藤官九郎)という男性と知り合う。実は幹生は真紀(松たか子)の失踪した夫なのだが、幹生はなぜか諭高(高橋一生)の先輩だと身分を偽る。ある思いから幹生を別荘に招いたすずめは、幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついていることに気付き…。

一方、真紀は、軽井沢で鏡子(もたいまさこ)と再会する。「幹生を殺したのか」と問い詰められた真紀は、ゆっくりと夫婦の過去を告白して──。

※番組HPより引用
http://www.tbs.co.jp/quartet2017/

 

キャスト
巻真紀 松たか子

世吹すずめ 満島ひかり

家森諭高 高橋一生

別府司 松田龍平

来杉有朱 吉岡里帆

谷村 大二郎 – 富澤たけし(サンドウィッチマン)

谷村 多可見 – 八木亜希子

半田 温志 – Mummy-D

巻 鏡子 – もたいまさこ
 

ネタバレ

 

【夫婦の諸事情】
 

真紀の夫・幹生は、すずめに輸高の先輩だと、身分を偽りました。
 

すずめは幹生を別荘に誘いました。
 

すずめが戻ると、3人は留守…すずめは「真紀さーん」と大声で呼びます。
 

驚いた表情の幹生を、すずめは見逃しませんでした。
 

真紀は鏡子と話し始めました。
 

鏡子は真紀に平手打ちをし、幹生を殺したか尋ねます。

 
 

幹生を真紀の夫だと確信したすずめは、遠回しに問いただします。
 

幹生の靴に、防犯用のカラーボールの跡が付いていることに気づいたすずめは、更に問いただします。
 

幹生はコンビニ強盗をしたことを白状しました。
 

その頃真紀は、幹生の行方不明の理由が分からないと打ち明けます。

 
 

真紀は鏡子に、幹生はすずめに、2人の出会いを話しました。
 

タクシーで相乗りになったことをきっかけに、仲良くなった2人は、自然な流れで付き合うようになりました。
 

結婚し、ヴァイオリンの仕事を辞めて専業主婦になった真紀は、幹生に尽くします。
 

しかし幹生は、何も聞かずに唐揚げにレモンをかける真紀に、何も言い出せません。
 

また映画の見方や、休日の過ごし方など、少しずつ2人の中に違いが生じます。
 

真紀の謎めいた雰囲気が好きだった幹生は、真紀も普通の人間だったことに気づき、退屈に感じるようになりました。

 
 

幹生が、我慢しながら結婚生活を続けていた矢先、真紀が入院することになりました。
 

幹生は一人自由気ままに過ごします。
 

その後幹生は、真紀に内緒で会社を辞め、公園で時間を潰すようになっていました。
 

気づくと幹生は、マンションのベランダに足をかけていました。
 

落ちた幹生は入院し、隣のベッドの輸高と仲良くなりました。
 

幹生は真紀が背中を押したと打ち明けます。

 
 

後輩の西村と呑みに行った幹生と、同じ店に入った真紀は、幹生が自分の事を「愛しているけど、好きじゃない」と言っているのを聞き、ショックを受けて店を出ます。
 

幹生は真紀が聞いていたことに気づき、慌てて家へと戻ります。
 

しかし幹生も真紀も、言葉が何も出てきません。
 

真紀は涙を隠すため、コンビニへと向かいました。
 

それを追うように、幹生も外へ飛び出します。
 

呆然と歩く真紀の姿を見た幹生は、反対方向へと走り出しました。

 
 

幹生とのこれまでの話を聞いた鏡子は、「私が探して、必ずあなたの元へ」と言いますが、真紀は断り、離婚届を出すと話しました。
 

その頃司は、会社の倉庫に閉じ込められていました。
 

バッテリー残量が1%で呆然としている司のスマホに、輸高から連絡が入ります。
 

輸高から連絡を受けた真紀は、司の会社に向けて走り出しました。

 
 

その頃、別荘にそっと侵入した有朱は、すずめを2階に監禁し、真紀のヴァイオリンを持ち出そうとします。
 

それを見つけた幹生は、ヴァイオリンを必死に取り戻そうとします。
 

2階のベランダで揉みあいになり、有朱は庭へと落ちて行きました。

 

感想

 

★今回は、真紀と幹生のこれまでの経緯が明らかになりました。夫婦間のすれ違いや、感情の変化は、どの夫婦間にもある問題だと思うので、ハッとした方も多いのではないでしょうか。私ももっとしっかり夫とコミュニケーションを取らないといけないな…と反省させられました。有朱が別荘に入れた理由、そしてヴァイオリンを持ち出そうとした経緯が気になります。
haru 25
 

予想

 

★有朱を突き落としてしまった幹生は、真紀に連絡し、「有朱とともに海に沈む」と言い出します。心の中では離婚を決意していた真紀ですが、幹生に死を選択してほしくないと、自分が犠牲になるような決断をするのではないでしょうか。 
haru 25

 
 
 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報