隈研吾の作品や年収は?結婚相手の嫁・子供やプロフィールについても

   

画像引用元: https://matome.naver.jp/m/odai/2144059142973829001
 

「和の大家」とも称され、新国立競技場やスタバなども出掛け数々の受賞歴を持つ一級建築士の隈研吾さんが2017年1月20日放送の「アナザースカイ」に出演決定!!
 

プロフィール経歴や作品集、結婚・子供などの情報や気になる年収、
 

今現在の活動について調べてみました。
 

スポンサードリンク


 

隈研吾さんのプロフィール

 

隈研吾(くまけんご)さんは1954年8月生まれの現在62歳。
 

出身は神奈川県横浜市。
 

医院を経営していた祖父の建てた古い家で育ったそうで、その家の修繕をする父親の姿を見て建築に興味を持つようになったそう(^o^)
 

1964年の東京オリンピックの建築の様子を目にして本格的に建築家を目指すようになったそうですよ(^_^)
 

栄光学園高校を卒業後、東京大学工学部建築学科を卒業!
 

その後に東京大学院建築意匠専攻修士課程修了しています!!
 

大学院にすすむとは、とても優秀な方ですね(^_^)
 

経歴について

 

日本設計、戸田建設、コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員を経て
1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立!
 

法政大学や慶応義塾大学、自身の卒業した東京大学工学部建築学科の教授も勤めます(^_^)
 

そして2007年博士論文を慶応義塾大学に出し博士(学術)の学位を取得します!
 

隈研吾さんの作品は木材などの自然素材をうまく利用した建築や縦格子を使用したデザインが多く、そのアイデアは海外でも支持され国際コンペでの受賞も多く、世界的にも注目される建築家の1人となっています!
 

1997年「日本建築学会賞作品賞」
 

2008年「リーフ賞」
 

2010年「毎日芸術賞」
 

など他にも多数の賞を受賞されています(*^_^*)
 

小さい頃の夢を着実に叶えていて、素晴らしいですよね(*^_^*)
 


画像引用元: http://fcc.ac.jp/about/message.html
 

作品集

 

隈研吾さんといえば、最近では2020年に行われる東京オリンピックの会場である新国立競技場のデザインを手がけたことで有名ですよね!
 

そんな隈研吾さんですが住宅、店舗、ホテル、美術館などいろんな分野での設計を手がけています!! 

「軽井沢ニューアートミュージアム」や「高尾山口駅舍」「歌舞伎座」「石の美術館」その他多数!!
 

結婚・子供などの情報

 

世界的な建築家として活躍している隈研吾さんですが、4歳年下の篠原聡子さんという方と結婚していることがわかりました!
 

なんと奥様も建築家だそうで現在、日本女子大学家政学部居住学科の教授をしているそうです(*´ω`*)
 

子供についてですが、息子さんがいるそうですよ!
 

名前が隈太一さんという方だそうで、太一さんも建築家でドイツへの留学経験もあるそうです!
 

きっとご両親の活躍ぶりを見て建築家を目指したんでしょうね(*^_^*)
 

ご家族揃って建築家として活躍しているとはすごいですね!
 

年収について

 

気になるのが、一級建築士である隈研吾さんの年収ですよね。。。
 

調べたところによると一般的な一級建築士の平均月収は44万ほどで、ボーナスが年に120万ほど。
 

これで計算すると年収が650万ほどになります。
 

しかし隈研吾さんの場合は受賞歴も多いですし経営もされていて、国内はもちろん国外でも数え切れないくらいの作品を手がけています。
 

あくまで予想ですが年収2000万以上ではないかと思われます!!
 

ちなみに奥様も建築家として活躍しているためそれも合わせると隈家の年収はかなりの金額だと思われます!
 

今現在の活動について

 

スタバの新形態「スターバックスリザーブロースタリー」を隈研吾さんが手掛けることになったそうで中目黒に2018年12月オープン予定だそうです!
 

また2020年東京オリンピックの主会場となる新国立競技場の設計を手がけています。
 

隈研吾さんはこの件に関して「採用された案を元に改善しイメージ通りにできました。短期間で出来てうれしいです」とコメントされています!
 

まとめ

 

小さい頃から建築に興味を持ち、志し、夢を叶え、62歳となった現在でも一級建築士として世界的に活躍中の隈研吾さん!
 

これからも素敵な作品の数々を生み出してくれるに違いありません!
 

1月20日放送の「アナザースカイ」は隈研吾さんの知られざる姿が見られるかもしれません(^_^)
 

これからもそんな隈研吾さんに大注目していきたいですね!!
 

関連記事はコチラ:

 - 話題の人