タラレバ娘3話ネタバレ感想!やっと田中圭登場でかっこいい!

      2017/02/21

画像引用元: http://topicks.jp/79287
 

やっと田中圭さんが登場で予告から既にかっこいい!
 

「東京タラレバ娘」の3話と4話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 
東京タラレバ娘ネタバレ最終回結末・ロケ地・あらすじ原作・キャスト!

坂口健太郎の塩顔・髪型が韓国で人気!熱愛彼女は高畑充希か波瑠か?

鈴木亮平の結婚相手の奥さん・子供やかっこいい髪型・演技力は?
 

予想・見どころ

 

★倫子はKEYの行動の真意が分からず、戸惑います。改めてKEYに会った倫子は、自分のことをどう思っているのか、これからどうなるのか、問いただすのではないでしょうか。また小雪にも片思いの相手が現れ、3人はそれぞれの恋に奮闘すると思います。 
haru 25

 

あらすじ

 

2話ネタバレと感想はこちら
 

KEY(坂口健太郎)と一夜を共にしてしまった倫子(吉高由里子)だったが、 KEYの本名も連絡先も、そして彼の本心もまったくわからないという事実に悶々とする。何年も恋愛から遠ざかっていた倫子は次の一手がわからなくなっていた。 一方、香(榮倉奈々)も元カレ・涼(平岡祐太)と一夜を共にするが、涼が彼女と同棲していることを知り、“なかったこと”にしようと決意する。

そして、「傷つくくらいなら恋なんてしなくていい」と言い放つサバサバ娘・小雪(大島優子)にも、運命の恋が到来する。 ルックスはもちろん、喋り方から食べる時の表情まで全てが“ドストライク”のサラリーマン・丸井(田中圭)と出会い、小雪は急速に惹かれていく……。

せめて仕事だけでも前へ進もうと早坂(鈴木亮平)に仕事の売り込みをかける倫子。 だが、早坂の会社で思いがけずKEYに会い、ずっと聞きたかった「私のことをどう思っているの?」という言葉が言えず、またまた落ち込んでしまう……。

KEYが自分のことをどう思っているのか、聞きたくても聞けない倫子。 元カレ・涼との再会で再び心が揺れる香。突然出会った男・丸井に心を奪われてしまう小雪。動き出した3人の恋の行方は…!?

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/tarareba/

 

キャスト
 

吉高由里子

榮倉奈々

大島優子

坂口健太郎

鈴木亮平

田中圭

石川恋

平岡祐太
 

ネタバレ

 

【女子会の安心感が仇に…】
 

 KEYと一夜を共に過ごした倫子は、昨日のことが現実なのか夢なのか、分からなくなっていました。
 

倫子は、香と小雪に召集をかけます。
 

KEYから告白などが無かったことを知り、香と小雪は戸惑います。
 

倫子に、具体的な次の行動を問われた香と小雪は、恋愛にご無沙汰だったこともあり、次の一手が分かりません。
 

倫子は、幻覚で見えるタラとレバに、「魔がさしただけ」と言われ、ショックを受けました。

 
 

 テレビ局では、哲朗とマミが「恋するシーズン」の俳優として、KEYを押していました。
 

監督はKEYを気に入り、一発で採用が決まりました。
 

女子会の帰り道、小雪は買い出しのジャガイモを落としてしまいました。
 

そこへ通りかかった良男が、ジャガイモを拾ってくれました。
 

小雪は良男を呑んべえに誘います。
 

良男は小雪にとって、タイプの男性でした。
 

小雪の思いを知った倫子と香は、小雪をべた褒めします。

 
 

 良男は、「また必ず来ます、小雪さん」と言って帰って行きました。
 

倫子と香は、運命を確信します。
 

一人で帰っていた香の目の前のモニターに、涼が映りました。
 

香は複雑な表情を浮かべました。
 

一方、倫子は哲朗とマミからご飯に誘われますが、邪魔はできないと断りました。

 
 

 次の日、哲朗から電話が入りました。
 

倫子は「ADで良いから、仕事が欲しい」と頼みますが、哲朗は退社の挨拶で「脚本家として戻って来る」と宣言した倫子のことを忘れていませんでした。
 

哲朗は、企画書を書いて欲しいと倫子を呼び出しました。
 

会社のロビーでKEYに会った倫子は、あの夜について聞きたい気持ちを、必死で抑えます。
 

そこへ哲朗とマミがKEYを呼びに来ました。
 

倫子が「恋するシーズン」について、言葉を濁す様子を、KEYがじっと見つめました。

 
 

 小雪は、香のサロンにやって来ました。
 

「今晩も、呑んべえに来るのでは」と香は期待を寄せます。
 

焦って失敗したくない小雪は、冷静に向かっていく作戦です。
 

そこへ倫子がやって来て、「何も聞けなかった、魔がさしたんだ」と落ち込みます。
 

2人は「KEYも、タイプじゃない相手とは出来ない」と励まします。

 
 

 呑んべえで、小雪は香に、KEYがお墓参りをしていたことを話していると、店の戸が開きました。
 

小雪は良男でないことにガッカリします。
 

そこへ、KEYと涼が入って来ました。
 

香と小雪は、KYEに倫子の事を問いただしました。
 

倫子が家で仕事をしていると、「KEYが呑んべえに来ている」と連絡が入りました。
 

倫子は、「愛がほしい」と迷いながらも駆けつけました。
 

しかしそこにはKEYの姿はありません。
 

倫子は慌てて店を飛び出しました。
 

店に残った香と小雪は、涼にKEYの女性関係を聞き出します。
 

KEYが付き合っていた年上の女性が、亡くなってしまったと聞き、2人はお墓参りの理由が分かりました。

 
 

 小雪が肩を落として暖簾を片付けていると、良男が走ってやって来ました。
 

良男は、小雪を呑みに誘います。
 

良男は「小雪さんのこと、好きになっても良いですか?結婚してますが、妻とは別居中です。小雪さんが嫌なら諦めます」と言います。
 

小雪は悩みぬき、OKを出しました。
 

一方、香と一緒に帰っていた涼は、香の肩を抱きます。
 

「涼ちゃんの好きは1つじゃない。私は好きじゃない」と言う香に、困った表情を見せた涼は、香の手を握って歩き始めました。

 
 

 その頃、KEYを見つけた倫子は、とりあえずKEYに名前を尋ねました。
 

そして、あの夜の理由や、いつもキツイことを言う理由、自分の事をどう思っているのか、尋ねました。
 

KEYは「さっきあんたの友達からも聞かれた。だからダメなんだ。何で自分から言ってこない?自分はどうなんだ。今もこっちの気持ちを聞いてから、自分の気持ちを言おうとしている」と言った後、「あんたとは恋愛できない」と吐き捨てて去って行きました。

 
倫子は、女子会というぬるま湯に浸かりすぎていたことを後悔しました。
 

感想

 

★KEYの最後の女子会批判は、グサッと来た人も多いのではないでしょうか。倫子もKEYの発言で、女子会という安心できる場所に、甘えきっていたことに気づかされました。いつも助け合っていた3人は、結束が強すぎて、男性が入りにくいのだと思います。この状況は、世の女子にも多く、とてもリアルだと思いました。
haru 25
 

予想

 

★KEYの発言で自分の言動を恥じた倫子は、そのことを香と小雪に告げます。しかし、香と小雪がKEYに問いただしたからだと、自然と2人を責める発言をしてしまいます。「倫子の事を思っての行動だったのに!」と、2人は怒りを覚え、3人の中に亀裂が入ってしまうのではないでしょうか。 
haru 25

 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報