就活家族6話ネタバレ感想!塾長国原・新井浩文は写真で再度脅迫か

      2017/03/11

画像引用元: http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/story/0001/
 

塾長国原・新井浩文は写真をネタに洋輔を再度脅迫か?
 

「就活家族〜きっと、うまくいく〜」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

就活家族のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!

工藤阿須加の彼女や結婚の噂やかっこいい髪型・服に演技力は?経歴も

新井浩文が就活家族の国原耕太!彼女や韓国人・朝鮮人の噂と本名は?

渡辺大が就活家族の真壁雄斗で渡辺謙の息子!嫁や母親・兄妹について

木村多江の結婚相手の旦那・子供や実家がお金持ち?父親について

山本未來の叔父は伊勢谷友介で元彼は坂上忍!子供や離婚の噂の真相!
 

予想・見どころ

 

★ついに家族全員無職で就活家族になりましたが、6話ではみんなそれぞれ本気で頑張らないとと思いだすと思います。今までお父さんがいるし大丈夫という心がどこかにあったけれどそれがだめになり、がむしゃらに頑張るしかないとそれぞれしっかりし始めます。父はみんなに打ち明けたことで気は楽になったが家族からの信頼失い、肩身をせまいおもいをして暮らします。
国原就活塾の塾長は例の写真を優子から受け取り、和解をするがその写真でまた家族の絆がこわれるきっかけになるのではと予想します。
(ゆー32才)

 
★水希がホストクラブに通っていた事、洋輔が日本鉄鋼金属を退職し再就職先を探していた事などが、すべて家族に知られ富川家はバラバラになる。
洋輔は、自営のコンサルタントをやるのはどうか提案され一念発起する。
一方、栞はジュエルDを退職したものの転職を模索し始めるが失敗の連続。
光は出版社など諦めて内定を一つでもとってこいと言われていた。
家族全員、なかなかうまく事が進まない。
これからいったいどうなるのだろうか?
さっこ 51歳
 

あらすじ

 

5話ネタバレと感想はこちら
 

 水希(黒木瞳)が真咲(長田成哉)に会うため、ホストクラブに通いつめていたこと、そして洋輔(三浦友和)が日本鉄鋼金属を退職し、再就職先を探していたことなどがすべて家族に知られ、富川家はバラバラに…。不動産会社から新居の配管外装工事完了の連絡も入り、すぐにでも引っ越しができるという中、水希は温泉旅行に行くと家を出てしまい、洋輔は雑然とした家の中で途方に暮れるのだった。
 夏野久美(キムラ緑子)からも正式に「夏野洋菓子店の社長就任の話はなかったことに」と言われた洋輔は、天谷五郎(段田安則)から「自営のコンサルタントをやるのはどうか」と提案され一念発起。天谷から紹介してもらった会社との契約を足がかりに、昔の取引先などのツテを辿って少しずつ顧客を増やしていこうと考える。
 しかしそんな洋輔に水希は「もっと生活のことを真剣に考えて」と冷静に指摘。ふたりの間には気まずい空気が流れる。

 一方、ジュエルDを退職し、ファッション業界への転職を模索し始めた栞(前田敦子)だったが、面接がうまくいかず失敗の連続。光(工藤阿須加)は国原耕太(新井浩文)から「出版社など諦めて、内定をひとつでも取れ」とハッパをかけられていた。

 ある日、富川家を訪れた川村優子(木村多江)を水希は部屋に迎え入れる。洋輔に見合う再就職先のリストを持ってきたという優子に「家族のために、自営ではなくちゃんと就職すべきと言って欲しい」と無頓着に頼む水希だったが…?

 その頃、洋輔の元に国原が現れる。日本鉄鋼金属退職のきっかけとなった、優子とふたりで写っている写真をネタに新事業への協力を強要する国原に洋輔は…?

※番組HPより引用
http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/

 

キャスト
 

富川洋輔役:三浦友和

富川水希役:黒木瞳

富川栞役:前田敦子

富川光役:工藤阿須加

新井浩文
 

渡辺大
 

木村多江

山本未來

戸川加奈・・・中川知香

キムラ緑子

段田安則
 

ネタバレ

 

富川家の父、洋輔は失業したことを家族に打ち明けて妻から冷たい態度をとられます。
 

母の水希は家のこともせず友達と温泉に行きます。

 
 

洋輔は家のことをしていると同級生の久美ちゃんから連絡があり、会います。
 

くみちゃんからは経営コンサルタント料として少しのお小遣いをもらいます。
 

それで自信をつけた洋輔は自営の経営コンサルタントの仕事をしようと決めます。
 

水希は反対しますが、自分も就職活動をしてすごく難しいことを実感して洋輔に相談します。
 

洋輔は優しく受け止めます。
 

水希も期限を決めて洋輔を応援することに決めます。
 

来月までに目処が立たなければ新居を転売して事業をはじめることはあきらめるという条件付きです。
 

みんなが失業したことで家族の会話も増え、すごく家族が仲良くなり始めました。

 
 

水希は高望みは辞め、大好きな花屋でバイトをすることにします。
 

優子と洋輔の写真をもとに国原に脅されている洋輔は優子にもう会わないでおこうと新居で伝えてる姿を水希に見られてしまいます。
 

優子は水希に自分が原因で洋輔が会社を辞めなくなってしまったと言い、水希は洋輔と優子の関係を疑い、怒ります。
 

怒った母は優子が原因で会社を辞めたとはどういうことか問い詰めます。
 

自宅の郵便受けには優子と洋輔の写真が送りつけられていてどうにも言い訳ができなくなります。
 

水希は情けないのとまだ秘密があったことに涙します。
 

感想

 

★父、洋輔の姿が何をやっても空回りで大手企業の役員のオーラは全くないなと感じました。妻の水希の言っていることは最もで家族に隠し事や嘘をつくとそれを隠すためにどんどん嘘をつかなくては、いけなくなり、それがバレたら修復は無理だなと実感しました。すべては優子のせいで怖い女だなと思いました。
(ゆー32歳)
 

予想

 

★自宅に洋輔と優子の写真を投函したのは国原ではなく優子でした。せっかくうまくいきかけていた家族はまたバラバラになり、特に妻の水希の気持ちが持ち直すことはなく、洋輔に冷たい態度をとります。洋輔の自衛事業はうまくいかず、家族はまだまだ失業家族になると思います。水希は新居を転売することに決めます。
(ゆー32歳)
 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報