就活家族7話ネタバレ感想!今後の人生の選択を迫られた洋輔は…

      2017/03/11

画像引用元: https://mobile.twitter.com/modelpress/status/816537208488218624
 

今後の人生の選択を迫られた洋輔は…
 

「就活家族〜きっと、うまくいく〜」の8話と7話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

就活家族のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!

工藤阿須加の彼女や結婚の噂やかっこいい髪型・服に演技力は?経歴も

新井浩文が就活家族の国原耕太!彼女や韓国人・朝鮮人の噂と本名は?

渡辺大が就活家族の真壁雄斗で渡辺謙の息子!嫁や母親・兄妹について

木村多江の結婚相手の旦那・子供や実家がお金持ち?父親について

山本未來の叔父は伊勢谷友介で元彼は坂上忍!子供や離婚の噂の真相!
 

予想・見どころ

 

★自宅に洋輔と優子の写真を投函したのは国原ではなく優子でした。せっかくうまくいきかけていた家族はまたバラバラになり、特に妻の水希の気持ちが持ち直すことはなく、洋輔に冷たい態度をとります。洋輔の自衛事業はうまくいかず、家族はまだまだ失業家族になると思います。水希は新居を転売することに決めます。
(ゆー32歳)

 

あらすじ

 

6話ネタバレと感想はこちら
 

 洋輔(三浦友和)の日本鉄鋼金属退職の理由が、川村優子(木村多江)へのセクハラだったことがわかり、富川家は完全に冷え切った状態に。水希(黒木瞳)は「セクハラをしたことよりも、そんな大事なことを家族に隠してきた貴方に我慢ならない」と、洋輔を避けるように生活を始める。

 相変わらず清掃業者での仕事を続けていた洋輔はある日、日本鉄鋼金属のビルに配属される。かつての部下や同僚たちに見つからないよう、息を潜めながら清掃をする洋輔だったが、総務本部長の綿引(神保悟志)が清掃員をバカにするような発言をしたことに激怒。目深にかぶっていた帽子を取り、「お金をもらうために働いていることの何が悪い」と反論する。しかし綿引には「俺が役員になることを妬んでいるのか?」と嫌味を言われてしまい、洋輔は悔しい思いを抱えながら見送るしかなかった。
 コンサルタント業の顧客開拓も少しずつながら進んでいた洋輔は、国原耕太(新井浩文)から協力を求められていた障害者施設設立のため、彼を国会議員の竹之内に引き合わせる。行政からの助成金を得るため、竹之内に出まかせを並べる国原を警戒の眼差しで見つめる洋輔だったが…?

 学校を辞めた水希は花屋でアルバイトを始め、そこで正社員採用の打診をされる。しかし教育の仕事への未練を断ち切れない水希は返事を保留するのだった。
 一方、インターネット情報配信社の採用試験を受けた光(工藤阿須加)は内々定を取得。しかし名古屋の本社勤務の可能性が浮上し、家族が離れ離れになってしまうことに不安を募らせる。さらに、真壁雄斗(渡辺大)との結婚を本格的に考えだした栞(前田敦子)は、洋輔と水希に「真壁と会って欲しい」と頼む。冷え切った洋輔と水希の関係を元に戻そうとする栞と光は…?

 そして洋輔に今後の人生を左右する出来事が起こり、大きな決断を迫られることに!

※番組HPより引用
http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/

 

キャスト
 

富川洋輔役:三浦友和

富川水希役:黒木瞳

富川栞役:前田敦子

富川光役:工藤阿須加

新井浩文
 

渡辺大
 

木村多江

山本未來

戸川加奈・・・中川知香

キムラ緑子

段田安則
 

ネタバレ

 

いろんな隠し事がバレた洋輔はすべてを家族に白状した。
 

家族の雰囲気はどんどん悪くなる。

 
 

花屋でバイトを始めた水希は正社員になる話を頂くが、最初はまだ教育の仕事を捨てきれないからと断る。
 

しかし、やはり新たな道に進むために正社員になることを決める。

 
 

光は内々定をもらえた会社があるが、勤務が名古屋になるかもしれないことを母親に相談する。

 
 

栞は服屋に自分のデザインを持ち込むが、相手にされない。
 

しかし、しぶとく何度もすがっていると10万円で見習いなら雇ってあげると言われる。
 

栞は養ってくれる人がいれば問題ないと考え、真壁に結婚を申し込む。
 

さらに両親がうまくいってないので一度家にきてほしいとお願いして真壁を自宅に招くが、洋輔とひどい言い合いになる。
 

栞は洋輔に怒り、水希は洋輔に別れて新しい人生を歩むことを提案する。
 

そんなとき洋輔に1本の電話が入る。
 

元職場の日鉄鋼の社長からだった。
 

社長室に向かうとそこには優子がいてすべてを話したという。
 

社長は洋輔に謝り、インドに設立する新会社の社長をやってほしいと言った。
 

感想

 

★洋輔の自分のことを棚に上げての数々の発言には腹立つことがいっぱいありました。けれど日鉄鋼で清掃の仕事をしていたときに元職場の人にはっきり言ってくれたときはすっきりしました。清掃の仕事をこんな仕事とかいうのはすごく失礼だと思いました。
栞の彼氏の真壁くんが洋輔と言い合っているシーンがすごく面白かったです。
(ゆー32才)
 

予想

 

★洋輔は日鉄鋼のインドの新会社の社長の仕事を引き受けます。
光は名古屋の会社に就職し、水希は花屋の正社員として働くことを決めます。栞は真壁との結婚をやっぱりあきらめられないのと、服屋で見習いとして働き始めます。
家族はそれぞれの人生を決め、ばらばらになろうとします。
(ゆー32才)

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報