就活家族9話ネタバレ感想!富川家の結末は?家族の絆を修復する?

      2017/03/11

画像引用元: https://mobile.twitter.com/hashtag/就活家族
 

富川家の結末は?家族の絆を修復する?
 

「就活家族〜きっと、うまくいく〜」の10話と9話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

就活家族のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!

工藤阿須加の彼女や結婚の噂やかっこいい髪型・服に演技力は?経歴も

新井浩文が就活家族の国原耕太!彼女や韓国人・朝鮮人の噂と本名は?

渡辺大が就活家族の真壁雄斗で渡辺謙の息子!嫁や母親・兄妹について

木村多江の結婚相手の旦那・子供や実家がお金持ち?父親について

山本未來の叔父は伊勢谷友介で元彼は坂上忍!子供や離婚の噂の真相!
 

見どころ予想

 

★水希は花屋の仕事でどんどん大事なことも任されていきます。寮での1人暮らしも始めます。
栞は彼氏と住み、しぶとく服屋の仕事を頑張ります。少しずつ上司にも認められます。
光は国原との福祉事業の仕事をすることに決めます。
洋輔は自営の経営コンサルタントで頑張ります。
それぞれが新たな道を歩き始め、家族はばらばらになりますがたまに会い、離れたからわかる絆ができると思います。
(ゆー32歳)

 

あらすじ

 

8話ネタバレと感想はこちら
 

 大切な家族との食事会を、仕事のためにすっぽかしてしまった富川洋輔(三浦友和)。大事なときにまで家族より仕事を優先した洋輔に対し、ついに水希(黒木瞳)は離婚届を突きつけて家を出る。水希は生花店の社員用アパート、そして栞(前田敦子)は真壁雄斗(渡辺大)のマンションへ。光(工藤阿須加)は国原耕太(新井浩文)が用意してくれた家に移り住んで、富川家はとうとうバラバラの生活をスタートさせるのだった。
 ひとり新居へと引っ越す洋輔だったが、今のままではローンを払っていくことは困難と判断。天谷五郎(段田安則)に転売を相談しようとした矢先、断ったはずだった日本鉄鋼金属のインド新会社社長就任の話が再浮上し…?

 その頃、光が『月刊ザ・エコノミージャーナル』の記事のために調べていたブラック企業と悪徳就活塾の癒着がネットで話題に。その悪徳就活塾とは国原就活塾のことだと直感する。このことを記事にすれば売れる、と編集部員から発破をかけられる光だったが、世話になっている国原を裏切るわけにはいかないと思い悩み、水希に相談を持ちかける。
 一方、栞も仕事のことと真壁のことで悩み、水希に相談しようと生花店を訪問。しかし、仕事に追われ忙しい水希は、栞と光の話を満足に聞いてあげることができない。

 そんな中、洋輔のインド行きの日程が迫る。バラバラになってしまった富川家はどんな未来を選択するのか?

※番組HPより引用
http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/

 

キャスト
 

富川洋輔役:三浦友和

富川水希役:黒木瞳

富川栞役:前田敦子

富川光役:工藤阿須加

新井浩文
 

渡辺大
 

木村多江

山本未來

戸川加奈・・・中川知香

キムラ緑子

段田安則
 

ネタバレ

 

水希は花屋の仕事で大きな仕事を任されるようになりやりがいを感じ始める。
 

栞は浮気をしていた真壁とは別れ、傷つく心を洋輔に支えられた。
 

光は出版社での仕事で悪徳就活塾の記事を書く件で、お世話になってる国原塾の事を書いていいものか悩むものの洋輔に諭され記事を書き、それが認められ雑誌の記事になった。
 

仕事に追われ栞や光の相談に乗れない水希のフォローを洋輔がしたことで子供たちは前に進めた。
 

結局洋輔は家族と離れたくないという理由でインドに行かなかった。
 

家族は新しい家に集まり、みんな頼もしくなり、またみんなで暮らすことになった。
 

感想

 

★就活家族の最終回期待以上によかったです。こんなにきれいにまとまるなんて思ってもなかったです。国原さんは捕まってしまったけど罪を償ってから福祉事業頑張ってほしいです。
みんなやらなければならない状況になればできるということですね。こんな終わり方?っていう最終回も多いですが就活家族はきれいにまとまっていました。
(ゆー32歳)

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報