真昼の悪魔3話ネタバレ感想!倖田來未の主題歌On my wayが良い!

      2017/03/26

画像引用元: http://tokai-tv.com/mahirunoakuma/
 

倖田來未さんの主題歌On my wayが良い!
 

「真昼の悪魔」の4話と3話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

真昼の悪魔のネタバレ最終回結末・ロケ地・原作あらすじ・キャストは?
 
田中麗奈の結婚した相手の旦那や妊娠出産は?今もかわいいしきれい

中村蒼の経歴や彼女・結婚の噂は?かっこいい髪型・服や演技力の情報
 

あらすじ

 

2話ネタバレと感想はこちら
 

第3話 『命日』

2月18日 放送
 教会の懺悔室で父親の殺害を予告した葉子(田中麗奈)は、連日父の徳広(村井國夫)のために料理を作るように。ある日、葉子が台所で料理をしていると、徳広が何気なくつぶやく。「今度の土曜、母さんの命日だな」。葉子の目がカレンダーをじっと見据える。

 一方、葉子にそっけなく扱われた大塚(大倉孝二)は、診察室にまで押しかけ猛アタック、再びデートに誘う。するとそのデートの最中、大塚のライバルで実業家の宮島(原田龍二)が声をかけてきた。宮島は美しい葉子に興味を持った上、大塚を挑発して去っていく。後日、大塚が宮島を殴っている動画がネットに出回った。宮島の挑発に乗った自分自身に落ち込む大塚を慰めるように、葉子は食事の約束をする。しかし大塚が待ち合わせ場所に行くと、葉子の隣にいたのは……。

 病院では手術を控えた難波(中村蒼)を励ますように芳賀(篠原篤)が話の相手をしていた。執刀医が葉子であることに不安を抱く難波の前で、芳賀は今まで病院内で起きている事件の推理を披露。しかも葉子を疑っているのではと指摘され気持ちが落ち着かない難波だったが、結局葉子に説得されて手術同意書にサインをしてしまう。

 母親の命日の日、葉子は大塚を家に招く。すると普段とは別人のように威厳を持った徳広が現れた。身だしなみを整え、父親として娘の恋人に向き合う徳広の姿に、葉子は意外な表情を見せる。そして大塚が帰った後、夕食を作ろうと台所でスープ鍋の前に立った葉子は、あるものの入った容器を手にして…。

※番組HPより引用
http://tokai-tv.com/mahirunoakuma/

 

キャスト
 

 

ネタバレ

 

葉子(田中麗奈)にはいじめられていた過去があった。
 

幼かった葉子は、歩道橋の上からレンガを落とし、いじめっ子を殺そうとするものの、その瞬間いじめっ子が車に引きずりこまれ誘拐されるのを見てしまう。
 

警察は「何か見なかったか?」と葉子の家まで聞き込みに来るが、「何も知らない」と答える葉子。
 

しかし、本当はみていたのではないかと疑う母も父も我が子を恐れるのだった。

 
 

神父に予告した通り父親の殺害を目論む葉子は、台所で薬品が入った瓶を気にしながら料理を作っていた。
 

すると、お気に入りの芸人のテレビを見ていた父親が「今度の土曜、母さんの命日だな」とボソッと呟き葉子はカレンダーをじっと見つめながら新たに企む。

 
 

 一方、「恋愛なんてつまらない」と葉子にふられた大塚(大倉孝二)だが、「今までこんな風にそっけなくされたことはない」とさらに燃え上がり再び葉子をデートに誘う。
 

バーでデートしていると、大塚のライバルで実業家の宮島(原田龍二)とバッタリ出くわし声をかけられる。
 

綺麗な葉子に興味を持った宮島は葉子に積極的に声をかけ名刺を渡し、大塚を挑発して去っていく。
 

怒った大塚は、後日、宮島を殴りにいくが、その動画がネット上に出回ってしまう。
 

病院で同僚から一連の流れを聞いた葉子は、挑発に乗って策略にハマったと落ち込む大塚を食事に誘う。

 
 

後日、葉子からの誘いにテンションが上がる大塚が待ち合わせ場所に向かうと、葉子と食事を楽しむ宮島がいた。
 

驚き取り乱す大塚だが、葉子は静かに振り払い宮島と上のスイートルームへ去って行く。
 

絶望感に襲われる大塚。
 

スイートルームでは宮島と葉子が楽しく酒を交わしていた。
 

葉子の誘いに乗った宮島は服を脱ぎ椅子に縛られ身動きが取れなくなっていた。
 

状況を楽しむ宮島だが、その間に葉子は大塚を部屋へ呼んでいた。
 

「動画を撮ったら」との葉子の提案に乗りスマホで宮島の様子を録画する大塚。
 

それを楽しむ葉子。
 

大塚は葉子の計らいに感謝する。

 
 

母親の命日に葉子は大塚を家に招き、父親に紹介する。
 

その夜、今日も台所で料理をする葉子は母のスープのレシピを前に薬品の入った瓶を取り出す。
 

お母さんの命日に死にたいと言っていた父だが、明日好きなお笑いコンビがテレビに出るからそれまでは生きたいと言い出す父。
 

それを聞いた葉子が瓶に入った残りの薬品全てを鍋に入れた瞬間、酒を飲んでいた父が急に苦しみだす。

 
 

病院へ緊急搬送された父はもう手の施しようがない状態だった。
 

死ぬのを待つしかない身で眠る父の枕元で、「私が殺すんだからまだ死んじゃダメだ」という葉子。
 

すると「死ぬならお前のスープを飲んでからがよかった」と目覚めていた父はいう。
 

父は娘が少女の頃から「悪魔」だということや自分を殺そうとしていたことを知っていたのだった。
 

そして父は息をひきとる。

 
 

一方、大腸ガンのステージ1だと伝えられた難波(中村蒼)は自分の病気を前におとなしくなっていた。
 

その様子を伺いながら怪しい動きを見せる芳賀(篠原篤)。
 

手術の執刀医が葉子だということに不安が募る難波だが、結局葉子に説得され手術同意書にサインをしてしまうのだった。
 

感想

 

★ホテルの跡継ぎを手玉に取るシーンは爽快でした。まさか同業者のライバルが現れるとは思いませんでした。二人の幼稚な争いをお酒を飲みながら冷たく見ている葉子の姿が恐ろしく感じます。父親に毒入りの食事を与えるなんて恐ろしいです。一気に殺さないで母親の命日に罪悪感という言葉でどどめをさすなんて怖い娘です。毒殺されるのを知っていた父親も哀れです。
yumi 19歳
 

予想

 
★洋子にがんの告知をされてから聖人の態度が少しおかしい感じがします。聖人に頼まれて色々なことを調べている掃除のおじさんは何か目的があると思います。ただものではないと思います。聖人の今後の病状が気にかかります。病院の同僚が怪しく思わないのが腑に落ちません。
yumi 19歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報