精霊の守り人2悲しき破壊神6話5話ネタバレ感想!高良健吾が王子に!

      2017/02/24

画像引用元: http://www.oricon.co.jp/news/2084827/photo/1/
 

高良健吾さんが王子として登場しましたね!
 

「精霊の守り人 悲しき破壊神」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

精霊の守り人1.2ネタバレ最終回結末・ロケ地・原作あらすじ・キャスト総まとめ

精霊の守り人悲しき破壊神のロケ地・原作あらすじネタバレ・キャスト

若手俳優・板垣瑞生が精霊の守り人のチャグム役!彼女や学校の噂は?
 

鈴木亮平がかわいい!演技力や髪型についても

加藤清史郎がOUR HOUSE出演!熱愛彼女や現在の身長は?年収についても

木村文乃の二ノ妃の頬えくぼや演技力は?破局した熱愛彼氏と結婚の噂

林遣都の精霊の守り人の演技力は?熱愛彼女と結婚か破局かについて

小林颯の年収や性格は?学校や家族について!かわいいチャグムの演技力も
 

あらすじ

 

4話ネタバレと感想はこちら
 

バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)と同じタル人を伴って都を目指すが、その影響でロタ人への憎しみを口にするアスラに「人を殺したいなんて二度と思わないでくれ」と繰り返し言い聞かせる。吊り橋で武装集団に襲われ、自ら盾となってアスラたちを先に行かせるバルサに、背後からも矢が射られた…!一方、チャグム(板垣瑞生)はタルシュ帝国の属国となったヨゴに連行される。そこはヒュウゴ(鈴木亮平)の故郷でもあった。

※番組HPより引用
http://www.nhk.or.jp/moribito/

 

キャスト
 

綾瀬はるか

藤原竜也

東出昌大

木村文乃

板垣瑞生

真木よう子

柄本明

鈴木梨央

ディーン・フジオカ

壇蜜

福山康平

橋本さとし

渡辺えり

岩崎う大

鈴木亮平

織田梨沙

小市慢太郎

 

ネタバレ

 

バルサとアスラは無事ロタ王国に入り、そこでアリーシアの仲間を名乗る女からタルハマヤを信仰するタルの民がいる古い神殿の跡に行くように促される。
 

バルサは自分の体験をとおし命を軽々しく扱わない様に、殺人を愉しまないよう、力の使い方に気を付けるように諭すのである。
 

神殿に向かう吊り橋で敵に襲われ防戦するバルサだがタルの民に裏切られ背後から矢を射かけられてしまう。
 

辛うじて川に飛び込んで逃げ延び危険を感じていたスファルの部下により助けられ、スファル、タンダと合流する。
 

無事神殿に着いたアスラは自分の命を狙っていたシハナから、アスラを神の使いタルハマヤと聞かされ、洗礼を受ける。
 

ーシハナはロタの王弟イーハンにアスラを会わせその力を使ってロタ王国を滅亡させようと企んでいる・・・なんと恐ろしいことかー

 
 

一方ヒュウゴに助けられたチャグムは海賊の娘で頭のセナとタルシュ帝国の旧ヨゴ国領地に身を置く。
 

チャグムはヒュウゴにヨゴの神殿跡に連れていかれ自分がヨゴを捨てたトンガル帝の末裔と聞かされる。
 

その頃タルシュ帝国の第二王子ラウル(高良健吾)が遠征から帰還し、次の標的は新ヨゴ国であると匂わせる。・・・
 

いよいよタルシュ帝国、ロタ王国、新ヨゴ国、三国の三つ巴の争いが始まろうとしている。
 

海賊娘の水泳シーンが見どころとなった今回。
 

チャグムは、バルサはこの争いにどうかかわってくるのか?目が離せないところで次回につづく。
 

感想

 

★吊り橋での戦闘シーンでは、バルサの動きが良く分からず少し残念です。臨場感を出したのでしょうが俯瞰の絵で全体の様子が知れたら良かったと思います。バルサの救出されるシーンがカットされていていきなりトロガイが現れ流れに違和感を感じました。あとセナの遊泳シーンは彼女のスタイルの良さがとても素敵でした。
masahoichi 50歳
 

予想

 

★ラウルはヒュウゴと一緒にいるチャグムを人質とし新ヨゴ国に降伏を迫る、しかし帝はチャグムの弟を皇太子と任命しこの申し入れを断るのである。その帝の態度の国民の不満が起こってくる。一方アスラはシハナとともにイーハンに会うのであるが、何かが起こりそうな気がします。今後の展開に重要なカギとなるでしょう。
masahoichi 50歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報