犯罪症候群の1話ネタバレ感想!結末・最終回はどうなるのか?

      2017/06/27

結末・最終回はどうなるのか?
 

「犯罪症候群 season1」の2話と1話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

犯罪症候群のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

玉山鉄二の結婚相手の妻・子供に元彼女は?演技力もかっこいい実力派
 

要潤の結婚相手の嫁・松藤あつ子の年商や実家が凄い!子供についても
 

ミムラの本名や結婚・離婚相手・子供は?目が今現在もきれいでかわいい
 

高橋光臣の彼女・結婚や演技力は?徳井似で髪型・服もかっこいい俳優
 

見どころ予想

 

★オトナの土ドラは当たり外れが大きい気がしますが、前回の真昼の悪魔が面白かったので、今回も期待を込めて。予告を見た感じではなかなかスピード感もありおもしろそうな気がしてます。
玉山鉄二さんと渡部篤郎さん、谷原章介さんの3人と豪華キャストなので、そのあたりも見どころです。
ゆき 29歳

あらすじ

 

 土砂降りの雨の中、警察に連行されていく少年。
 駆け付けた一人の男が、すさまじい勢いで少年に襲い掛かり、殴り倒す。
 警官たちが必死で止めるが、かまわず殴り続ける。
 羽交い絞めにされ、それでも男はいつまでも暴れ続ける…獣のように。

 1年前警察を辞めて、今は探偵事務所で浮気調査に明け暮れる武藤(玉山鉄二)は、警視庁人事二課の環(渡部篤郎)という男から、ある“特命”を受ける。少額の身代金を要求し確実に儲ける「小口誘拐」を秘密裏に調査してほしいというものだった。犯罪捜査には二度と関わらないと決めていた武藤だが、犯人が未成年の可能性があると聞かされ動揺する。
 武藤が刑事を辞めた理由。先輩刑事の鏑木(谷原章介)との結婚を控えていた武藤の妹が、見ず知らずの中学生に殺されたのだ。少年法に守られた犯人を、我を忘れた武藤は本気で殺そうとした。警察官でありながら抱いてしまった獣のような思い。自らの復讐心を恐れた武藤は、刑事の職を離れた。「まだその思いは消せないのか?」今も刑事を続ける鏑木の問いが、武藤の胸に突き刺さる…。

 ある夫婦の5歳になる娘が誘拐され、犯人から身代金500万円の要求が入る。
 娘の命が500万?5000万ではなく?
 「警察ニ知ラセタラ、娘サンニハ二度ト会エマセン」
 500万円なら貯金を崩せば払えない額ではない。夫婦は犯人の指定通りに500万円を支払い、程なくして娘は家に帰ってくる。怯えた様子はまったくなく、「お姉さんと遊んでいた」のだという…

 迷った末、環の依頼を受けることにした武藤。一方、鏑木もまた「小口誘拐」の事件を追っていた。幼い娘を誘拐され身代金500万円を支払った田村(甲本雅裕)が警察に通報したのだ。娘は無事に帰ってきたものの、犯人の手がかりがまったくつかめない状況に田村は青ざめる。もし犯人を怒らせてしまったら…。
 一方その頃、とあるマンションの一室で、磯村咲子(ミムラ)は初対面の子供と遊んでいた。玩具の商品開発モニターのアルバイトと頼まれ、何の疑いも抱かず子供の相手をする咲子だったが…。

※番組HPより引用
http://hanzaishokogun.com

 

キャスト
 

玉山鉄二
 

谷原章介
 

渡部篤郎
 

鶴田真由
 

桜田ひより
 

要潤
 

ミムラ
 

甲本雅裕
 

相島一之
 

竜雷太
 

高橋光臣
 

ネタバレ

 

主人公の武藤(玉山鉄二)は現在探偵として働いていた。
 

武藤は1年前まで刑事だった。
 

しかし、ある日先輩刑事である鏑木(谷原章介)と婚約していた武藤の妹が襲われたうえ、遺体で発見される。
 

犯人はなんと中学生の少年だった。
 

連行された少年の前に武藤が現れ、すごい勢いでその少年に殴りかかる。
 

警察官が止めるも、武藤は何度も何度も殴り続けた。

 
 

当然、少年法に守られた犯人。
 

法で守られるならと武藤は辞表を出し、犯人の少年を本気で殺そうと考えていた。
 

しかし、自分が犯した罪の重さを実感した少年は自殺してしまっていたのだ。
 

しかし、武藤は一瞬でも本気で人間を殺したいと思ってしまった自分の復讐心を恐れ刑事を辞めたのだった。

 
 

現在の武藤の主な仕事の依頼は浮気調査。
 

家に帰れば年頃の娘には毎日浮気を追っかけていると軽蔑される武藤。

今日もまた1組の男女の行動を追い、証拠の写真を撮っていた。

 
 

そんなある日、ブログに自分の娘を載せていたある家庭で、その娘が誘拐された。
 

犯人は500万円の身代金を要求し、それに応えた両親の元に、犯人の言葉通り無事に娘が戻ってきた。
 

「お姉さんと遊んでた」という娘を抱きしめる両親。

 

最近このような少額の身代金を要求することで、警察に通報させずに確実に身代金を回収するという「小口誘拐」が頻繁に起こっていた。

 
 

武藤は、この『小口誘拐』を極秘に調査してほしいと警視庁人事二課の環(渡部篤郎)に依頼される。
 

捜査には二度と関わらないと1年前に決意した武藤だったが、未成年の犯罪を許すことが出来ない武藤に対して発した環の「犯人が未成年かもしれない」という嘘により依頼を受けることを決意する。

 
 

先日、娘を誘拐され500万円の身代金を支払った田村(甲本雅裕)が警察に被害届を出すが、警察は犯人の手がかりがつかめない。
 

『犯人を怒らせて、また娘に何かあったら…』そう考えた田村が被害届を取り下げたことで捜査は打ち切りになってしまう。

 
 

 一方、とあるマンションの一室で、磯村咲子(ミムラ)は子供と遊んでいた。
 

寝たきりの母親の面倒をみる為、保育士の職から離れた咲子だったが、介護に疲れを感じていた。
 

そんな時、おもちゃの商品開発のモニターのアルバイトを依頼され、何の疑いも抱かず初対面の子供と遊んでいたのだ。
 

バイトの依頼をしてくるある人物に会ったことはない咲子だったが、介護の疲れの中優しい言葉をかけてくれるその人物に支えられていたのだった。
 

そして、またバイトの依頼を受けるのだった。

 
 

巧妙な手口から他にも被害者はいるのではないかと田村に協力を求めに行った武藤だが、「今の幸せを壊したくない、人様の子供の事を考える余裕はない」と断る田村。
 

そんな中、武藤の娘が行方不明になるのだった。
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★キャスティングが良いドラマです。役にハマっていて違和感が全然ありませんでした。玉山鉄二さんの迫真の演技も良かったです。過去の事件の犯人への憎しみを捨てきれない元刑事の探偵という難しい役ですが、吸い込まれました。
(せか 43歳)
 

★警視庁人事二課、小口誘拐、聞きなれない言葉ばかりで、今までのミステリーとはだいぶ違うなと思いました。冒頭5分で最終回まで観ること決定しました。咲子が犯人の一味なのか否か気になっていましたが、やはり知らなかったようですね。家族を殺された遺族が、犯人が自殺した、と聞くとあんな反応になるんですね。意外でした。身代金500万は安いのか、ちょっと考えてしまいました。
33歳 マカロン
 

予想

 

★私が気になるのは、人事課の刑事です。始めから怪しい雰囲気が出てると感じました。渡部篤郎さんの独特な雰囲気のせいもあるのでしょうが、このドラマの中で一番気になる人物です。あとはミムラさんの演じている人物も気になります。
せか 43歳
 

★犯人は未成年だと嘘をついてまで、武藤に協力させる環さんの狙いは何なのか、早くから武藤に目星をつけていたようで。フードの男の正体が分かりましたが、武藤がたどり着くまでまでには困難を極めるだろうなと思いました。次週、お姉さんがオモチャについて質問したというところから、咲子までたどり着けるのかどうか気になります。鏑木さんも、武藤とともに事件を追うことになるのでしょうか?
33歳 マカロン

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報