お母さん娘をやめていいですか7話ネタバレ感想!(ドラマ10)

      2017/03/03

画像引用元:http://kamilog-media.com/archives/1013
 

NHKドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」の8話と7話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

お母さん娘をやめていいですか?ロケ地・あらすじ原作・キャストは?
 
石井杏奈の彼氏・結婚は?髪型・服もかわいいしきれいなE-girls
 

あらすじ

 

6話ネタバレと感想はこちら
 

文化祭に顕子(斉藤由貴)がやってきて生徒の礼美(石井杏奈)の母と喧嘩になり、大騒ぎになる。そして、美月(波瑠)の目の前で礼美の母が階段から転落する事故が起きる。美月は責任を問われ、一時的に学校を休むように言われる。美月は、家に帰ってきなさいという顕子を拒否し連絡も絶つ。一方、浩司(寺脇康文)は会社に辞表を出し、顕子にもう一度やり直したいと伝える。そんな中、新居の引き渡しの日が近づいていた。

※番組HPより引用
http://www.nhk.or.jp/nagoya/okamusu/

 

キャスト
 

早瀬美月役:波瑠

早瀬顕子役:斉藤由貴

早瀬浩司役:寺脇康文

松島役:柳楽優弥

麻生祐未

大空眞弓

壇蜜

川端玲子

後藤・石井杏奈
 

ネタバレ

 

美月(波瑠)の学校の文化祭で口論になった顕子(斉藤由貴)と生徒・礼美(石井杏奈)の母。
 

その後母親は無理やり礼美の手を引き帰らせようとするものの反抗する礼美。
 

美月が追いかけるが、礼美の「ババア死ね」の声とともに目の前で母が階段から転落し病院に搬送されてしまう。
 

警察で事情を聴くものの、礼美と母親は何もしゃべらない。
 

美月は、事故だと言うことを主張するが、「ババア死ね」と言う礼美の言葉を周りの人間が聞いていたこともあり事故では済まされない状況だった。
 

このことは保護者会でも問題になり、顕子の件も引き金となり美月は責任を問われ、学校を休まざるをえなくなる。

 
顕子は家に帰ってきなさいとメールを送るものの美月は顕子の行動に嫌気がさしており、ことごとく無視される。
 

しかし、美月は母親に事の真相を話してくれと頼みに行き、やがて事故だということが認められ学校に復帰することが決まる。

 
 

一方、リストラ部屋に追いやられた美月の父親・浩司(寺脇康文)は辞表を会社に出し、新しい家で第二の人生を顕子と2人で歩いて行きたいと伝える。
 

今まで散々仕事に生きてきて、今更なに?と顕子に拒否される。

 
そんな中、顕子がまた迷惑かけるかもしれないと松島(柳楽優弥)の家を出る美月。
 

新しく借りた部屋への引っ越しまでは顕子の友人・牧村(麻生祐未)の家で暮らすことになる。
 

そんな中、新居の引き渡しの日が刻一刻と近づいていた。
 

メールを見てもいない美月の行動を読み、「無理に一緒に暮らせなんてもう言わないから美月の気持ちを大事にする」というメッセージを送る顕子。
 

それを受けた美月は安心し、家の引き渡しに顕子と向かうことになった。
 

二人で美月の部屋を見ていると、ここで一緒に暮らすと言い出した顕子の言葉に驚き拒否しようとする美月。
 

だが、そんな美月に戻ってこないならここから出さないと顕子は美月を閉じ込める。
 

「ママ、娘をやめていいですか?」と美月は聞くのだった。
 

感想

 

★母顕子からの「もう自由にしていいのよ」のメールに、無邪気に喜ぶ美月を切ない思いで観ていました。やはり思ったとおり、それは美月を新築引き渡しに呼び出すための口実と知り、ついに「娘をやめていいですか」と口走ってしまう美月。今回もかなり丁寧に構成された脚本だったと思います。執着する顕子に対する美月の必死の叫びが、心に刺さりました。それでも、世界でひとりだけの自分だけの母親を、切り捨てることは苦しくて悲しいことでしょうね。
ぷりん41才
 

★美月がお母さんから離れようとしているのに、お母さんがなかなか離してくれない。お母さんの美月への想いや執着がとても感じられ、怖い感じがしました。
最後に美月がお母さんにタイトルのように「娘をやめていいですか?」という所が印象深いです。
かりん 35
 

予想

 

★次回は、もう最終回なんですね!いったいどのように終わりを迎えるのか、とても気になっています。美月が完全に顕子と決別して、どこか新しい場所で新しい人生を始める、という終わり方にはしてほしくないです。それは現実的ではないから。精神的に顕子にがんじがらめにされている美月が、今ここでこのままの人生を続けながら、どのように自立していくことができるのかが気になります。少しずつ二人の関係性を変えていけるような、兆しが見えるだけのラストの方がしっくりくるような気がしますね。
ぷりん41才
 

★「娘をやめていいですか?」と聞いた後のお母さんがどうするのか気になります。
このまま、お母さんが美月の事をきっちりわかってくれて、干渉しないようになればいいのになと思います。
最後には美月は出ていき、自立すると思います。
かりん 35

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報