人は見た目が100パーセント1話ネタバレ感想!衣装も可愛い!

      2017/06/16

画像引用元: https://dorama9.com/2017/02/20/post-4241/
 

早くも衣装やバッグ・靴も可愛い!と話題になりそうな予感♡
 

「人は見た目が100パーセント」の2話と1話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

人は見た目が100パーセントのロケ地・ネタバレあらすじ・キャストは?

成田凌の彼女の噂やかっこいいブレイク寸前若手俳優のプロフィール

足立梨花の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服や演技力は?経歴情報も

岡崎紗絵の今現在の彼氏や学歴は?身長・体重・プロフィールについて
 

あらすじ

 

城之内純(桐谷美玲)は、八王子製紙で製紙素材の分析をする研究員。理系女子=リケジョだった純は、子どもころからファッションやメイクに興味がなく、いつしか周りの女子から置いていかれてしまった、自分に自信がない地味な女性だ。

ある日、純や研究員仲間の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)らが所属する第3研究室が、大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収されることが発表される。クレエラ社は、丸の内にオフィスを構え、1階には榊圭一(成田凌)らイケメン美容師が揃った人気美容室もあるような、これまでの純の人生とはまったく無縁の、おしゃれな世界にある会社だった。クレエラ社は、純たちが研究しているセルロースナノファイバーの高い保湿効果に注目し、新しいファンデーションの開発に応用したいらしい。

顔合わせを兼ねたクレエラ社の新年会に出席した純たちは、その華やかさに圧倒される。おまけに純は、くじ引きでクレエラ社の人気化粧品が当たったものの、使い方すらわからずにステージ上で大恥をかいた挙句、逃げるようにステージを降りようとして階段を踏み外し、気を失ってしまう。クレエラ社統括マネージャーの松浦栄子(室井滋)とともに冷ややかな目でその姿を見ていた丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)は、そんな純に、「これからはもう少し身なりに気を遣った方がいいんじゃないですか?人は見た目が100パーセントなのですから」と言い放つ。

困り果てた純、満子、聖良は、いままで知らなかったビューティーについて学んでスキルアップを図ろうと決意し、さっそく流行のメイクについて研究を始める。苦労の末、なんとか“うさぎ顔メイク”を完成させた純たちは、同僚研究員の丸尾拓馬(町田啓太)、三沢基樹(堤下敦)の前に立つが…。

※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/hitopa/

 

キャスト
 

桐谷美玲

水川あさみ

ブルゾンちえみ

室井滋

鈴木浩介

成田凌

町田啓太

足立梨花

岡崎紗絵

中尾暢樹

堤下敦(インパルス)
 

ネタバレ

 

理系女子3人はうさぎ顔メイクをしようと調べ始める。
 

早速化粧品を購入しメイクしてみる。
 

出来上がりを見てもいまいちわからないので城之内が廊下に出てみる。
 

目の下に入れたピンクのシャドウのせいで病気だと思われ同僚に逃げられる。
 

ピンクを薄くして再度チャレンジするが今度はスルーされてしまう。
 

研究所で働く3人の前にビューティーという壁が立ちはだかったのだ。

 
 

3人が働く第3研究室は化粧品会社クレーラジャパンに吸収されることになった。
 

そのため八王子から丸の内の研究所に移ることになった。
 

そして、そのためパーティーへの参加が決まった。

 
 

パーティー会場にパンツスーツで来た城之内はスタッフと間違えられてしまう。
 

前田は時代遅れのワンピースで、佐藤は着物で現れたのだ。
 

クイズに当たってしまった城之内は緊張して名前もろくに言えずにいた。
 

質問攻めにあい、景品のアイグロスを付けることになり、間違えて唇につけてしまった城之内は恥ずかしさのあまりその場で倒れてしまった。
 

3人は新しいセンター長の国木田にこれからは身なりを気をつけるように言われる。
 

人は見た目が100%だと。
 

生まれてからビューティーに無縁で生きてきた3人は自信を失う。
 

佐藤はパーティで自分はヒト科の女子モドキなんだと思ったと言う。
 

色々と研究すれば女子モドキが女子になれるのではないかという前田の言葉で3人はメイクの研究から始めた。
 

しかし、城之内は東(丸の内)には行きたくない、キラキラ女子の逆光の光でいつか死んでしまうと研究所を出て行ってしまった。

 
 

城之内は転職活動を始めるが上手くいかない。
 

面接会場で国木田に会い、面接に落ち続けていることを話すが見た目のせいだと思っているから落ちるんだと言われる。
 

城之内は転職は諦め、ビューティー研究をし丸の内へ行くことを決めた。
 

丸の内への通勤を考え研究その2としてストール研究を選ぶ。
 

第一目標として八王子の理系男子に褒めてもらうことを決めた。
 

雑誌を見ながら色々なストールの巻き方を研究し、実際に付けてみるが上手くいかない。
 

ストールは七難隠せると言うが、3人は自分には十二難以上あると気付いてしまった。

 
 

3人はプライベートで初めて食事に来た。
 

城之内は面接会場で国木田に言われたことを2人にも話し、人は見た目が100%ではないのか?と自信を無くしてしまう。
 

しかし、前田と佐藤に1人じゃないと励まされる。
 

翌日、帽子に着目した3人。
 

ナチュラルに着こなせるのが女子だと3人は研究を始める。
 

それぞれの顔の形に合わせて帽子を選ぶが被り方がわからない。
 

どう被ればいいのか悩んでいるところに国木田が現れた。
 

そして帽子の被り方を教えてくれた。
 

ストールを見つけた国木田は、ストールの巻き方も教えてくれた。
 

喜ぶ3人の前に現れた理系男子は褒めてくれた。
 

しかし素直に受け止められない3人だった。
 

褒められることに免疫がないという新しい課題が見つかった。
 

しかし理系男子に褒められるという目標はクリアできたのだ。

 
 

城之内は家でパーティーの景品でもらったアイグロスをつけ、ベレー帽とストールを巻いて電車に乗った。
 

帽子とストールを身に付けた3人は丸の内に降り立ったのだった。
 

新しい研究所に向かった3人は美容院が同じビルにあることを知った。

 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★期待以上だった気がします!原作のマンガを読んでないのもよかったのかな?桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみの3人がいいバランス。メイクの仕方やストールの巻き方などオシャレ要素が為になりそう。初めてメイクをした頃の気持ちを思い出した。自分は女子モドキじゃないか?と振り返りたくなった。
もずく 30歳
 

予想

 

★メイクとストール、帽子の次はヘア。美容院に向かった城之内は美容師さんといい感じになるのか?恋愛となると女子モドキにはハードルが高そうだ(笑)どうしたら華やかになるのか服屋さんでファッションショーしてみたり女子モドキが女子らしいことを始めてどこまで女子に近付けるのか楽しみ。
もずく 30歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報