ボク、運命の人です。1話ネタバレ感想!衣装やバッグも気になる!

      2017/06/19

画像: https://dorama9.com/2017/02/21/post-4301/
 

どんな衣装やバッグが使われるのかも気になる!
 

「ボク、運命の人です。」の2話と1話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

ボク、運命の人です。ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャスト

木村文乃の結婚相手(旦那・夫)は千葉大樹!頬えくぼや演技力について
 

あらすじ

 

この4月、都内の会社に異動してくることとなった正木誠(亀梨和也)。彼は女運がなく、なぜか付き合う女性たちには大きな難があり、挙句に別れを告げられるような恋愛を重ねていた。そんなある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れる。

彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言い放つ。怒る誠だったが、謎の男がテレビを点けると、そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿が。愕然とする誠。なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く誠に、神様は言う。「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と。そして差し出す1枚の写真。それは湖月晴子(木村文乃)の写真だった。だが、誠は晴子のことを知らない――。自称神の男が言う『本当の運命の人』:湖月晴子。彼女とは顔見知りではないが、実は5歳の頃の海水浴場で、大学受験の時の試験会場で、今年の初詣の神社で、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた女性だという。そして今、彼女は誠が異動してきた会社の壁を挟んで向こう側、背中合わせで仕事する「運命」の距離にいるという…。

晴子は今年30という年齢を迎えながら、男運に恵まれず、「次こそが最後の恋愛にしよう」と堅実で地に足の着いた人と恋愛することを願っていた。謎の男から不思議な運命を告げられた誠は、会社のビルで晴子と同じエレベーターに乗り合わせる。焦る誠。だが、勇気を振り絞って声をかける。「あの…ボク、運命の人です…」と。が、勿論突然のそんな発言を晴子は気味悪く感じてしまい――。
最悪の出会いから始まる最大の運命の物語。振り返れば「運命」だったのかもしれない、あの「偶然」の数々。運命を武器にした一人の男が、運命なんて信じぬ難攻不落の現代女性に立ち向かう、恋の冒険が今始まる!

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/

 

キャスト
 

亀梨和也

木村文乃

山下智久

菜々緒

渡部佑

渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)

岡野真也

杉本哲太

大倉孝二

石野真子

田辺誠一
 

ネタバレ

 

誠は新しい部署に異動してきた。
 

その日の夜に彼の歓迎会が行われ、同期の葛城に色々と暴露される。
 

同じ頃、同じ店で晴子は三恵の相談に乗っていた。

 
 

翌日、誠が買い物から帰ると知らない男がいた。
 

誠が付き合っていると思っていた女は詐欺容疑で捕まったことを知らされる。
 

その男は自分のことを神と名乗った。
 

晴子の写真を見せ、この女が運命の人だと言う。
 

さらには年内に晴子と結婚し、子供を作らないと30年後に地球が滅亡すると言う。
 

2人の子供が地球を救うのだと。
 

晴子は会社のデスクの壁の向こう側に座っていると。

 
 

翌日、隣の会社に向かうと晴子がいた。
 

誠は隣の会社から1ヶ月のお試しでウォーターサーバーを置いてくれる契約と取り付けてきた。
 

家に帰るとまた神が来ていた。
 

なんと晴子は誠の初恋の人だったと言うのだ。
 

さらに大学の入試で後ろの席に座っていたと言う。
 

そして今年の初詣でフードに入っていた5円玉は晴子が投げたものだと言う。
 

晴子は、家に帰ると母親から隣の家の子が結婚すると聞かされる。

 
 

誠は将来神が言ったように隕石が落ちてくる夢を見た。
 

晴子は三恵に飲み会の誘いを受けていた。
 

しかし、会社経営者という肩書きに難癖をつけ誘いを断った。
 

誠は初詣で行った神社に向かい、晴子の絵馬を見つけた。
 

そこには運命の人と出会って結婚したいと書いてあった。

 
 

翌日、仕事終わりのエレベーターで誠は晴子に会った。
 

そして突然、僕の運命の人らしいと話しかけたのだ。
 

晴子に怪しいと思われた誠は警備員に連れていかれてしまった。
 

晴子の元に同窓会の案内が届いていたが断っていた。
 

両親からはどこに縁があるかわからないから行けばいいのにと言われるが。
 

晴子は三恵に誘われていた飲み会に行くことにした。
 

誠は出張で山奥に来ていた。
 

老夫婦は58年住んでいて、体に合う水がなかったと言いサーバーの契約をしてくれた。
 

契約の報告の電話をしていると晴子が現れた。
 

再び怪しまれるがお互いに仕事だとわかる。
 

そして誠は受験や砂山を作った過去のことを話した。
 

僕があなたの運命の男ですと言うが、気持ち悪いと言われ、さらに二度と話しかけないでくれと言われてしまう。
 

晴子は三恵に誠の話をしていた。
 

三恵は運命だと言うが、晴子は運命に関して身構えている部分があった。
 

酔っ払って帰って来た誠は神を呼んだ。
 

そしてもっと役に立つ武器をくれと頼む。
 

神は運命を使いこなせていないと言う。
 

30年後に地球が滅亡するのも運命なのではないかと誠は神に言う。

 
 

後日、誠はクラッシックコンサートに来ていた。
 

流れて来た音楽で誠は高校時代の野球の出来事を思い出していた。
 

悔し涙を流していた誠に声を掛けてくれていたのは晴子だった。
 

曲の終わり思わず立ち上がり拍手をすると、同じく立ち上がった晴子がいた。
 

家に帰り、神と話しているとサヨナラヒットを打った相手定岡とはまだ決着が付いていない、近いうちに久しぶりに現れた晴子と強い運命を感じてしまうと言うのだ。
 

定岡は向かいのビルの会社にいた。

 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 

★土曜10時のドラマ枠初回ということで気合い入っているのが伝わって来た。亀梨さんと山Pを再共演させたのもそうかな?2人の共演ということで、野ブタをプロデュースを思い出させるものがあった。本編はとてもわかりやすいお話だった。運命という言葉が今後どんなものを生んでいくのか。あんなに運命だと言い寄られたら気持ち悪いと言った晴子の気持ちはとても共感できて笑えた。
もずく 30歳
 

予想

 

★1話の最後に出て来た定岡と晴子が再会。まさに神の言っていたとおり。この2人が恋に落ちちゃうのか?神いわく、強い運命で引き寄せられるらしいけど。と、私まで神に感化されている(笑)気持ち悪い男に格付けされた誠と晴子がどのように距離を縮めていくのか気になるところ。気持ち悪い男から運命の男に変わるのはまだ2話では早いかな?
もずく 30歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報