貴族探偵の1話ネタバレ感想!豪華キャストの衣装も気になる!

      2017/06/27

画像引用元: https://www.google.co.jp/amp/s/s.rbbtoday.com/article/2017/03/26/150338.amp.html
 

豪華キャストの衣装も気になる!
 

「貴族探偵」の2話と1話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

貴族探偵のロケ地・ネタバレあらすじ・キャストや原作について

田中道子の彼氏や経歴プロフィール・過去の出演番組等仕事について!
 

あらすじ

 

上流階級の出らしいということ以外、本名、職業、年齢など全てが謎の紳士、貴族探偵(相葉雅紀)。不可解な事件現場にふらりと赴き、解決に導くのだが、一切の推理は運転手の佐藤(滝藤賢一)、メイドの田中(中山美穂)、執事の山本(松重豊)に任せきりにしか見えない。そんな貴族探偵が今回、現れた場所とは?
 一方、高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を師と仰ぎ、彼女の事務所に勤める女性探偵。その日、愛香は事務所の重要なクライアントである玉村家の令嬢、依子(木南晴夏)の別荘、通称ガスコン荘で行われるパーティーに招かれていた。

愛香が到着すると、出迎えた依子がすでに集った友人たちと昨夜パーティーを行ったとのこと。意に介さぬ愛香に、依子はガスコン荘の地下にある“鬼隠しの井戸”の話をする。その古井戸には、死体を投げ込むと消えてしまうという伝説があった。愛香は半ば強引に依子に案内してもらうのだが、古井戸の側にパーティーの客の死体が…。そしてその周囲には無数の血の足跡が!
 現場を確認した愛香は、警察に連絡。しばらくすると、警部補の鼻形雷雨(生瀬勝久)が部下の常見(岡山天音)をともなって現れ、パーティー客らを一部屋に集める。殺害状況などから、容疑者は昨夜からガスコン荘にいた者の誰かだと思われた。一晩ガスコン荘は密室状態…。ということは容疑者はこの中に?…。と、そこに、主人の使いで来た執事と名乗る山本が顔を出す。山本が一同を案内したのは、庭に作られた巨大な天幕。唖然とする一同の前に悠然と貴族探偵が登場。貴族探偵は、この事件を自分が解決すると言い放つ。

※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

 

キャスト
 

相葉雅紀

武井咲

生瀬勝久

木南晴夏

岡山天音

田中道子

井川遥

仲間由紀恵

滝藤賢一

中山美穂

松重豊
 

ネタバレ

 

【全く推理しない、貴族探偵】
 

 愛香は切子の探偵事務所で働く、探偵です。
 

大口クライアントの玉村家のパーティーに参加するため、愛香は出かけていきました。
 

玉村グループの令嬢・依子から、地下の鬼隠しの井戸を見せられた愛香は、大昔に死体を投げ入れていたと聞き、ゾクゾクします。
 

血の跡を見つけた愛香と依子は、依子の親友・笹部の遺体を見つけます。
 

愛香は、死体の周りにたくさんの足跡があることを不審に思いました。

 
 

 警部補の雷雨と部下の常見がやって来ました。
 

今日の早朝に殺されたことが分かり、雷雨は昨夜から泊まっていた依子の友人・朱美、千明、太志、智一郎を集めます。
 

外部からの侵入がないことを知った雷雨は、友人たちを疑います。
 

そこへ執事の山本がやって来ました。
 

山本は玉村家の敷地内にテント状の御殿を建てていました。
 

そこには運転手の佐藤、メイドの田中もいます。
 

そこへ現れたのは貴族探偵です。
 

解決をしに来たという貴族を、バカにした雷雨でしたが、本部長から「貴族の好きなようにさせろ」と電話があり、黙り込みます。
 

愛香は「あなたよりも先に解決する」と貴族に宣戦布告を突き付けました。

 
 

 雷雨が結果を出せずに焦っていることを知った愛香は、雷雨をバカにします。
 

そこへやって来た山本が、井戸の中に何か落ちていることに気づきました。
 

貴族が捜査しないことに驚く愛香の前を、依子たちを連れて釣りに出かける貴族が通り過ぎて行きました。
 

愛香は事情聴取をしなければならないと、依子たちを引き留めました。

 
 

 雷雨による事情聴取が始まりました。
 

笹部だけ19時に、その他の4人は20時に玉村家に来たこと、パ―ティー中笹部のテンションが低かったこと、皆より先に寝室へ行ったことが打ち明けられました。
 

またそれぞれのメンバーが笹部と確執があったことが明確になりました。
 

それを聞いていた山本は、4時頃から10分程度、停電があったこと、依子は7時頃に地下室からジリジリという変な音が聞こえたと話しました。

 
 

 山本の情報をもとに、田中がまとめた情報や相関図を見た愛香は、犯人が遺体を残していることに違和感を抱きました。
 

貴族が昨日も玉村家を訪れていたことを知った愛香は、貴族を怪しみます。
 

そこへ常見が、井戸の中に依子のボタンが落ちていたことを報告します。
 

依子の部屋へ入った愛香は、犯人を確信しました。

 
 

 貴族を含む、全員を集めた愛香は、貴族が犯人だと言い切ります。
 

依子の部屋に、貴族の葉巻が落ちていたことに気づいた愛香は、依子がお風呂に入っている19時から20時の間に、依子のボタンを盗んだと考えました。
 

内側から鍵を開け、使用人たちを家へと招き入れ、使用人たちに笹部を殺させたと言う愛香でしたが、貴族はあざ笑います。
 

そして「推理などと言う雑事は、使用人に任せておけばいい」と言う貴族に、愛香は呆れました。

 
 

山本は依子のボタンを盗んだのは笹部だと話します。
 

ある人物を殺害しようとしていた笹部は、依子を犯人に仕向けるために、ボタンを井戸に落としました。
 

しかし殺そうとしていた相手の反撃で、笹部は殺されたのです。
 

そこに停電が起き、犯人が手探りで歩いたために、多数の足跡ができました。
 

犯人は井戸に眼鏡を落とし、7時頃にリールで眼鏡を取りました。
 

ジリジリと言う音の正体は、このリールだったのです。
 

犯人は体格の良い智一郎でした。

 
 

事件が解決し帰って行く貴族を、愛香は引き留めます。
 

そして「推理をしていないのに、探偵とは認められない」と話しました。
 

しかし愛香のミスを指摘した貴族は、「事件を解決できない者は、探偵ではない」と言って去って行きます。
 

悔しい気持ちを堪えて事務所に戻った愛香は、切子に「いつか師匠の敵を取る」と宣言しました。
 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★ミステリーとコメディーが良い具合にミックスされた「貴族探偵」、現実離れした世界観と謎多き展開に、ドキドキさせられっぱなしでした。貴族とはいったい何者なのか、貴族探偵と切子との関係は!?など、これからどんどん明かされていくであろう秘密に、いい意味で驚かされそうです。
haru 26

 

予想

 

★愛香は、次の事件現場へ向かいます。そこにも貴族探偵が推理をするため、使用人を連れてやって来ました。さらには、警部補の雷雨と常見も現場に現れます。愛香は貴族探偵と対立しながら、手掛かりを頼りに事件の解決に努めると思います。
haru 26

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報