ツバキ文具店の2話ネタバレ感想と予想・見どころについて!

      2017/06/27

画像引用元: http://kamilog-media.com/archives/3109
 

「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の3話と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

ツバキ文具店のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

見どころ予想

 

★文具店を引き継ぐことにした鳩子です。次の依頼は、離婚する妻に対する代書です。何か、隠されていることがあるのでしょうか。また、パンティーと呼ばれている教師楠帆子との出合いは、鳩子にどんな影響を与えていくのでしょうか?近所の人々に支えられて、鳩子は、祖母の気持ちに、近づいていけるのでしょうか。
なしいちろう 54歳
 

★妻に離婚を知らせる手紙を書いてほしいという奇妙な依頼。第一話ではまるで依頼人がのりうつったような状態になった主人公が心のこもった手紙を書き上げたが、第二話ではどうなっていくのだろうか。まだ代筆を始めたばかりの鳩子が、アクはあるがどこか憎めない登場人物たちとの交流、そして手紙を通じて依頼人の心のわだかまりをどう見つけて解きほぐしていくかが見ものだ。この回から登場して鳩子と親しくなる帆子の活躍にも期待。        
ハル 29歳
 

あらすじ

 

1話ネタバレはこちら

新米の代書屋となった鳩子のもとに持ち込まれたのは離婚をお知らせする手紙。妻に好きな人ができたのが原因だという。依頼人の三津田(高橋和也)は妻の唯一の要望である、封ろう用のシーリングスタンプを渡す。円満離婚を強調する三津田に違和感を覚える鳩子。一方、ツバキ文具店の前のポストに投函した手紙を取り返してほしいと頼まれたのが縁で、パンティーこと楠帆子と親しくなる。手紙を書くヒントを得ようと三津田を訪ねた鳩子だが、話しているうちに三津田は動揺し、離婚のお知らせを出すかどうか迷い始める。カフェのマスターの守景さんの何気ないひとことから、鳩子はシーリングスタンプにこめられた妻の思いに気づき…。

※番組HPより引用
http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/

 

キャスト
 

多部未華子

高橋克典

上地雄輔

片瀬里奈

新津ちせ

江波杏子

奥田瑛二

倍賞美津子
 

ネタバレ

 

鳩子のもとに、三津田(高橋和也)が、離婚をするので「離婚のお知らせ」の手紙を書いてほしいと、訪れました。
 

妻に、好きな人が出来たからと言います。
 

三津田は、円満離婚を望み、妻の事を責めませんでした。
 

妻からは、封ろう用のシーリングスタンプを、預かりました。
 

二人の間に、何かあるのではと思い、鳩子は、心のぶれを感じていました。

 
 

一方、弾みで出してしまった手紙を取り戻そうとしていた女性がいました。
 

帆子と言い、小学校の先生をしています。
 

鳩子が、帆子の代わりに手紙を取り戻そうとしたことで、仲良くなります。
 

隣のバーバラ婦人からは、パンティーと呼ばれています。
 

パン作りが上手で、ティチャーだから、名付けられたそうです。

 
 

さて、鳩子は、三津田の仕事場に訪れ、結婚していた頃の事を聞きます。
 

写真に写った妻の顔は、笑顔でした。
 

しかし、三津田は、揺れ動き、手紙を出すのを、止めようかと思い始めます。
 

そして、悩む鳩子は、むぎカフェの蜜朗から、シーリングスタンプについて、ヒントをもらいます。
 

シーリングスタンプの本当の意味を理解した鳩子は、手紙を書き始めます。
 

活版印刷で作り、結婚した年の切手を使います。
 

そして、丁寧な宛名書き。
 

これは、元夫婦の新たな門出に向けての、「修了証書」になりました。
 

店先のポストを覗くと、蜜朗の娘「はーたん」の可愛い手紙が入っていました

 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 

★円満離婚、など絶対にありえないので、それを広く周知するための手紙となればいかに神経を使って、使い過ぎるということはない。そのあたりの主人公鳩子の心の葛藤や苦闘ぶりが丁寧に描かれ、単なる手紙の代筆ではない「代書」の奥深さを表現できていたと思う。
ニックネーム 隣町のとろろ
年齢 55歳

 
★「身内を亡くして寂しくない人なんていませんよ」という守景の言葉が印象的だった第二話。どんな人にも事情があって、様々な人間関係のかたちがあるんだと鳩子を通じてドラマを見ているこちらにも語りかけてくるようだった。
ハル 29歳

予想

 

★こういう人には関わらないのが一番、とまで鳩子が思っている男性、通称男爵からの代筆の依頼。祖母とは茶飲み仲間だったらしい男爵と関わることによって、鳩子の知らなかった祖母の一面を知ることになりそうなのが楽しみな第三話。
ハル 29歳
 

★なんといっても鳩子の母がどんな人物だったのかが興味をそそられるところ。本来なら彼女が代書屋のあとを継いでいた、だのに幼い子供を置いてまで家を飛び出した理由は? 祖母との確執、それとも愛人と手に手をとって駆け落ちしたのか? 興味は尽きません。次回その真実が語られることを期待します。
ニックネーム 隣町のとろろ
年齢 55歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報