フランケンシュタインの恋の2話ネタバレ・感想と予想・見どころ!

      2017/06/27

画像引用元: http://sunnystation.info/archives/22784
 

「フランケンシュタインの恋」の3話と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

フランケンシュタインの恋ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャスト

永岡佑の熱愛彼女や結婚は?重版出来・菊地の演技力!経歴についても

新井浩文の彼女や韓国人・朝鮮人の噂について!本名・プロフィールは?

水沢エレナの彼氏・結婚は?髪型・服もかわいいしきれいなハーフ女優
 

見どころ予想

 

★晴果が倒れたことで、継実は、怪物が本当に怪物なのではないかと信じ始めます。一方、晴果に危害を加えてしまったことにショックを感じてしまった怪物は、姿をくらまします。継実は怪物の姿を探しますが、怪物は心を閉ざしてしまっているのではないでしょうか。 haru 26
 

あらすじ

 

1話ネタバレと感想はこちら
 

津軽(二階堂ふみ)と稲庭(柳楽優弥)の2人の抱擁を見た深志研(綾野剛)は、嫉妬の感情からか、変態してしまう。深志研はその体で晴果(田島ゆみか)に触れてしまう。彼女は顔を半透明の白いキノコに覆われ、意識不明の状態に。津軽と稲庭が倒れている晴果を見つけて、病院へ運ぼうとする。津軽から「あなたは何者なんですか?」と問い詰められた深志研は、何も答えられない。

医師の診断によると、晴果は激しいアレルギー症状であるアナフィラキシーと見られた。
しかし、これまで健康だった晴果にアレルギーはなく、原因はまったく分からなかった。津軽は、深志研が晴果の症状に関わっていると考える。彼女は稲庭に、深志研を探してきてほしいと頼む。

稲庭は深志研を探し始めるものの、彼はすでに姿を消した後だった。稲庭工務店の人々に話を聞くと、深志研が使った布団にたくさんのシメジが生えていたことが分かる。稲庭は、そのシメジを研究室へ持っていき、鶴丸(柄本明)に相談する。

津軽と晴果の祖母・叶枝(木野花)が、晴果が運び込まれた病院に駆け付けた。津軽は叶枝から、叶枝の祖母の妹が晴果と似たような症状に陥って命を落としたことを聞かされる。
一方、森に帰った深志研は、120年前に起こった悲しい出来事を思い出していた。そんな中、彼の前に津軽が現れる。彼女は深志研に、何があったのかを話してほしいと訴える。しかし、深志研は「ぼくをもう見つけないでください」と言い残して森の中へ去ってしまう…。

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/frankenstein_koi/

 

キャスト
 

綾野剛

二階堂ふみ

柳楽優弥

川栄李奈

柄本明

篠原篤

水沢エレナ

永岡佑

新井浩文
 

ネタバレ

 
 
 継実に聖哉が抱きついているのを見た研は、突然変態してしまいます。
 
 
それを見た晴果が叫び声を出したことで驚いた研は、晴果に触ってしまいます。
 
 
片方の頬をキノコで覆われた晴果は、意識不明の状態で病院へ運ばれました。
 
 
晴果に付き添う継実の代わりに、行方をくらました研を探していた聖哉は、研の布団にたくさんのシメジが生えていたと聞き、驚きます。
 
 
聖哉は十四文にシメジを渡し、研究の協力を求めました。
 
 
 
 その頃研は、森の家へと戻っていました。
 
 
「人間の世界では生きていけない。お前は考える機能のある植物だ」と研太郎に言われたことを思い返していました。
 
 
研太郎がまだ生きている頃、研は継実に似た女性と森で遭遇していました。
 
 
継実に似た女性は、研の顔を知っているようでしたが、研が変態したことから慌てて逃げ、命を落としてしまったのです。
 
 
その時も研が女性に触れたことにより、女性の顔はキノコで覆われました。
 
 
 
 一方、祖母の叶枝から、「先祖も晴果と同じ状態になり、亡くなった」という話を聞いた継実の瞳から、涙が零れました。
 
 
そこへ聖哉が特効薬になればと『あるキノコから抽出したエキス』を持ってきました。
 
 
継実はすがる思いで、晴果にエキスを飲ませました。
 
 
晴果の意識は回復しないものの、快方へ向かい始めます。
 
 
十四文は「怪物の存在が、新種のキノコそのもの」と話しました。
 
 
 
 研を探し出した継実が「何があったか教えて欲しい」と声をかけます。
 
 
しかし研は「僕をもう見つけないで」と去って行きました。
 
 
一人で研に会いに行かないよう話す聖哉に、継実は「私は恋愛できないし、私の未来は変えられない」と話しました。
 
 
同じ頃、研は大好きなラジオを付けていました。
 
 
ラジオで「自分のしたことから逃げちゃダメ」と言われた研は、ハッとしました。
 
 
 
 意識を取り戻した晴果を、継実は強く抱きしめました。
 
 
町へ降りて来た研は、道行く人に継実の居場所を尋ねました。
 
 
工務店にたどり着いた研に、恵治郎は「働いて態度で示せ」と助言しました。
 
 
恵治郎からの電話を受けた聖哉は、継実に研が戻ってきたことを話します。
 
 
継実に会った研は、「罰をください」と何度も頭を下げました。
 
 
継実も「私が森から連れて来たから」と研に謝り、晴果と同じことをしてと詰め寄ります。
 
 
 
 いつ頭の血管が破れても塞がってもおかしくない病気を発症している継実は、常に死と隣り合わせで生きてきました。
 
 
継実を帰らせた聖哉は、工務店の奥で変態する研に「誰かと一緒に生きることは人間の罰みたいなもの」と話しました。
 
 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 
 
★聖哉は、恋愛感情を抱く継実の前だけジェントルマンなのかと思いきや、研に「誰かと一緒に生きることは罰みたいなもの」と声をかけるなど、冷静ながら思いやりのある、好青年だと思いました。このまま研に想いを寄せ、ただの実験道具として扱うことが無ければいいなと願います。
haru 26
 
 

予想

 
 
★再び工務店で働くことになった研は、周りの助けを借りながら、人間界で生活していきます。継実と聖哉は研の本当の姿を解明しようとしつつ、共存できるように研を支えていくのではないでしょうか。晴果の意識不明の原因と、先祖の死が関連づいていることに気づいた継実は、その真相を確かめようとすると思います。 
haru 26
 
 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報