櫻子さんの足下には死体が埋まっている1話ネタバレ感想と予想!

      2017/06/27

画像引用元: https://dorama9.com/2017/02/19/post-4253/
 

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の2話と1話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

櫻子さんの足下には死体が埋まっているロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

観月ありさと旦那(夫)の馴れ初めや両親は?クォーターで壮絶の過去!

新川優愛が小顔すぎる?身長や彼氏・大学の噂、今現在の年収について
 

あらすじ

 

九条櫻子(観月ありさ)は、日本に数名しかいない骨格標本を組み立てる「標本士」。博物館や研究・教育機関からの依頼を受け、日々動物の骨格標本の組み立てを行っている。そんな櫻子が家政婦のばあや(鷲尾真知子)と暮らす邸宅を、博物館の技術補佐員・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪れる。館長に命じられるままにやってきた正太郎は、ずんどう鍋をかき混ぜる初対面の櫻子にあいさつするが、スルーされてしまう。とまどう正太郎を尻目に、櫻子は博物館から組み立てを依頼されていた骨を入れたトレイを手に戻ってくる。むき出しの骨に驚き、完全に逃げ腰になる正太郎に櫻子は、骨の発見場所を問いただし、「そこへ案内しろ」と言い出す。

博物館のスタッフ・志倉愛理(新川優愛)から場所を聞き、学芸員・磯崎齋(上川隆也)からは、珍しい草花の写真を撮ってくるように指示された正太郎は、櫻子の運転する車で骨の発見場所の山中へ。到着するとすぐに、櫻子は山を歩き回り、落ち葉や土などを払いのけ何かを探し始める。やがて動きを止めた先にあったのは、なんと人間の白骨死体。あまりの驚きに腰を抜かし、後ずさりする正太郎。一方の櫻子は「素晴らしい」と恍惚の表情を見せる。正太郎の通報で、刑事の山路輝彦(髙嶋政宏)、近藤卓也(細田善彦)と鑑識がやってくるが、遺体は完全に白骨化しているため、詳細は調べないと分からないと言う。ところが櫻子は、死亡推定時期、年齢、性別、利き手まで、スラスラと言い始める。驚く刑事たちに、何より気になるのが遺体の歯だと告げた。

※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/

 

キャスト
 

観月ありさ

藤ヶ谷太輔

高島政宏

新川優愛

細田善彦

近藤公園

田中聡元

鷲尾真知子

上川隆也
 

ネタバレ

 

骨格標本を組み立てる「標本士」の九条櫻子(観月ありさ)の家に、博物館職員の館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪れました。
 

館長から、骨格標本を、取りに行くように命じられたのです。
 

正太郎は、櫻子に挨拶しますが、スルーされてしまいます。
 

お手伝いの梅(鷲尾真知子)に、ゼリーを勧められ待っていると、櫻子は依頼されていた骨をトレーに入れ、持ってきます。
 

驚く正太郎に、骨を見つけた場所に連れていくように言います。
 

博物館のスタッフに場所を聞き、櫻子の車で、向かいました。

 
 

山を歩き、何かを探し始めた櫻子の、目の前に、白骨死体がありました。
 

後ずさりする正太郎を、しり目に、素晴らしいと、目を輝かせる櫻子。
 

やがて、刑事の山路(高嶋政宏)と、近藤(細田善彦)がやって来ました。
 

白骨化しているので、ハッキリとしたことは解らない状態の中で、櫻子は死亡推定時期や、性別、年齢のほか、利き手まで、伝えました。
 

気になったのが、歯だと言います。
 

ピンクになった歯からは、窒息していることがわかったのです。
 

白骨死体の身元がわかり、正太郎の母親が、管理するマンションに住む女性とわかりました。
 

正太郎はその女性に、悩みを相談していたことがありました。
 

そして、正太郎は、櫻子に、真相を突き止めてほしいと頼むのです。

 
 

女性の婚約者が、計画倒産していたと疑われ、婚約者を信じていた女性は、住まいを転々としていました。
 

犯人として、婚約者が浮かびました。
 

また、確認に現れた女性の妹の言葉に、櫻子は違和感を感じたのです。
 

櫻子はマンションにあった写真と、現場で撮った写真から、ある植物に関心を寄せました。
 

それは、きれいな花ではありますが、猛毒を持った花でした。
 

そして、テレビの取材に答える妹の仕草をみて、あることが、浮かびました。
 

マンションで、櫻子は、女性の妹に、妊娠していることを、当てられます。
 

そして、それは、姉の婚約者との、子どもではないのかと、告げます。
 

そして、姉は、殺害されたのではなく、自殺したのだと、断言しました。
 

それは、あの、部屋にあった植物を食べ、死んだのだと。
 

窒息したのも、その植物の作用だったのです。
 

そして、妹と、姉の婚約者は、一緒になったとしても、姉の思いを背負って生きなければならなくなったのだと、伝えました。
 

後日、正太郎は、ケーキを持ち、櫻子の家に行きます。
 

ケーキを見た櫻子は、骨格標本を見る時と同じように、きらきらした目で、食べました。
 

また、櫻子には、「正太郎」という名前に何か秘密があるようでした。
 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★観月ありささん主演と言うことで、期待を持って見ました。骨格標本士という今までなかった設定は、ちょっと怖そうでしたが、骨を観察する事からの、推理は、面白く見ることができました。藤ヶ谷太輔さん演じる館脇の、心の声の、ナレーションは、ストーリーの邪魔にならず、すんなり耳に入り、良かったです。お手伝い役の鷲尾真知子さんは、さすがと感じさせる演技で、無くてはならないですね。
なしたろう 54歳

 

予想

 

★コンビニの前で、館脇は少女を見つけ、警察に連絡します。櫻子の家に連れて行きますが、少女には、傷がたくさんあって。何故、少女は、一人コンビニの前にいたのでしょうか。傷は、虐待なのか、それとも、別の理由があるのでしょうか。親は、どこに居るのでしょうか。いったい何があったのでしょうか。

なしたろう 54歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報