ツバキ文具店の4話ネタバレ感想と予想・見どころについて!

      2017/06/27

画像引用元: http://kamilog-media.com/archives/3109
 

「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の5話と4話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

ツバキ文具店のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

見どころ予想

 

★次の依頼は、元恋人に出す手紙のようです。何か、深い思いがあるのでしょうか。それとも、まだ、諦めきれない気持ちがあるのでしょうか。鳩子は、どのような、手紙を書き上げるのでしょうか。また、鳩子と、カフェのマスター、守景とは、恋に発展するのでしょうか。ドキドキです。
ふないちろう 54歳
 

★とっくの昔に別れた恋人への手紙という不思議な依頼がくる4話。代書という仕事に対する意識がどんどん変わってきている鳩子がどうするのかが見物だ。帆子の男爵への恋や、鳩子と守景、彼の娘のはーたんがどんどん仲良くなっていくのも楽しみ。
ハル 29歳
 

あらすじ

 

3話ネタバレはこちら

第四話「最後のラブレター」

総合:2017年5月5日(金)よる10時

【再放送】総合:2017年5月11日(木)午前0時10分(水曜深夜)

鳩子に持ち込まれたのは、かなり前に別れた恋人への手紙の代書の依頼。園田薫(川口覚)は、その女性・桜(桜川博子)に、ただ自分が元気であることを伝えたいのだ、という。園田にはすでに妻子がおり、桜も結婚している。手紙を書けば、不倫の誘いの片棒を担ぐことになる、とパンティーに忠告される鳩子。しかし鳩子にはそうは思えず、ひたすら桜の幸せを願う園田の思いを、手紙にしようとする。一方で、鳩子は守景親子と次第に親しくなっていく。また白川の母の介護など、周囲の人々みんなが何かを抱えて生きていることに思いをはせるように。そして園田の手紙には、思いがけない結末が待っていた…。

※番組HPより引用
http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/

 

キャスト
 

多部未華子

高橋克典

上地雄輔

片瀬里奈

新津ちせ

江波杏子

奥田瑛二

倍賞美津子
 

ネタバレ

 
かなり前に別れた恋人の桜(桜川博子)に手紙を書いて欲しいと園田薫(川口覚)という男性が、鳩子(多部未華子)のところにやって来ました。
 
 
自分が元気と言うことだけ伝えて欲しいと言うのです。園田には、妻子がいて、桜も結婚しているのです。
 
 
鳩子のところに来た、帆子(片瀬那奈)は、その手紙は、不倫の誘いの片棒を担ぐことになるのではと言います。
 
 
 
園田に連れられて、通学路や、神社と、思い出の場所に行きます。
 
 
園田は、入院すると言います。
 
 
そして、桜が、幸せであってほしいとの思いを聞きました。
 
 
また、鳩子は、むぎカフェの守景(上地雄輔)と、娘の陽菜(新津ちせ)と親しくなっていき、守景の父親としての、弱音を聞きました。
 
 
また、帆子は男爵(奥田瑛二)に振られたと言い、バーバラ婦人から、月がキレイだから大丈夫と、励まされます。
 
 
鳩子は、園田の手紙を、柔らかな紙にセピア色のインクと、ガラスペンを使い「毎日笑っていますか」の書き出しで、桜が、幸せであるようにと祈りながら、書きました。
 
 
守景親子や、白川の母親の様子に、みんな色々抱えているのだと思います。
 
 
 
ある日、園田から、現金封筒が届きます。
 
 
電話をした鳩子は、園田の妻から、園田が、昨日死んだことを聞かされます。
 
 
鳩子は、園田から人生最後の手紙託されたのだと。
 
 
そして祖母の「誰かの幸せのために」との、言葉が思い出されました。
 
 
落ち込んだ鳩子は、バーバラ婦人に、「心の中で、キラキラと思ってごらん」と、励まされるのです。
 
 
はーたんからの、質問「おとなは、辛くないの?すっぱくないの?苦くないの?」の答えに、「ちょっとだけ慣れたから」と、返事を書くのでした。
 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 

★かつて、付き合っていた女性に、手紙を書いて欲しいと言うのは、不倫かな、鳩子が、利用されるのって思ってしまいました。しかし、死期を悟った男性の、かつての恋人が、幸せであるようにとの、最後の思いを鳩子は託されたのですね。本当に、好きだったんですね。とても切なくなってしまいました。鳩子と、守景さんも、ちょっと進展。恋に発展するのでしょうか。
そして、文具店の、木で出来た棚、そこに置かれた鉛筆や、折り紙を見てると、ホッとします。
ふないちろう 54歳
 
 
★予想通り一筋縄ではいきそうもない男爵への恋をかなえるために果敢に向かっていくパンティーと、のんびりしたムードながら少しずつ仲良くなっていくポッポと守景の対比がユニークだった第五話。他にも、大切に想っている人の幸せを願う気持ちを手紙にしてほしいと鳩子に依頼して亡くなってしまった男性が印象的だった。
ハル 29歳
 
 

予想

 
 
★男爵が、美人のです女性を、鳩子のところに連れてきます。いったい、どんな関係なのでしょう。そして、その女性は、実母がいなくて、鳩子との重なります。その女性の代書で、鳩子に、いなくなった母親について、何か感じられるのでしょうか。母親がいないといえば、「はーたん」のところも。それも、気になります。「はーたん」のお手紙、次は何が書かれるのでしょうか。
ふないちろう 54歳
 
 
★鳩子のことを尋ねて色々なところに姿を見せる外国人の青年や、男爵が連れてきた花蓮という女性がまた新しい風を運んできそうな予感がする第六話。花蓮の言う「おもじ」は何なのかということや、ずいぶんこじれていそうな嫁姑問題、それから鳩子の実の母親のことなど、目まぐるしい展開が見どころになりそう。
ハル 29歳
 
 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報