犯罪症候群の5話ネタバレや感想と予想や見どころについて!

      2017/06/27

「犯罪症候群 season1」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

犯罪症候群のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

玉山鉄二の結婚相手の妻・子供に元彼女は?演技力もかっこいい実力派
 

要潤の結婚相手の嫁・松藤あつ子の年商や実家が凄い!子供についても
 

ミムラの本名や結婚・離婚相手・子供は?目が今現在もきれいでかわいい
 

高橋光臣の彼女・結婚や演技力は?徳井似で髪型・服もかっこいい俳優
 

見どころ予想

 
 
★本当の小沼を探していて、恐らく吉住を殺したと思われる人物達が、まさかの武藤の娘、真梨子が熱をあげているバンド、ZECKの面々だったようです。家出をした真梨子はそのうちの1人と何らかの関係があるのか、関係になるのか、もしかしたら危ない目に合うのではないかと思わせる予告でした。
エヌ 37歳
 
 

あらすじ

 

4話ネタバレと感想はこちら
 

 

 警察を辞めた父・武藤隆(玉山鉄二)に反発するあまり、家出をしてしまった娘・真梨子(桜田ひより)。深夜のライブハウスに入り浸るようになった真梨子に、ロックバンドグループ「ゼック」のリーダー格である長谷宏治(水野勝)が接近し、耳元でささやく。 「“おにぎり”食べない?」首筋のタトゥーが印象的なその男の言葉が破滅への誘惑であることに、真梨子はまだ気づいていなかった…。

 娘の真梨子を必死で探す武藤だが居場所が分からない。娘を監視しているのなら居場所を知っているはずと警視庁人事二課の環敬吾(渡部篤郎)を問い詰めるが、二度と娘に近づくなと言ったのは武藤の方だ、と環は取りあわない。「娘さんで手一杯なら他にやらせますが?」戸籍交換事件の捜査継続を挑発的に促す環の言葉に、歯を食いしばるしかない武藤。結局、娘の捜索願を警察に出して待つしかない現状に、焦りを募らせるばかりだった。

 さらに、武藤はパトロールを強化していながら殺害されてしまった吉住(大内田悠平)のことが頭から離れなかった。吉住は小沼(上杉柊平)と戸籍を交換していた。そこには仲介者が必ず存在していたはず。吉住の遺体には拷問された跡があった。一刻も早く仲介者を確保しないと命の危険がある…。

 その頃、不動産に勤める馬橋康雄(小松利昌)は恐怖におびえていた。「知ってるよ。あんたのしてること」職場にかかってきた謎の電話の主は、小沼の居場所と金を要求し、馬橋が会社のデータを悪用していると言いふらすと脅してきたのだ。脅迫者の要求に応じるために馬橋が動き出す。一方、別の方向からこの事件を追っていた鏑木護(谷原章介)は、この一件を武藤が調べていることを知る。裏では必ず環が糸を引いているに違いない…武藤の身を案じる鏑木はいら立ちを募らせる。

 「小沼を確保してください」環からの指示。武藤が暴き出した事件の全貌は驚くべきものだった。一方その頃、家出をしたままの真梨子は、浮気調査しかしていないと思っていた父・武藤が、再び警察の仕事を手伝っていることを知る。刑事の娘として、真梨子は、自分がしてしまったことの罪悪感に震えていた…。
 
※番組HPより引用
http://hanzaishokogun.com

 

キャスト
 

玉山鉄二
 

谷原章介
 

渡部篤郎
 

鶴田真由
 

桜田ひより
 

要潤
 

ミムラ
 

甲本雅裕
 

相島一之
 

竜雷太
 

高橋光臣
 

ネタバレ

 

戸籍を入れ替え小沼になっていた吉住(大内田悠平)の危険を察知し、気にはしていたものの吉住は何者かによりころされてしまった。
 
 
そんな頃、相変わらず父・武藤隆(玉山鉄二)に反抗する娘・真梨子(桜田ひより)はとうとう家を出て悪友と「ZECK」のライブを観に来ていた。
 
 
武藤は環(渡部篤郎)に娘の居場所を聞くが、「二度と娘に近づくなと言ったのは武藤の方だと言い」知らないの一点張り。
 
 
武藤は娘の捜索願を警察に出し、ただ待つしかなかった。
 
 
その頃、ライブハウスにいた真梨子に、ZECKのメンバー長谷宏治(水野勝)が「“おにぎり”食べない?」と近づいていた。
 
 
 
武藤は、吉住と同じように戸籍を入れ替えていた妹を殺害した犯人の姉に仲介者の存在を聞き出していた。
 
 
仲介者は不動産屋に勤務する馬橋康雄(小松利昌)という男だった。
 
 
武藤はその情報を頼りに馬橋と接触しようとしていた。
 
 
 
その頃、馬橋康雄の職場には「知ってるよ。あんたのしてること」と何者かから謎の電話がかかってくる。
 
 
しらを切って電話を切るものの、次はFAXが送られて来た。
 
 
このままではまずいと感じた馬橋が再びかかってきた電話の対応をすると、小沼の居場所と金を用意できなければ会社のデータを悪用していることを言いふらすと脅してくる。
 
 
馬橋は要求に応じるしかなかった。
 
 
そして、電話の主はなんとZECKのメンバーからだった。
 
 
 
動き出した馬橋を尾行する武藤。
 
 
とある公園に現金の入ったかばんを置いたが受け渡しは失敗に終わる。
 
 
一方その頃、別ラインで事件を追っていた鏑木護(谷原章介)は、聞き込みで出たルポライターの武藤という言葉から、武藤がこの事件について調べていることを知る。
 
 
はじめから環を疑っていた鏑木は環に対しいら立ちを募らせる。
 
 
 
馬橋と接触した武藤。
 
 
馬橋ははぐらかそうとするが、吉住が殺されたことを話すと小沼は現在坂本を名乗っていたことがわかる。
 
 
最初は本当に人助けでやっていたと泣き崩れる馬橋。
 
 
馬橋は吉住を殺した犯人と接触されては困ると環によって拉致される。
 
 
そして「小沼を確保してください」と環からの指示が出る。
 
 
 
一方、悪友とつるんでいた真梨子の元に母(鶴田真由)から電話がかかってくる。
 
 
父がまた警察の仕事を手伝っていることを知った真梨子は自分のしてしまった罪を後悔し、震えていた。
 
 
 
その頃、武藤は馬橋から受け取った小沼の住所へ足を運んでいた。
 
 
パスポートを取り、国外逃亡を目論んでいた小沼だが、武藤は間一髪で捕まえる。
 
 
再び逃げようとするが、そこへ環がきて小沼は逮捕される。
 
 
小沼は握って揉んで作られるという通称おにぎりと呼ばれるインドの大麻・チャラスの製造法を学び、それを製造し吉住を殺した連中に売らせていた。
 
 
しかし、足がつくのを恐れた小沼がいち早く逃亡したところ、裏切られた連中は怒り小沼の居場所を追っていた。
 
 
 
その頃、真梨子が自殺未遂をしたと連絡を受けた武藤。
 
 
病院へ向かうと真梨子は一命を取り留めていた。
 
 
真梨子は母から武藤が警察の仕事を手伝っているという連絡を受ける前にZECKのメンバーに勧められおにぎりに手を出してしまっていた。
 
 
電話で事情を聞いた真梨子はその事を後悔し、自殺しようとしたのだ。
 
 
 
全てを聞いた武藤はライブハウスへ走り出す。
 
 
そこへは鏑木たちが来ていてZECKは逮捕される。
 
 
鏑木から環がライブハウスに出入りしていた事を知った武藤。
 
 
環には関わるな、家族ごと壊されると忠告を受けた武藤は環を訪ねる。
 
 
環は武藤にZECKからおにぎりの誘いを受けている真梨子が映った防犯カメラの映像を見せる。
 
 
ZECKが小沼の仲間とは確証がなかったから情報を提供出来なかったという環の首に武藤は物凄い形相で摑みかかるのだった。
 
 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★渡部篤郎がいいところで手を出してくるのは何故なんだろう。全て監視しているのか?という疑問はありますが、スムーズに事件が解決していきながらも謎が残るので次もみたくなります。娘がドラックに手を出し、自殺未遂親としてはショックだと思いました。
ニックネーム、のん
年齢、47

予想

 

★獣の心が開くのか?獣の心とはどんなものなのか?次回はもう手伝わないと言ったが自分で事件を解決して行くのか?そして家族は、子供はどうなるのでしょうか?謎だらけすぎて早く次回にならないかとたのしみにしています。
ニックネーム、のん
年齢、47

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報