母になる5話のネタバレや感想と予想や見どころについて(ドラマ)

      2017/06/14

ドラマ『母になる』の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

母になるのロケ地やネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

風吹ジュンの夫は川添象郎?息子娘は?昔が可愛い?噂の真相はこちら
 

見どころ予想

 
 
★いきなり消えた広は施設で仲の良い先輩と一緒にいた。結衣は麻子のところに行ったのではないかととても心配した。麻子は新たな人生をスタートしようとしたが当てがはずれた。
そんな中たまたま出会った人に紹介してもらった仕事が柏崎オートの経理の仕事だった。
(ゆー32歳)
 
 

あらすじ

 
 
4話ネタバレはこちら
 
 

 
再び施設で暮らすことになった広(道枝駿佑)が、戻る途中に姿を消してしまった。
結衣(沢尻エリカ)は広が麻子(小池栄子)のところに行ったのではないかと不安を抱くが、木野(中島裕翔)から今偉(望月歩)と一緒にネットカフェにいるのを見つけたと連絡がくる。「僕に任せて下さい」という木野の言葉を信じることにしたものの、結衣は心配で落ち着かない。

広は、行方不明になっている今偉の母親が、ネット上の地図に写りこんでいるのを知り、居場所探しで結託していた。木野が立ち会う中、ようやくヒントを掴んだ広達は、母親に逢いにいくが…。

同じ頃、麻子は、一緒に飲みに行って意気投合した琴音(高橋メアリージュン)から、新しい仕事を紹介してもらっていた。それが柏崎オートの仕事とは知らないまま、里恵(風吹ジュン)にも会い、気に入られる。しかし里恵から、可愛がっている孫だと広の写真を見せられ…。
 
※番組HPより引用
(http://www.ntv.co.jp/haha/)

 

キャスト
 

沢尻エリカ

藤木直人

中島裕翔

道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)

吉武歓

高橋メアリージュン

藤澤遥

宝辺花帆美

望月歩

浅野和之

板谷由夏

風吹ジュン

小池栄子

ネタバレ

 

施設に戻った広はなう先輩と2人でどこかに消えた。
 
 
2人でネットカフェにいた。
 
 
その理由はなう先輩のお母さんを探すためだった。
 
 
なう先輩のお母さんは最低な母親だが、お母さんに会うことでどんな母親でも生みの親はかけがえのない人だということを広にわかってもらうためだった。
 
 
そのおかげで広は柏崎オートに戻ることを決めた。
 
 
 
結衣と陽一の仲は徐々に縮まっていき、婚姻届を出すことにする。
 
 
そして、柏崎オートに経理で働くことになった麻子がラストに登場するが、人殺しだったということがわかる。
 
 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 

★なう先輩の母親とのやりとりに涙しました。とても最低な母親だけど会うところを広に見せて母親という存在の大切さを教えたいという優しい気持ちに感動しました。自分はとても辛い状況なのに広のことを考えることができるとても立派な人間だと思いました。なう先輩も幸せになってほしいです。
(ゆー32歳)
 

予想

 

★柏崎オートに麻子が再度あらわれ、麻子の過去が明らかになると思います。人殺しをして罪を償っていたようだがそれは子どもを守るためだったと思います。でもしてはいけないことでした。
結衣と陽一は色々考えて麻子を雇うことに決めると思います。
(ゆー32歳)
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報, 未分類