母になる9話のネタバレや感想と予想や見どころについて

      2017/06/27

ドラマ『母になる』の10話と9話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

母になるのロケ地やネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

風吹ジュンの夫は川添象郎?息子娘は?昔が可愛い?噂の真相はこちら
 

見どころ予想

 
 
★繭に告白された広だったが広は別に気になる女性がいた。それは女子高生だった。結衣はとても心配してなぜか麻子に電話をかけてしまった。陽一は広の恋を微笑ましく見守っていたが、遅く帰ってきた広に対して今まで見せたことのない態度をとった。
(ゆー32歳)
 
 

あらすじ

 

8話ネタバレはこちら
 

広(道枝駿佑)が学校をサボって、女子高生の桃(清原果耶)と一緒にいたことがわかりショックをうける結衣(沢尻エリカ)。
聞きつけた里恵(風吹ジュン)が、家族会議を開くと言い出し、広に関わる人みんなを柏崎オートに集める。しかしそこには結衣に対する里恵の別の思惑があった。

そんな中、広は桃を花火大会に誘う。心配する結衣は、木野(中島裕翔)に相談するが、それでも落ち着かず、家族会議には呼ばなかった麻子(小池栄子)に思わず連絡してしまう。広をめぐり再び言い争う二人だったが、心配する気持ちは共有するのだった。
麻子は働き口を見つけたので東京を離れると告げ、お互いに連絡先を消去する約束をして別れる。

一方、結衣とは対照的に、陽一(藤木直人)は広の恋を微笑ましく見守っていた。
しかし、約束の時間に帰ってこない広に対しこれまで見せたことのない父親の顔を見せる。
そしてようやく広が重い口を開き、桃との事を語りはじめて…。
※番組HPより引用
(http://www.ntv.co.jp/haha/)

 

キャスト
 

沢尻エリカ

藤木直人

中島裕翔

道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)

吉武歓

高橋メアリージュン

藤澤遥

宝辺花帆美

望月歩

浅野和之

板谷由夏

風吹ジュン

小池栄子

ネタバレ

 

登校したと思っていた広(道枝駿佑)が実は学校をサボっていたことがわかる。
 
 
麻子(小池栄子)の2年前の出来事を知った広がショックでサボったのかと思った2人。
 
 
しかし、実は年上の女子高生・桃(清原果耶)と一緒にいたことがわかり更にショックをうける麻子と結衣(沢尻エリカ)。
 
 
そういえば陽一(藤木直人)の使っていたマウスウォッシュの減りが早かったことを思い出した結衣は更に不安にかられる。
 
 
里恵(風吹ジュン)に相談した結衣、すると里恵の提案で家族会議を開くことに。
 
 
家族会議といっても家族だけではなく、麻子以外の広に関わる人みんなを柏崎オートに集めたのだった。
 
 
しかしそれは広の為というよりも、広に何かあったらこれだけの人間が集まるのだということを里恵は結衣に伝えたかったのだ。
 
 
 
 
そんな中、広は桃を呼び出し、花火大会に誘い一緒に行くことになる。
 
 
それを知った結衣と陽一は、8時までに必ず帰ることを条件に花火大会デートを許すことに。
 
 
その時の広の以前にも彼女がいたような発言を心配した結衣は、木野(中島裕翔)に相談するも満足する答えは得られない。
 
 
困った結衣は、もう会わないと決めた麻子に思わず連絡してしまう。
 
 
相変わらず広をめぐり再び言い争う二人だが、心配する母親の気持ちは同じだった。
 
 
麻子は働き口の紹介を受け、石川県の能登に働き口を見つけたことから東京を離れることを結衣に告げる。
 
 
これが本当に最後だと、お互いに連絡先を消去する約束をするのだった。
 
 
 
 
一方、広が心配でしょうがない結衣とは対照的に、男親の陽一は広の恋を微笑ましく見守っていた。
 
 
しかし、花火大会デート当日、約束の8時を過ぎても帰ってこない広に対しこれまで見せたことのない父親の顔を見せ怒鳴りつける。
 
 
この事から家族3人で話し合い、広は桃との出会いを結衣と陽一に話すことに。
 
 
普通の人とは違う、誘拐され赤の他人に育てられ、実母だと信じていた過去を人に話せば引いていくと思っていた広だったが、桃に話しても全く引かなかったことから興味を持ち始めたのだった。
 
 
 
 
一方、麻子が東京を離れる日がやってきた。
 
 
広は麻子のためにも最後に麻子に会いお礼がしたいさよならをしてくるとと言う。
 
 
陽一も付き添い麻子の元へ向かう二人。
 
 
広は「今まで育ててくれてありがとう」と麻子に伝え、麻子は広に「償いきれないことをしてしまってごめんなさい、広を産んでくれてありがとうと結衣に伝えて欲しい」と伝え、別れる。
 
 
バスに乗った麻子はスマホから広と結衣の連絡先と広の写真を消すのだった。
 
 
 
 
その頃、結衣は木野から連絡を受け、麻子が今日旅立つことを知る。
 
 
「広はマラソンが苦手だった」と話していた麻子を思い出していた。
 
 
まもなく行われるマラソン大会のプリントを見て色々考えていた結衣は麻子のもとに走り出す。
 
 
慌ててつかまえたタクシーに乗り向かった先は麻子が乗るバス乗り場だった。
 
 
やっと麻子の乗るバスを見つけた結衣だが、バスが走り出してしまう。
 
 
「麻子さん」と叫びながら結衣もバスめがけて走り出すのだった。
 
 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 
 
★正直、息子が女の子とデートするぐらいであんなに騒ぐかなと思った。母親として取り乱しすぎかなと。脚本もどうかと思うけど、沢尻エリカの演技も…白々しい。それに引き換え、小池栄子演じる麻子がバスに乗る前の広とのシーンは泣けた。
あき 33
 
 
★陽一が遅く帰ってきた広に怒鳴って怒った時父親らしくて感動しました。りさこの家族もすごく理解があり、素敵だなと思いました。結衣は広のためにも自分のためにも麻子をひきとめに行ったのかなと思いました。
(ゆー32歳)
 
 

予想

 
 
★最終的には結衣も広には麻子が必要だと考え、広のマラソン大会に麻子を呼び出し、麻子は柏崎オートで働くことになる。産みの母と育ての母、二人で気持ちを共有しながら暮らしていく。母親が二人いてもいいんじゃないかと、思う。
あき 33
 
 
★結衣は麻子を追いかけたが麻子は東京を離れてしまった。結衣は踏ん切りがつかず、麻子にマラソン大会の内容を教えてしまう。広は桃に大学生の彼氏がいることを知りショックを受け、マラソン大会は応援に来なくていいと家族に言う。そしてマラソン大会が始まり、ゴール地点に麻子が現れた。
(ゆー32歳)
 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報